カテゴリ:JOB( 137 )

グチ?文句?

先日、前の会社の同僚のハウスウォーミングパーティに呼ばれて、行ってきました。
ハウスウォーミングパーティ、といっても、実は、会社のグチ大会、みたいな感じでした。。。
ワタシを含めた約半分が退職組、残り半分が在職組、というメンバー。
そこで披露される、問題の数々。。。
相変わらずだなー、と思うけれど、なんか、ちょっと違う。
日本の、会社帰りに居酒屋に行ってビール片手にグチを言いあう、というのとは違う。
もう、文句&悪口の言い合い。
仕事ってなんだろう、会社ってなんだろう、って感じ、でした。

ワタシは、そんなに高尚なことを言うつもりもないし、偉そうなことも言うつもりはないの
ですが、そんなんじゃいい仕事できないんじゃ、って思いました。
でも、在職組のみんなは、そんなこと気にしちゃいない。
「家のローンがあるから、仕方ない。」
「もうホリデーの予定があるから、今は辞められない。」
実際、そうなんだろうと思います。家のローンがあったら、次の仕事を決めずに仕事を辞める
なんて、それは自殺行為。
次のホリデーの予定があるから、就職活動しても、その休みを前提に採ってくれる会社は
少ないかもしれない。
でも、いい仕事できる人たちだから、今の会社に埋もれてたらもったいないから、と
転職活動を勧めてみても、みんな乗り気じゃない。
「ホリデー終わったら、っていうか、終わる前に次のホリデー予約しちゃうでしょ?それじゃ、
いつまでたっても無理じゃん。」って言ってみた所で、聞く耳持たず。
結局、「8時間我慢すればいいじゃん。」だって。

8時間我慢すればいいのは分かってる。それはそうだけどさ、やっぱり無理だって。
無理だったから、ワタシは辞めちゃったんだけれど。
そんなみんなは、ワタシよりも強いのかもしれない、とも思ったりして。

みんないい人たちだから、本当にもったいないと思う。
仕事に対する考え方が違いすぎるのか、なんなのか。

あんまりの負のパワーに圧倒されて、あんまり聞かないようにしていたけれど(聞いても、辞めちゃったワタシには今さらの話だし)、ちょっとげんなりした午後でした。。。
ま、日本の居酒屋のように日頃の不満を吐き出す場所が必要なのは分かります。
でも、グチを通り越して、もうほとんど悪口しか出てこない所で仕事をするって、正直なところ、
どうなのよ、みんな。それでもみんなは、そこで働き続けるんだろうなー、と思う。残念だけど。
[PR]
by yellow-bus | 2013-07-28 17:19 | JOB | Trackback | Comments(0)

昨日で終わり

昨日で今年の仕事納めしました。やっとだ、っていうのが本音。
カジュアルの子と一緒の仕事だったんだけれど、「忙しくなかったら早く帰ってもいいですか?」とか言い出し、金曜の夜は概して忙しいから、かなりカチンときました。そして、9時過ぎには、お金の計算とか始めて、もう帰る気マンマン(通常、業務終了が11時だから間際まではお金の計算はしない)。そんな人とは一緒に仕事したくないので、「帰っていいよ。」と9時半に帰らせました(怒)。

9時半から11時まで一人だったけれど、ま、なんとかなったし。結果オーライだけど。
やっぱり、責任感のないカジュアルの人と一緒に働くのって、面倒だし何かと大変だ。

今日が最後だから、ユニフォームは全部クリーニングに出して、ネームバッチとか鍵とか返さなきゃならないものはデスクにしまって、私物は持って帰ってもう二度と来なくてもいいようにしなきゃ、なんて、段取りよく進めていたつもりでしたが、会社に返さなきゃいけないものを家においてきたことに気づき、ア然。一旦家に帰ってから、車でまたホテルに戻るはめに(涙)。ま、そのおかげで、普段あんまり話せない夜のスタッフと話ができたから、それはそれでいいんだけれど。

ワタシがいなくてもなんとかなるでしょう、あのホテル。ま、なるようになるんでしょうし。
ワタシなりに頑張ってきた3年半でした。もうグダグダ言っても仕方ないので、前だけ向いて行こうと思います。おつかれさまでした、自分。今度はどこで働こうかなー。
[PR]
by yellow-bus | 2012-12-15 09:26 | JOB | Trackback | Comments(0)

1通の手紙

残念だけど、やっぱり好かれていないし、重要にもされていないんだろうなー、と思うことが
この間あり、やっぱり悲しくなり、もう辞め時だ、って思いました。

ことは、1通の手紙。カウンターで忙しく仕事をしていて、お客さんの荷物を運んだり、カフェの
手伝いをしたり、自分のデスクのあるオフィスに立ち寄ったり(そこに座って仕事することはない)あっちこっち飛んで歩いていたある日、カウンターに戻ってみたら1通の手紙がおいてありました。
「なにこれ?」って、一緒に働いていた人に聞いたら、
「ボーナスらしい。」という回答が。全く意味が分からず、なんのこっちゃ、って思って封筒を
開けてみたら、給料アップ(本当に微々たるものですが)のお知らせの手紙でした。
10月からさかのぼって、新給料にします、
って書いてありました。普通なら喜ぶべきです。
だって、少ないとはいえ、給料が上がったのですから。

でも、喜べませんでした。
こんな大事な手紙、手渡しでもなく、事前に口頭で説明もなく、ぽい、っとカウンターの上に置きっぱなしになっていたんです。
ワタシがこういう手紙を渡せる立場なら、自分のオフィスに呼びつけます。で、手渡しします。
たとえ自分の嫌いな人物であっても。
だって、もしそうされたら、誰だって嫌な気持ちになる訳がないのですから。
それがいくら自分の嫌いな人からであっても。お互い、ちょっとはいい気分になるでしょうし。

自分の都合や他の用事でオフィスに呼びつけられることは今までもありました。
でも、今回は、なし。
ええ。その程度なんですね、ワタシなんて。。。
(ちなみに、他のマネージャーは手渡しされていたみたいです。)
年内の出勤があと3回なので、なんとか我慢して仕事しようと思います。頑張れ、自分。
[PR]
by yellow-bus | 2012-12-12 09:06 | JOB | Trackback | Comments(0)

生け捕り

春の競馬シーズンで忙しい中、変なものを仕事中に生け捕りしました。
1人がけソファの横に靴の箱が置きっぱなしになっていました。靴を履き替えた人が置いていったのだろう、って思っていました。そして、その横に、黒いぬいぐるみが置いてありました。「後で片付けるか。」ってな感じで放っておきました。
で、しばらくしてまたそこを通りかかったとき、黒いぬいぐるみが動いたのを、目の端でとらえ、一瞬固まりました。なんだあれ!?
そして、よーく見ると、それは、鴨の子どもでした。
e0026873_8163481.jpg

(イメージです。実際にはもっとデカかったです。)
まだ完全に毛も生え変わっていなくて、まだ黒いふわふわの毛が混じっています。一体、これはどこからやってきたのか?
そのソファは、エントラスから10m以上も離れた奥の場所にあるので、外からやってきたのであれば、フロントの前を通らなければなりません。エントランスのすぐわきにフロントがあって、そこにワタシはずっといたので、見落とす訳がありません。

仕方ないので、その靴箱になんとか入れて、箱を持って近所のカールトンガーデンに持って行きました。行き交う人は「何であの人は鴨を持っているんだ?」ってな感じで、いろんな人に笑われたりビックリした顔をされたり。それにしても、一体?誰かがどこからか捕まえてきたのか。謎です。
[PR]
by yellow-bus | 2012-11-11 09:44 | JOB | Trackback | Comments(0)

いろいろと難しい時期

今、仕事でいろいろと困っています。いろんなことが、ワタシの思っていたような方向では進まず、どんどん悪化したり、さらに面倒なことになっています。正直、もう無理、ってな感じで、年内いっぱいで今の仕事を辞めようと思っています。(今年末に日本に帰るので、今、新しい仕事を手にしてもすぐに休まなきゃならないから、それまではここに籍を置こうと思っています。)

やっぱり、トップが代わってから、いろんなことが変わりました。一言で言えば、トップダウンのやり方。上から命令するのが好きで自分のやりたいようにやる今のゼネラルマネージャー。そのやり方が本当に合わないワタシ。だから、彼に嫌われているのもよく感じるし、コイツ仕事できない、と勘違いされていることもよく感じる。ちょっと、もう限界ですわ。ま、もともと彼の人間性を疑っていたこともありますし。

そうは決めても、今すぐ辞める訳じゃないから、それまでの間のモチベーションの維持に今苦労しています。まだ2ヶ月以上もあるし。まだ誰にも言っていないし。ま、少し匂わせているかもしれないけど。

一番困ったのが、シフトの急な変更。今までは、固定制でやってきたので、誰でも基本的に休みの日は決まっていました。その中で個人の希望があればシフト作成前になんとか希望が通るように調整し、急な場合には当人同士で交換したりして、何とか回してきました、3年近く。でも、ゼネラルマネージャーが急にローテション式を導入したので、休みがぐちゃぐちゃに。うちの場合、学校にビフォーケアとアフターケア(要は、学童)をお願いしているので、基本的に固定でないと、困るのです。もし預けられない日が出てきたら、お友達のお母さんにお願いしなきゃいけないし、それでも回せなければ、仕事を休まないといけません。学童のスケジュールを変えるのだって、容易ではないのです。他のスタッフでも、習い事をやっている人もいて働けない日や時間帯があるし、そういった個人の生活スタイルとか希望は一切無視のやり方。シフトが公表されるや休みの交換や午前番・午後番の交換など、みんななんとか新しいシフトに合わせるので必死です。だから、結果的にはローテンション式で公平にするっていう前提が崩れています。これ、まったく余分な努力。

とはいっても、あと2ヶ月はここで働かなきゃいけないので、なんとか気を紛らわせつつ、やらなきゃな〜、はぁ、って感じです。。。。
[PR]
by yellow-bus | 2012-10-09 08:10 | JOB | Trackback | Comments(2)

嘘をつくにも程があると思う

今日とてもビックリしたことがありました。
一緒に働いていた同僚がとった1本の電話。ワタシはそばで耳に入ってきたことをただ何となく、聞くともなしに聞いていただけなんだけれど、それがビックリの話でした。

この、かかってきた電話はレフリーチェックの電話でした。(「レフリーチェック」とは、レジュメ(履歴書)に載せた、今の上司や前の上司など、自分の仕事っぷりや人間性などについて答えてくれる、保証人みたいな感じの人に、就職の際にその人に実際に電話して最終確認すること。)どうやらずいぶん前に辞めた人についての質問だった様子。
同僚「えっ?ここで3年も働いていたって?私、ここのオープンからいるけど、そんな人と一緒に働いた記憶ないけど。」
(先方は何か言っているみたいだけど、ワタシにはもちろん聞こえない)
同僚「マネージャーのジョン?そんなマネージャー、いないけど。」と言って、電話を切った。
ワタシ「何の電話?」
同僚「××っていう人のレフリーチェック。そんな人いなかったよね〜?」
ワタシ「いたよ。1ヶ月もしないで急に辞めたじゃん。ほら。」

どうやら、同僚が聞いた話だと、先方はバララットにあるとあるホテルで、この××なる人物は、働き始めて1週間になるという。なぜ今頃レフリーチェックなのかは分からないが、レフリーチェックのために電話してきたのだそう。で、この××という人物、うちで3年間ナイトマネージャーとして働いていた、ということになっているそう。そして、上司としてジョン(仮名)なる人をレフリーにしたらしい。

ちょっと待てよ、オイ。
この××なる人物、ウチの面接に来た時(約1年前)には、ロンドンで4年間働いていて、この間オーストラリアに戻ってきたばかり、なんて言っていたよ。そして、その前は豪華客船のクルーで地中海だかでクルーズの仕事していたこともあるし、MBAも持っている、なんて言っていたけど。
そして、面接を担当したのはこのワタシで、その当時のアドミンの人がちゃんとレフリーチェックしてウチで採用したはず、だけど。。。。もしかして、これら、全部ウソ???

で、面白かったのはこの後。ウチの同僚、たまたまメモったそのホテルに折り返し電話をし、本当のことを先方のホテルに打ち明けたのでした。ウチでは1ヶ月も働いていなかったこと、ジョン(仮名)なる人物は存在しないこと、などなど。
これって、立派な経歴詐称でしょう。先方のホテルはどうするのかな。

それにしても、ここまでウソで塗り固めたレジュメって、一体。こんなこと、本気でする奴がいるからレフリーが必要なんだな、なんて思いました。程度が低すぎて笑える。。。。
[PR]
by yellow-bus | 2012-10-08 19:47 | JOB | Trackback | Comments(0)

夜勤をやってみて

昨日11時から今朝7時まで、一人で夜勤できました。ホッ。
ま、事前に調べあげておいたし、視察兼お手伝いで前日に1回、試しているからそんなに心配はいらないんだけれど、何かあれば大変だし、ということで、ちょっとは緊張しました。
でも、すんなり終了。

いろいろやらなければならない中で一番気をつけなければいけない仕事は、経理宛と予約課宛のデータ入力。マニュアルに沿ってやれば、一応難なくできるんだけれど、ま、そのマニュアルの出来が良くないので、一人でやるにはちょっと混乱するのが、難点。

簡単に言っちゃえば、いくつものレポートからいろんな数字を拾って、エクセルの決められたセルに入力するだけ、っていうこと。でも、これができない人が多いのが現実。決められたところに決められた数字を入れるだけなのに、人によってはそういうことが難しいらしく、何度も間違えてクビになった人もいたなぁ。それに、いつもやっている夜勤の人でさえ、たまに間違えるらしく、ワタシに文句言ってくるマネージャーもいる。

ワタシに言わせれば、全世界のチェーン店で同じ資料を作成しているはずだから、なんで本社(シンガポール)がこれらのデータ抽出とレポート作成のためのプログラムを組んでチェーンホテル間で共有しないのか、不思議で仕方がない。別にうち(メルボルン)だけがやっていることじゃなくて、世界中にあるホテル40とか50とかもやっていることだから、プログラムを組むコストなんて問題ないはずなのに。変なの。
リノベーションして、どうみても見た目と実際の値段に開きのあるオシャレ椅子などに千ドル単位でお金がかけられるのに、こういうところには金をケチるシンガポールのやり方。ワタシには納得できん。

それにしても、眠い。変な睡眠時間になるから、カラダにはやっぱりよくないなー、と思う。
でも、学校への迎えや夕飯の支度などに余裕があるのはいいことだけれど。
今日もこれから出勤。行きたくないなー。。。。
[PR]
by yellow-bus | 2012-09-10 20:13 | JOB | Trackback | Comments(0)

スゴく久しぶりに

スゴく久しぶりに、今夜は夜勤をやります。本当は明日の夜と明後日と2回だけなんだけど、あんまりにも久しぶりすぎて、何をやるのか、そして何をやらなきゃいけないのかちっとも覚えていないので、今夜は視察兼お手伝いとして出勤します。

「このチェックリストとマニュアルがあれば大丈夫!」
なんて、太鼓判を押されたものの、気になってチェックリストとマニュアルを照らし合わせてみると...、さすがはオージー流仕事。適当。この太鼓判はダメです!却下ですよ(怒)。
チェックリストにある項目の、さらなる詳細がマニュアルに載っているはずなのですが、
1.マニュアルにある順番がでたらめ(チェックリストとマニュアルの番号の不一致)
2.マニュアルに重複している内容のもの多々あり
3.チェックリストにはあるのにマニュアルにはないもの多々あり
4.チェックリストにはないのにマニュアルに載っているもの多々あり
5.矛盾する内容がある
と、まあ、こんな感じで。業務内容の訂正が加えられるたびに付けたしていったんでしょう、という跡がありあり。本当に適当。あきれた。

しかし、こうやって調べたお陰で、50項目以上にものぼるチェックリストで、ワタシにはあやふやなのが5項目くらいある(というより、たった5項目しかない、という風に理解した)、ということが判明。その5項目さえできれば大丈夫なんだ、ということ。

実は今回の夜勤。いつもの夜勤の人が3連休を取りたい、ということで急に空いたシフトの穴埋めをしなければならず、おまけに他に1人辞めるので夜勤のできる人が足りない、という状況の中、発生した事態。seekに載せてもなかなか後任は決まらず、本当に困っている状況。他の人が今回の穴埋めをやってくれると言ってくれたものの、それもシフト的にきつかったり、いろいろと他にも問題があったりして...。
でも、ワタシにもちょっとしたもくろみがあって今回、夜勤をやることにしたのですが、このもくろみが上手くいくといいけれど。ま、そんな”企み”はひとまず放っておいて、夜勤を一人でできるようにならないといけないのですが。すべてうまくいきますように。
[PR]
by yellow-bus | 2012-09-08 20:26 | JOB | Trackback | Comments(0)

結構当たる”勘”

この業界で仕事をしていて、かれこれ10年以上にもなりますが、ワタシには
結構当たる”勘”があると思っています。それはどんな勘かというと、
(残念ながら)嫌なことが起こる勘 です。

どういうことかというと、例えば、「あ、このお客さん、ちょっと感じ悪いなー。」なんて思ったり、逆に、何てことないけどやっぱりなにか気になるお客さんには、何かとトラブルが起こる、というもの。ちょっとしたトラブル(例えばテレビの故障とか水回りの故障とか、本当に大したことじゃないけれど)で何回も部屋を変えるはめになったりします。もちろん、感じの悪いお客さんは日常茶飯事で遭遇してしまいますが、滞在中ずっと気になる人もいれば気にならない人ももちろんいます。でも、なぜかワタシが気になる人には、結構な確率で何かが起こるような気がします。(別に、ワタシが呪いをかけている訳ではありません、念のため。)

今日も、事件は起こりました。
朝6時半過ぎにスワンストンStを歩いていたら、ワタシの携帯電話が鳴りました。よく話を聞いてみると、その人が出勤してきたら消防自動車がホテル前に停まっているわ、夜勤スタッフの姿がどこにも見えないわ、で、一体どうなっているの??と思い、監視カメラをよーく見てみたら、お客さんと一緒にエレベーターに閉じ込められていた、と。
てんやわんやのあげく、結局、1時間半近く閉じ込められて、エレベーター会社の人に救出されて、まぁ、なんとかなりましたけど、そのお客さんは、やっぱり、ワタシが気になった人、なのでした。別に、何か問題があった訳ではありません。ただ、なんとなく、「何かある」って思っただけのことです。たった2泊しかしていませんし。

なんなのでしょうかね。呪いなんかじゃないのです(笑)。だって、面倒なことをわざわざワタシから起こす必要はないですし、それに、その面倒を解決しなくちゃいけない立場にいるので、面倒なことからは極力距離を置きたいと思っていつも仕事をしています。でも、やっぱり、結構な確率で起こってしまうのです、しかも「この人は」と思う同じ人に立て続けに。不思議なものです....。
[PR]
by yellow-bus | 2012-08-29 19:35 | JOB | Trackback | Comments(2)

マウス泥棒

すったもんだ、いろいろあったリノベーションもやっと終わって、何と言っていいか、通路脇、とも言うべきか、ちょっと微妙な場所にコンピューター、しかもMacが2台も置かれることになりました。
そして、そのコンピューターはインターネット使い放題。そりゃあ使いますよ、誰だって。
そして、そのマウスが、なぜかコードレスのマウスでして。
で、盗られるわけですよ。2週間もしないのに2つも。そのうち1つなんて、今日から置きっぱなしにしたところなんです。(総支配人の指示で、置きっぱなしになったのですが、それまでは、使いたい人がフロントまでマウスを借りにくる、という、変なことになっていました。)

コードレスじゃなくて、普通の、USB接続のマウスにしたらいいのに。
って、ワタシは何度も言ったんですけど、ね。
見た目ばっかりにこだわっているマネージャー含め上層部ども、ちっとも分かっていないようで。
週明けにいろいろと質問攻めにあうんだろうなー、と思うと、うんざりしてきます(笑)。

だいたい、macのお店だって、みんな、コンピューターには鍵かかっているし、マウスだって持っていけないようになっているでしょうに。コードレス使うなんて、ドンドン持って行って下さい、って、アピールしてるようなもんでしょうに。全く、変なの。
[PR]
by yellow-bus | 2012-07-13 20:06 | JOB | Trackback | Comments(0)


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

最新のコメント

>greenstoneさ..
by yellow-bus at 08:52
娘さん、すごいですね。 ..
by greenstone at 22:39
コメントありがとうござい..
by yellow-bus at 20:09
こんにちは。最近エキサイ..
by onetspofoz at 10:29
> yumi_in_Au..
by yellow-bus at 18:30
本当にありがとうございま..
by yumi_in_Australia at 16:53
>momochimelb..
by yellow-bus at 20:53
こんにちは。初めてコメン..
by momochimelb at 07:44
>masarikocさん..
by yellow-bus at 18:18
お久し振りです。お久し振..
by masarikoc at 13:00

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(761)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(41)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧