お正月はやっぱり歌舞伎

メルボルンに引っ越してからというもの、日本に一時帰国するのはいつも年末年始のこの時期。
学校が休みになるっていうのも理由の一つだけれど、今は、娘さんの体操ジムの休みがここしかない、というのも大きな理由。日本の夏とか秋とかにも帰ってみたいものだけれど。
でも、食べ物は美味しいし、バーゲンやっているから買い物にもいいし、ま、ここしか来れないのだから仕方がない、という感じであきらめています。

さて、そんな日本のお正月。今回も歌舞伎を観に行ってきました。
本当は、新しくなった歌舞伎座で観たかったのだけれど、演目がイマイチ。
せっかく観るのだから、いい役者さんと面白い演目で観たい、ということで今年も国立劇場へ。
今年の演目は、「通し狂言 小春穏沖津白浪―小狐礼三―(こはるなぎおきつしらなみ こぎつねれいざ)
e0026873_21134525.png

尾上菊五郎さんと菊之助さんが出ております。わたし個人的には海老蔵さんが観たいのだけれど、短い滞在期間内じゃあれもこれもは観られないので、今回は残念ながらパスしました。

今回も、花道すぐ脇の前から6番目の席を取ってもらって、娘とうちの母と姉の合計4人で観覧しました。本当は、義理父母との観覧予定だったのですが、急用でうちの母と姉が代わりに登場。

お正月らしく明るく華やかで楽しく、最後の大立ち回りもかなりアクロバティックで、とても見ごたえがありました。うちの娘はさすがに体操選手なだけあって、各役者さんのアクロバットをしっかりと観ている、というか、観察していました(笑)。そんなうちの娘ですが、菊之助さんが花道で止まって演技している時に目があったそうで、ちょっとドキドキしてうれしかったそうです。

7日だったのでまだ松の内ということもあって、講演の最後に恒例の手ぬぐい撒きがありました。
前回も見事に手ぬぐいを手にできたのですが、うちの娘みたいな小さい子が歌舞伎なんて観に行かないから目立つんだろうなあ、と思うので、役者さんはこちらにちゃんと投げてくれるのだと思います。
今回はどうかな、と思っていたら、花道のすぐそばで中村時蔵さんが投げてくれました。
なのに、取りそこねてしまい、前の席のおばちゃんの元に入ってしまいました。残念!
ところが、それを見ていたと思われる若い役者さんが、こちらに向けて撒いてくれ、今年も無事に手にいたしました。

やっぱり歌舞伎はいい。何はともあれ、日本に帰ったら必ず歌舞伎、です。




[PR]
# by yellow-bus | 2016-01-28 21:28 | ニッポン いろいろ | Trackback | Comments(0)

錦織選手よく頑張った!

e0026873_20191308.png
テレビの前で応援しました。どっちも勝ってほしいので、いいショットが出たらどちらにも拍手を送って観戦しました。
どっちも勝ってほしいとは言いつつも、わたし的にはやっぱり錦織選手に勝ってほしかったのですが、残念でした。第3セットはよく頑張りました。
今年もやっぱりジョコビッチ選手の優勝かなぁ。



[PR]
# by yellow-bus | 2016-01-26 20:22 | Melbourne生活 | Trackback | Comments(0)

残念だったこと

今回の3年ぶりの日本帰国。
3年も帰っていないと、さずがに娘さんの日本語が怪しくなってきたということ。
実家のパソコンのセットアップ。
この2点も大事なことなのですが、一番大事なのが、弟夫婦に子どもが生まれる
ということ。ええ、初のいとこ(わたしらにも初の姪っ子)が誕生する、というので
お祝いしに行く、というのが今回の最大のミッション。
そのために、うちの奥様は一度は諦めた赤ちゃん用ブランケットを夜なべして
仕上げました。頑張りました。

8月には航空券を予約し、その足で会いたい人たちにはすぐにメールで知らせました。
もちろん、弟にもすぐに知らせました。
12月に入っても連絡しました。が、出産が遅れたので予定が立たないらしく、
連絡はありませんでした。日本に着いてからも連絡しましたが、はっきりとした
返事はありませんでした。
ああ、ものすごく嫌な予感。。。
このブログを読み返したら、やっぱり書いてあった(以前の記事)。
もう9年も前に予期していたようです、残念ながら。

上海から友人も東京に来ることになっていて、赤ちゃんに会えるのをとても楽しみに
していて、彼らは12/29から4日間しか東京にいられないから、必然的に
会える日が限られてくることも事前にメールで知らせてあったのに、ほぼ無視状態。

結局、わたしの予定と友人の予定をこの際優先させてもらって、大晦日しか時間が
空いてないので、その日にしてもらいました。その日、弟は仕事なので(日勤)、
昼間の弟のいない間に顔見るだけにお宅にお邪魔させてもらうことにしていたけど、
やっぱり自分もいたほうがいい、ということになって、大晦日の夜に、
という大変に非常識な時間帯にお宅訪問となってしまったのでした。

仕事が終わったのになかなか待ち合わせ場所に現れない弟。
なんだか、嫁に電話していてそれが長引いている模様。出発が1時間遅れたあたりで、
「今日は会わずに帰るから、プレゼント持って行って。」とメモを渡すも、
来てくれないと困る、みたいなジェスチャーしつつ、まだ嫁と話している。
あーあ、完全に歓迎されていないのが丸わかり。この日に会いに行くことはもうすでに
伝えてあるのですが、もしかして、弟から弟嫁に話がいってない?まさか??

わたしには、ちっとも理解できないのですが、会いたくないのなら適当に理由つけて
会わなきゃいいのに、そこは頑なに会おうとする。
わたしだってそんな人とは会いたくないのです、正直言って。だから、会えなくても
いいけど、プレゼントは渡したいから、とも言ってありました。
会っても楽しくないでしょうし、お互いに。

で、結局、かなり遅い時間のお宅訪問という、本当に非常識なことになってしまい
わたしもお宅に着くなりすぐに謝りましたよ。
それでも、ちっとも「いらっしゃい。わざわざ遠いところをすいません。」みたいな
社交辞令もそんな態度も一切なく、目の笑っていない弟嫁と数年ぶりの対面。
あーあ、本当に嫌なことになっちゃった。

顔見たらすぐに帰る、というつもりだったけど、抱っこさせてもらったり
みんなで写真撮ったりしたら、やっぱり時間は過ぎていくもので。
最後に、わたしらの祖母が買っておいてくれた、お食い初め用の食器セットを
実家の納戸からなんとか探し出し、それも渡していそいそと帰ることにしたのでした。

あんまりにも変な対面となってしまい、さすがのうちの娘さんも、
これは困ったことになった、って思っていたみたいで、
「会わないほうが良かったね。」みたいなこと言ってました。
かわいそうなことしました。もう会えないかもね、あなたのいとこに(涙)。

どうしてこんなことになっちゃったんでしょうか。今までにもめ事というか、
喧嘩もないし、というか、完全に没交渉だったので、喧嘩のしようもないので、
なんでこんなに嫌われるのか、完全に理解不能です。
本当に残念でした。

こんなこと書くべきじゃないとは思うのですが、一応、記録のために書くことにしました。書いている今でも本当に残念な気持ちで一杯です。


[PR]
# by yellow-bus | 2016-01-25 10:46 | ニッポン いろいろ | Trackback | Comments(0)

全豪オープン2016

たった今、錦織選手がストレートでツォンガ選手に勝って準々決勝に進出しました。
e0026873_11244852.png
シャラポワ選手の試合が終わって、最後の第10ゲームだけテレビ放映されました。

今年は、なんだか寒い全豪オープンです。雨も降っているし。
例年、暑くて困ることが多いのに。暑くて困ったのは初日と2日目のみ。
これもエルニーニョ現象のせいでしょうか。
年末年始の日本はとても暖かかったし。



[PR]
# by yellow-bus | 2016-01-24 11:28 | Melbourne生活 | Trackback | Comments(0)

パソコンのセットアップ

前に買った実家のパソコン。このブログで調べたら、2008年だって(以前の記事)。
ずっと調子が悪く、わたしもメルボルンからリモート操作で何度か直したりしていました
が、もう無理だ、ということで、新しいパソコンを頼んでおきました。
ちょっとインターネットするのと、年賀状の宛名印刷とSkypeだけにしか使わない
パソコンだから、配送料込みでも4万円しないで新型が買えました。安い。

さて、そのセットアップ。静岡の義理両親に娘を預けて、わたしだけ一足先に実家に帰り、
いざセットアップ。前の記事によると、Skype開通までに5時間かかった、なんて書いて
あったけど、今回は、開梱し、ケーブル繋いで、本当にあっという間にパソコンが
使えるようになりました。所要時間30分もなかったんじゃないでしょうか。
一番時間がかかったのは、旧パソコンに入っていた年賀状の住所録を手入力で新パソコン
に移したこと(笑)。Windows10に対応できない年賀状ソフトで(バージョンアップ費用
を別途に支払えば対応可能であることが後日判明)、データの移行がうまくできなかった
ための手入力でした。
なんて便利になったんでしょうか。というか、前はなんであんなに時間がかかったのでしょう??
ここ2年くらい、まともにSkypeもできなかった(必ずパソコンがフリーズしてしまう)
ので、今回の一時帰国のミッションが一つ完了し、満足しました。


[PR]
# by yellow-bus | 2016-01-24 10:56 | ニッポン いろいろ | Trackback | Comments(0)

両家の違い

3年ぶりに帰った日本。約2週間の滞在でしたが、とても楽しかった。
今回は11歳の娘との2人旅行。前半に奥さん実家に行き、後半はうちの実家に。
両家の違いを改めて感じ、それも面白いことでした。

奥さん実家は、3年ぶりに会える孫をどうもてなそうか、ということで、
元々、旅行の計画を立てるのが大好きなお義母さんが綿密な計画を立ててくれて
あったので、完全に”お客様”としてその予定に乗っかっているだけで良い、
という上げ膳据え膳状態。超楽チン。
せっかくだから一緒に遊んだり出かけたりしたいから、と、時間のかかる年末の
大掃除も早々と終えてあり、家はどこもかしこもピカピカ。
元々、綺麗好きな義理両親なので、いつでも綺麗なんですけれど。

一方、うちの実家。何食べたい?とは聞いてくれるけど、その食べたいものが
出てくるのか正直言って不安なので、結局、毎回わたしが買い出しに行きました。
ほぼ毎日、スーパーに行きました。スーパーが徒歩で行けてよかった。
そして毎回台所に立って、みんなの夕飯の分も作っていました、わたし。
年末の大掃除だって、やっていない感じ。
窓とか網戸掃除や床のワックスがけなどは、やる時間もなかったので
できませんでしたが、気になった箇所は綺麗にしました。
大晦日の午前中いっぱい、娘も一緒に頑張りました。

ま、タダで滞在させてもらってますし、わたしが夜な夜な出かけても
娘の面倒を見てくれるので(ま、もう11歳なので、手はかからないですけど)
これぐらいはやらなきゃねぇ、と思って覚悟していましたけれど。
でも、これが、もし、うちの奥さんだけがうちの実家に泊まりにきたとしても
決して、上げ膳据え膳状態にはならないのです。こういう”うち”なので。
”うち”の文化が違いすぎて笑えます。だから、うちの実家に帰るよりも
わたしはあちらの実家の方が楽なのです。
この違いについては、娘もしっかりと把握していて、面白がっていました。。。
[PR]
# by yellow-bus | 2016-01-23 20:19 | ニッポン いろいろ | Trackback | Comments(0)

久しぶりの日本

3年ぶりに帰ってきました、日本。
いろいろ変わっていてビックリ。忘れないうちに記録しておきます。

3年前はプリペイド携帯って、わりと普通に買えたのに、今回は、どこの支店に行っても断られました。しまいには、「SIMと本体込みで、3万7千円でご用意できます。」とか言われて、あ然として店を後にしました。
オーストラリアで使っている携帯が、おんぼろスマホなので、空港で見かけた、SIMカードでデータ通信のみで電話番号なしというものが使えるのかいまいち自信がなく、断念。
ポケットwi-fiのレンタル、っていうのも考えたのだけれど、レンタル料がねー、って、ケチってしまいこれも断念。
で、結局、コンビニやレストランとかショッピングセンターとかの無料、wi-fiでなんとか連絡とってやっています。ipad持ってきたけど、wi-fiなきゃ何の意味もないなー、なんて、あんまりにも当たり前のことを痛感する日々。ちなみに、実家にゃwi-fiなんてありません。インターネットにはかろうじてつながっていますけれど。
それでも、使えない日本のプリペイド携帯電話を電話帳代わりに日々持ち歩き、オーストラリアの携帯も持って歩き、wi-fiがつながるときにつなげて急いで連絡とってみたり。
不便なんだか、便利な世の中になったんだか、よく分からないことになっています。

携帯電話がないので、電話が必要な時には公衆電話がとても重要。
しかし、これが、ほぼ絶滅の危機。
前に勤めていたホテルに顔出しに行ったときにも、ロビーに以前にはあった公衆電話は撤去され、スカイツリーの模型が置いてありました。。。

銀行のキャッシュカードを使おうとしたとき、
「使用不可」のメッセージが出て、顔面蒼白に。
銀行に電話しようにも、携帯電話はない。公衆電話を探してあちこち歩き回る始末。
駅にならあるんじゃないか、と思って、ちょっと離れたところまで頑張って歩いて行って、ようやく見つけました。
こんな時のために持ち歩いていたテレホンカードが役に立ちました。どこかの引き出しにしまってあった、どうでもいいテレホンカードが、数十年ぶりに役に立つなんて。
緊急事態だっていうのに、0120-の番号じゃなくて、横浜の番号でしかも自費。結局、1枚使いきって何とか問題解決しました。(あわてていると、目に入らないものですね。駅に行くまでの道すがらに公衆電話が1台ありました。。。)


いつも使っている電車も、どんどんハイテク(って、もう死語)になって、液晶ミニテレビを使ってのCMやら次の停車駅の情報やらも丁寧にわかりやすくなっているように思うけれど、情報が細かくなりすぎて、久しぶりに日本に来た私とか、旅行者とか普段使わない人には、かえって混乱を招くような気がします。情報にも適度の量っていうのが難しいなあと思います。


中国人の爆買いっていうのを実際に見て、スゴイッて思っちゃいました。
同じものを10個、20個って買っていくのをあちこちで見かけました。ああこれか噂の、って。
今、上海の友人が東京に遊びに来てますけれど、彼ら曰く、冗談じゃなくて、東京で買ってきた(というか、もう「仕入れてきた」レベルの)ものを倍くらいの値段で現地に戻ってから個人売買しているんだそうな。すごいなあ。


久しぶりすぎて、なんだか感覚がついていけませんが、
ご飯はおいしいし、安いし、みんな親切で、日本はいいところだな、って思いますね、やっぱり。
[PR]
# by yellow-bus | 2015-12-30 23:18 | ニッポン いろいろ | Trackback | Comments(4)

ビクトリアンチャンピオン

先週末は大変でした。娘さんの今年最後で最大の大会、ビクトリアンチャンピオンシップ(ビクトリア州選手権大会)がありました。この大会のために1年間練習してきた、と言っても過言ではありません。

大会シーズンが始まったのが7月終わり。毎月1回の大会(9月は2回)を約5ヶ月間続けてきました。最初の7月と2番目の8月の大会で個人総合優勝してしまったので、「これは、もしかして、ビクトリアンチャンピオンもあり得るのかも?!」なんて思ってしまいました。
娘さんが出場しない大会もいくつもあって、結果だけは全てチェックし、どんな選手が有望なのかもチェックしていました。

そして迎えた選手権大会の予選の日(今から2週間前)。
試合会場は車で1時間ちょっとかかる場所。しかも、集合は朝7時。前の晩から泊まり込む選手もいましたけど、うちはそこまではしませんでした。朝4時半に起きて、いろいろ準備して、6時前には出発しました。

9月の大会の結果があんまり良くなく(自分のジムでの開催というホームゲームであったにもかかわらず)、結構弱気になっている感じも見受けられました。
それでもその予選会では、いままでの自己ベストをマーク。予選は確実に突破(上位20位以内)したであろう、とちょっとホッとして、チームのみんなと近所のカフェというか、ビール工場に朝ごはんを食べに行きました。朝ごはん食べている間も、もう1つのセッションが行われていて、この2セッション合計約50名のうち上位20位までにチームメイト2人も入るかどうか、気を揉んでおりました。

そして、いよいよの結果発表。
うちの娘さん、過去優勝した2大会のスコアを上回って自己ベストをマークしたにもかかわらず、なんと6番目に名前が呼ばれ、ビックリ。他の5選手はさらに上を行っていました。。。
チームメイトも12位と20位で予選を無事に通過し、みんなで喜んでいたものの、わたしは一人で決勝の心配をしていました。

それからの2週間。最後の磨きをかけにかけていたところ、ちょっとしたアクシデントで軽く捻挫。いつもお願いしているフィジオ(整体)も予約が取れず、困った困った。
しっかりテーピングして、タンブリングやトランポリンの練習はできずに他のことに集中していた数日間でした。それが良かったのかどうか、このままじゃダメだと思ったんだそうで。お尻に火がつくとはこういうことなんでしょうかね、きっと。

そして迎えた決勝の日、11月7日(土)。元々は朝一番のセッション1(9時開始)だったのだけれど、人数の関係でお昼のセッション2に変更となり、他のレベルのチームメイトが出場しているセッション1を見て応援することができました。初めての会場だし、どんな雰囲気かも良くわからない状態でしたが、最初に会場に慣れる時間があって本当に良かった。落ち着いて自分のセッションに臨めたのではないでしょうか。心中落ち着いていなかったのはわたしでしたが。。。

落ち着かない理由は他にもありました。いつも、大会中はビデオ撮影しているのですが、今回はそれに加えて、前回の予選会での上位選手と自分たちのチーム3人の合計8人分のスコアもつけることにしていたから。ビデオ撮影の合間にそんなことができるのかどうか、良くわからなかったけれど、やってみることにしました。事前にエクセルで選手一覧表を作って、バインダーとペンもちゃんと用意しておきました。

いざ始まってみると、なんだかいい調子の娘さん。わたしの方も、他の選手の点数を見逃すこともあんまりなく、しかもビデオ撮影も順調に進んで行きました。
最終種目になったとき、前回予選会で1位だった選手は、床運動で9.825を出し、満面の笑み。もしかしたら勝利を確信したのかもしれません。そしてうちの娘さん。最後は、苦手としていた跳馬。今回は思いっきり飛んでいったみたいで、9.600が出て、ビックリ。今まで良くても9.350しか出たことなかったのに。
そして、ビデオ撮影もしつつ、他の選手の点数もチェックしつつ、計算機で点数を計算してみました。
うちの娘さんが0.170上回っていることが判明。ということは、チャンピオンに?!
でも喜ぶのはまだ早い。全員の演技が終わったところで、各審判からのスコアシートのチェックが改めて行われ、点数が変更となる場合があるのです。さてどうなる??

しばらくの待ち時間の後、いよいよの表彰式。
まずは種目別の表彰があり、跳馬からとなっています。うちの娘さんの9.600が1番だったので、まずは1個金メダル。チームメイトも3位に入って、銅メダル。おめでとう、パチパチ。
続いて段違い平行棒、平均台、最後に床運動。チームメイトも段違い平行棒と床運動で2つの銅メダル。おめでとう、パチパチ。みんな、最低1個はメダルがもらえて本当に良かった。

で、最後に個人総合の発表。
3位は段違い平行棒で金メダル獲得の選手。2位は、前回の予選会で1位で、今回床運動で金メダルの選手。そして1位は、うちの娘さんでした。読み上げられたスコアはわたしが計算していたスコアと一緒でした。
あとから娘さんに聞いたら、自分のスコアの計算を間違えていたらしく、1点くらい低い結果を予想していたので、自分が呼ばれるとは本当に思っていなかったようで、真剣にビックリしたそうで。足し算くらいちゃんとできるようにならないと。。。これは親のわたしが反省しなければいけません。

チームメイトも、6位と11位に入り、上出来でした。3人とも予選会よりもいい結果が出せて、しかも種目別メダルも手に入れられて、本当に良かった。あとから娘さんに聞いた話だと、コーチも1位になるとは思っていなかったそうで。「良くても3位に入れるかどうか。。。」だったそうです。
それにしても、本番に強い娘さん。この血は、母親ゆずりに間違いありません(笑)。
ビックリした1日でした。おめでとうございます。

e0026873_12441975.png

[PR]
# by yellow-bus | 2015-11-09 12:42 | Melbourne生活 | Trackback | Comments(2)

スーパームーンだって

9月27日から3泊4日でウルルに行っていたんですが、
この間の月がとてもキレイで、9月だし、中秋の名月なのかも、なんて思っていました。
中秋の名月はそうだったのですが、それにスーパームーンだったそうで。
e0026873_12040563.jpg
スーパームーンって、よく知らなかったんですが、月がいつもよりも大きく見えるんだそうで。
何にも意図せずにこの時期に旅行して、なんだか得した気がしました、家に帰ってきてから(笑)。



[PR]
# by yellow-bus | 2015-10-07 12:13 | Australia いろいろ | Trackback | Comments(0)

ウルル

この間の学校のお休み中にウルル(エアーズロック)に行ってきました。
ずいぶん前、かれこれ約20年も前に行ったので、今回が2回目。
その頃は、一旦アリススプリングスに飛んで、乗り換えてウルル、という風にしないと
行けなかったのですが、今はメルボルンからの直行便があって、とても便利。

約20年ぶりだったので、今まで勘違いしていたことや前と違っていることが目についたり
してそれはそれで面白い旅行になりました。

前回歩いた、カタ・ジュタ(その頃は「マウント・オルガ」と呼ばれていた)の
「風の谷」は風の谷じゃなかった(汗)。
前回歩いたのは、ワルパ・ゴージというところでした。
「風の谷」のナウシカみたいな景色を見るには、往復約2.5時間でしかもかなりの
アップダウンのあるところを行かないとならないのでした。午前中でもかなり暑いのです
が、頑張っただけのことはありました。
e0026873_21304065.jpg
エアーズロックリゾート内の、1箇所しかないスーパーは高い、って思っていましたので、
いつもキャンプに行く時のようにいろんなものを持って行きました。
結果、いろいろ持って行ってよかったんだけど、実のところ、
食料品はそんなに高くなく(メルボルンと比べても)、インスタント味噌汁とか
辛ラーメンとか、結構いろんなものが売られていて、ビックリ。それだけアジア人が
訪れているのねー、と、感心しました。ちなみに、お酒は持って行って正解でした。

頭からハエよけネットをすっぽり被っている人が多かった!
たしかに、ハエはものすごくて、イライラさせられるんだけど、ハエよけネットが約$10
もするので、もったいなくて買えませんでした。メルボルンじゃ、要らないし。
あれはぼったくりだなあと思った次第。

メルボルンからの行きの飛行機では左側に座ったら、空からウルルが見えるよ、と
教えてもらったのですが、ジェットスターのオンラインチェックインの時に、
1人$5の座席指定料金を払うのをケチったため、右側に席がアサインされました。
(ここで素朴な疑問。家族3人で一人だけ払った場合、どんな感じに席が
アサインされるんだろうか。一人と二人にバラバラに別れちゃうのだろうか?)
帰りは逆に左側になり、ちょっとお金を払うと飛行機から見えたのかも、とも思ったり
もしましたが、もう十分見たので、別にいいです。

ウルルはアボリジニの聖地なので登って欲しくない、と現地の国立公園のレンジャーさんは
強く言っておりましたが、色々と政治的/金銭的な問題が難しく、一応、今でも禁止はされ
ておりません。でも、できるなら、他の人々のことを尊重して、登らないで欲しいという
レンジャーさんの話を聞き、前回、無知のあまりに登ってしまった自分を反省したのでありました。



More (追記)
[PR]
# by yellow-bus | 2015-10-06 21:47 | Australia いろいろ | Trackback | Comments(0)


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

最新のコメント

>greenstoneさ..
by yellow-bus at 08:52
娘さん、すごいですね。 ..
by greenstone at 22:39
コメントありがとうござい..
by yellow-bus at 20:09
こんにちは。最近エキサイ..
by onetspofoz at 10:29
> yumi_in_Au..
by yellow-bus at 18:30
本当にありがとうございま..
by yumi_in_Australia at 16:53
>momochimelb..
by yellow-bus at 20:53
こんにちは。初めてコメン..
by momochimelb at 07:44
>masarikocさん..
by yellow-bus at 18:18
お久し振りです。お久し振..
by masarikoc at 13:00

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(761)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(41)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧