VISAについて-その5

2003年8月の、二回目のIELTSも終わりました。さて、次はいつにするか。年齢との兼ね合いもあります。
29才のうちに申請ができれば、一番高いポイントが手にできます。

だから、2003年末か2004年の夏に、ということになりました。

やはり、集中して勉強しないと 7.0 は手にできないだろう、ということで勤務先の学校が休みの時期を狙うしかないのでした。

結果的には2003年末には受けられなかったので、2004年になりました。

が、そこで誰も予想してなかったことが起こりました。

なんと、うちの奥様が妊娠!したのでした。

やはり、初期にはつわりもあり、体調も日々違い、またその頃は仕事を続けていましたので、

私自身、「これは年内には無理だな。30才になっても34才までは同じポイントだし、少しのんびり構えて」
と思っていました。


ところが、年齢のポイントをどうしても最高点で手にしたい!という強い意思が次回のテストの日程を、
”2004年8月” に決めたのでした。

幸いにも、7月から2ヶ月間、ニューヨークから友人が二人やってきて我が家に泊まることになっていたので、彼女らに教わったり、またスピーキングの練習にもなったようで、毎日暑い中、着々と勉強していきました。


そして、試験です。
ベストは尽したが、なんと言っても、留学やVISAのために試験を受ける人が大半のなかで、

妊婦がいる!


というのは一種独特の、変な感じだった、と言っていました。

そして、運命の結果が送られてきました。
[PR]
# by yellow-bus | 2005-07-19 00:28 | VISAって | Trackback | Comments(0)

VISAについて-その4

VISAの種類について。
たくさんの種類があり、積極的に移民を受け入れている政府の姿勢が見てとれます。

私らの場合は、技術独立移民ビザ(サブクラス136)というカテゴリーで、他には、
雇用主指名ビザ、
州/準州スポンサー投資家ビザ、
州/準州スポンサービジネスオーナービザ、
ビジネスオーナービザ、
州/準州スポンサーシニアエグゼクティブビザ、
シニアエグゼクティブビザ

等があるようです。またそれぞれ、暫定だったり永住だったりといろいろとさらに種類があるようです。

また、一時滞在ビザとして、
長期滞在ビジネスビザ、
退職者(リタイアメント)ビザ、
等もあるようです。
詳しくは、申請を代行してくれるエージェントに聞くか、そのホームページにアクセスすると、無料カウンセリングや簡単資格審査みたいなサービスもありますよ。

私らもいろいろ調べた結果、エージェントに頼むことにしました。英語にいくら自信があっても、やっぱり法律用語などの専門用語と英会話では違いがありすぎです。
それに、もし間違えたりしたら、審査にひどく時間がかかり、取り返しのつかないことになりかねない、と思ったのでした。
[PR]
# by yellow-bus | 2005-07-19 00:26 | VISAって | Trackback | Comments(0)

どこの街に

永住ビザ申請中とはいえ、実はまだ住んだことがないのです。住んだ経験があって、どうしても住み続けたいから永住を考える方もいるでしょうし、私らみたいに住んだ経験がない方もいるのではないかと思います。
旅行では各地を転々とまわったことはありますが。
今までに行ったことのある街は、
 シドニー
 エアーズロック
 ケアンズ~ブリスベン~シドニー(バスで移動したので、その間のいくつかの街にも滞在しまし た)
 パース

となります。個人的には、パースが好きなんですが、陸の孤島・世界一孤立した都市、なんて言われて、仕事があるのかなぁ、と漠然とした不安はあるのが正直なところです。もちろん、シドニーや他の街にしたって、仕事があるかどうかは分からないのですが。

まだ行ったことのない大きな街で思い浮かぶのは、
 首都キャンベラ
 メルボルン
 アデレード
 ダーウィン
です。

次に行くときには、現地調査も兼ねて滞在できたらなぁ、って思います。

もし、住んだ経験がおありの方がいらっしゃいましたら、コメントをお願いしたいと思います。
[PR]
# by yellow-bus | 2005-07-18 08:34 | Australiaの街 | Trackback | Comments(0)

VISAについて-その3

第一回目IELTS(2003年3月16日)の結果が出ました。私は総合5.5。

で、問題の奥様は、と言うと

総合 6.0

でした。ただ、スピーキングでは 7 が取れたので、今後の励みになったようです。もちろん、一発でできるなんて思っていませんでしたから。

その後も週に一回の英会話は続きました。幸いにも、IELTS対策コースの先生が元々私らの先生だったので、英会話もIELTSにあわせた内容で進めてもらう事ができたので、ラッキーでした。

そして、2回目のテストがやってきました(2003年8月24日)。もちろん、私は受けませんでしたが、勤務先の学校が休み期間ということもあり、うちの奥様はずい分と時間を費やせました。

で、結果は...

総合7.0 !!

ついに!というか、2回目にして!、という感じでしたが、残念ながら、リスニングとリーディングが7.0未満だったので、この時点でも申請はできませんでした。でも、スピーキングは、なんと 8 !ビックリです。

その後も週に1回の英会話は続きます。

ちょっと余談ですが、英会話学校って、女性が多いですね。男の人は元々少ないし、その上、うちらは夫婦してセミプライベートレッスンをやっていたので、かなり変わった夫婦として、その学校の一部では有名だったようです。

これまた余談ですが、私らの申請した「技術独立移民ビザ(サブクラス136)」には、年齢制限があります。そして、年齢が若ければ若いほど、そのポイントが高くなり、VISA申請に有利となります。ちなみに、その当時、まだ20代後半であったうちの奥様は、「何としてでも取ってしまわないと!!」と燃えるのでありました。

そして、3回目のテストをいつにするか、考えはじめました。
[PR]
# by yellow-bus | 2005-07-16 23:37 | VISAって | Trackback | Comments(0)

VISAについて-その2

エージェントの無料カウンセリングを受けました。

結果、私よりも奥様が申請した方が良い(VISAがおりやすい)、とのこと。私にしてみたら、ま、結婚してると配偶者は一緒にVISAとれるっていうから、ラッキー、みたいな。

ただ、そう簡単にはVISAは手に入りません。世の中そんなに甘くはないのです。
そのVISAのためにクリアすべき関門とは、

 IELTSのアカデミックでバンド7を取る(申請者であるうちの”奥様”が!)

というものでした。

教員だけにリクエストのレベルは非常に高く、担当してくれたエージェントの人も、「今までにIELTSのアカデミックで7を取った方は記憶にないですねぇ。申請している方は数名おられますが、皆さん、IELTSのスコアが取れないので、先に進めていないです」と。
なかなか、やりごたえのある障害物に出会いました。

次の日から早速IELTSについて調べ始めました。”IELTS”とは...
○ イギリス・ニュージーランド・オーストラリア辺りでは、大学進学に必須である。
○ 受験料が高い(その当時21,000円)。
○ 一度受けたら三ヶ月は受けられない。
○ リスニング・リーディング・ライティング・スピーキング、と総合的にテストされる。しかも一日で!
 = かなりキツイ! (今は、2日間となりましたが)

配偶者VISAがあるとはいえ、配偶者のボーナスポイントのために私も受験しなければなりませんでした。私の場合はジェネラルで各5以上、とうちの奥様に比べたらそんなには難しいものではありませんでした。TOEICは自分の今のレベルを知るために、たまに受けていましたが、でもこんなスゴいテストは初めてです。ビビりました。

カウンセリングの一年前から通っていた英会話学校では、IELTS対策重点コースがあり、二人してそれを受けることにしました。2003年1月~3月の3ヶ月間、週2回各1時間半ごと。毎回宿題ドッサリ。今まで週1回45分、という単なる英会話でさえも予習復習はできておらず、果たしてどうなることやら!?って思ってました。
が、さすが、このコース、お一人様\100,000もするだけあって自分たちの心構えも違います。そして内容は充実。素晴らしい先生にも恵まれて、中身の濃い三ヶ月でした。

そして三ヶ月目に入った2003年3月、二人ともIELTSを受けました。

物凄く緊張しました。私の場合は特にスピーキングが。元々あまり得意ではなかったのですが、英会話学校では慣れた先生たち相手なので緊張しなかったのですが、いざ本番となると...テープに録音されているし、何て答えていいのかわからないし。涙ものでした。
一方、奥様はといえば、「結構、答え易かったよねぇ」と。この人の成績に全てがかかっていることを考えると、何とも頼もしい限りです。

結果が送られてきました。私は、ジェネラルではなく、将来学校に行くこともあるかも、なんて考えてアカデミックを受験し、総合5.5、各セクション5以上、とまずはクリアです。有効期限が2年あるから、もうこんな緊張するテストとは2年も会わずにすむのか、と思ってホッとしました。成績自体には満足していないのですが(この程度じゃ、どこの学校にも行けないだろうし)、ま、クリアしたことを素直に喜びました。
[PR]
# by yellow-bus | 2005-07-16 23:35 | VISAって | Trackback | Comments(0)

VISAについて-その1

もともと、ニュージーランドのことを頭に入れていたけれど、オーストラリアはその隣国、としか思ってませんでした
(普通、その逆じゃない?ってお思いになられる方が多いと思います。)と言ったら言い過ぎかもしれませんが、両国とも行き来は楽なので、遊びに行くことはしょっちゅうあるかな、ぐらいには思ってました。

ところが、ニュージーランド政府の移民政策がどんどん厳しくなっていきました。
まずは現地に行って、仕事を探して...なんてのは、不可能になってしまいました。
スポンサーがいるわけでもないし、ビジネスビザを手にするあてもないし。

同じように、いずれはニュージーランドへ、って考えている友人が
「オーストラリアはどう?」って言ってくれました。同じポイント制だし、って。

そこからです。オーストラリアのVISAを調べ始めたのは。そして、東京のとあるエージェントの無料カウンセリングを受けました。2002年11月のことでした。外はお酉様で賑わっていました。
[PR]
# by yellow-bus | 2005-07-14 23:17 | VISAって | Trackback | Comments(0)

今日からはじめました

はじめまして。今日から思い切ってブログ始めてみることにしました。
ブログタイトルにあるように

「オーストラリアへのお引越し」というか「移住」について、

いろいろと書いてみたり、読んでいただける方から情報をいただければなぁ、と思っております。

そもそも、「移住」って?  ということですが、まずは、一家の紹介を兼ねて説明したいと思います。

まず、ここに出てくる旦那(本人・33歳)と奥様(30歳)、それに昨年暮れに生まれた娘がこの一家の全員です。

旦那と奥様は結婚前にNewZealandに1年滞在していたこともあり、結婚してからも「いずれはNewZealandに」と考えておりました。

しかしながら、現実は厳しく、NewZealandへの移住は、ビザの許可がどんどん厳しくなっていき、諦めざるを得なくなりました。そこで、おなじようなポイント制を取りながらも、比較的に緩やかだったAustraliaに的をしぼりました。それが、3年前のこと。

そして、IELTSという難関を乗り越え(実際に乗り越えたのは”奥様”でしたが)、ついにビザ申請の運びとなりました。
今は、申請し終わったので、ビザの発給を待つばかりなのですが、ビザがおりるまでに、いろいろと調べておかなければなぁ、と思いはじめてみました。よろしくお願いします。
[PR]
# by yellow-bus | 2005-07-14 23:13 | 雑記 | Trackback | Comments(0)


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

最新のコメント

>greenstoneさ..
by yellow-bus at 08:52
娘さん、すごいですね。 ..
by greenstone at 22:39
コメントありがとうござい..
by yellow-bus at 20:09
こんにちは。最近エキサイ..
by onetspofoz at 10:29
> yumi_in_Au..
by yellow-bus at 18:30
本当にありがとうございま..
by yumi_in_Australia at 16:53
>momochimelb..
by yellow-bus at 20:53
こんにちは。初めてコメン..
by momochimelb at 07:44
>masarikocさん..
by yellow-bus at 18:18
お久し振りです。お久し振..
by masarikoc at 13:00

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(765)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(41)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧