タグ:OZ暮らし ( 761 ) タグの人気記事

看板撤去で大迷惑

e0026873_13131500.jpg
GOOGLE MAPから拝借。

先日、娘さんの大会でジーロングに行ってきた、その帰りにあったこと。
いつものように、M1(プリンセスフリーウェイ)からM80(ウェスタンリングロード)に入って、上記の写真のように、M79(コルダーフリーウェイ)を使って帰るときに、なんと、この標識を見落として、結構遠回りして帰ってこなければならず、夜だったから余計にグッタリしました。

それにしても、こんな標識を見落とすはずも無く、同乗していた娘も「看板無かったよねえ。」と。あんまりにも納得いかないので、翌日、このあたりを車で走ってみました。

するとどうでしょう。この看板は見事に撤去されておりました。あ然。
たしかに、この出口1km手前で、「Calder FWY出口あと1km」みたいな電光掲示板はありました。しかし、肝心の出口にあったはずのこの標識は、周辺の道路工事のために撤去されたようで、やっぱりありませんでした。

この間書いたように、高速道路の出口が変更になるということには気をつけていたけれど、まさか、そのずっと手前にこんな落とし穴があるだなんて思ってもみず、ビックリしました。
結局その夜は、その高速道路の出口を使うことなく帰る羽目になりましたが。

M80の混雑がひどいので、道路拡張工事が行われている真っ最中だから仕方がないのかもしれない、とも思うのですが、大事な看板くらいはたとえ工事中でもちゃんと設置してもらいたいものです。メルボルンに住んでいる方、要注意です。


[PR]
by yellow-bus | 2017-08-06 13:15 | Melbourne生活 | Trackback | Comments(0)

なんか、もう

なんか、もう飛んでいる気がする、

花粉。

まだ7月だし冬真っ盛りのはずだけれど、ワトルの木は

所々で真っ黄色になっているし。

もう春なのかなあ。

冬なのに、雨は少ない(通常、冬に雨が多く降ります、メルボルン)から

夏がカラカラに乾いて、水不足が心配になります。

ちょっと変な天候だと思いませんか、メルボルン?


[PR]
by yellow-bus | 2017-07-29 06:24 | Melbourne生活 | Trackback | Comments(0)

出口が変わります、って

先日、たまたま郊外に出かけていてその帰りに見かけた、新しい高速道路の出口について。
未だに電車が通っていないメルボルンの国際空港。なので、シティと空港を結ぶ手段は高速道路しか道はありません。だから当たり前のように、いつも混んでいる高速道路、のこと。

今までの出口を閉鎖して、新しい出口になるとのこと。これで事故や渋滞が減る、と、高速道路の管理会社や州政府は予想しているらしいけれど、この大規模な変更が、実は来週に迫っていることなんて、誰も知らない。
e0026873_20335196.png
具体的にいうと、Bell Streetの出口が、3kmくらい空港寄りのBula Street出口に変更になる、ということ。
これって、かなり大胆な変更で、出口を見逃すことになるのは本当に容易に想像できる事態。

あー、やっとメルボルンに帰ってきたー、ってな感じで、駐車場で自分の車を拾って、いつものように高速を走る。
あー、渋滞しているなー、いつも通りだなー、さっさと帰りたいなー、なんて運転しているとすぐに、高速の出口を出ないといけません。しかも、いつもよりも3kmも早く。あー、見逃したー!みたいなことになりかねません。

これは、とんでもなく大きな変更なはずだけれど、いつものように、この変更に関しては特にテレビでCMが流れたりすることもなく、いつものように、私を含め市井の人はいつものように知らないまんまに過ごしています。
知る人ぞ知る、って感じ。そう。いつものように。

ちょっと想像してみてください。
いつも使っている、国際空港。日本だったら、成田空港とか、羽田空港とか、関西空港とか。日本の場合、地方の空港だって最近は国際線が発着していますから、どこの空港だって当てはまると思います。
そこにつながっている道路の出口が変更になり、今までの出口が閉鎖になっていて、もしその出口を見逃すと、もれなく有料道路に入るしかなくて、自分の意思とは関係なく有料道路を利用した(利用させられた)利用料はもれなく徴収されるとしたら。そして、その情報が、変更になる1週間前になっても十分に周知徹底されていないとしたら。

州政府の野党議員、特に影の道路関係大臣は頑張って、与党の施策の周知徹底の足りなさを今更ながらに攻撃していますが、これ自体、そんなに報道されることがないので、一般人の受ける不利益はそのままなんだろうなーという感じがします。
そして、きっと、文句が多発して、この出口変更から1週間以内の高速道路利用料は返します、みたいな感じで、お茶が濁されるのだろうな、と、勝手に予想しています。

この変更後に、この出口を使うことがあるので、間違えないようにしたいと思いますが、さて、どうなりますことやら。。。




[PR]
by yellow-bus | 2017-07-19 18:25 | Melbourne生活 | Trackback | Comments(0)

二重国籍と国会議員の資格(オーストラリア編)

民主党の蓮舫議員が自分の戸籍の一部を公開したと今日の日本のニュースで知ったのですが、なぜか同じようなタイミングで、ここオーストラリアでも二重国籍と国会議員の資格が大きな問題となっています。


地元紙The Ageの報道によると、緑の党の議員2人が、二重国籍のまま国会議員となっていたことが分かり相次いで議員辞職した、とのこと。


移民が多いというよりも移民で成り立っているこの国オーストラリアでも、憲法の第44条にある国会議員の資格についての規定では、二重国籍は認めていない、となっているのだそうで。これは全くの初耳で、正直、驚きました。


少し前の総理大臣(女性初の首相)だったジュリア・ギラード氏は、英国ウェールズで生まれ、幼少の頃、両親と共にオーストラリアに移民してきたことは有名。この憲法の規定に照らすと、英国の市民権は放棄し、オーストラリア国籍だけということになっていたんでしょうね。


海外からの移民もしくは海外生まれの国会議員は20人以上いるらしく、前首相のトニー・アボット氏はイギリス生まれだけれど既に英国の市民権は放棄した旨の公的書類を公開していますが、順次、それぞれ公開を迫られていくんでしょうか。


海外からの移民も多いし、海外生まれの人も大変に多い、ここオーストラリア。先日公開されたセンサス(国勢調査)の結果でも、全人口の4分の1以上は海外生まれと発表され、その数値は上がる一方です。だから二重国籍になっている人はたくさんいますし、私個人的にもたくさんの人を知っています。ですが、国会議員になるためには国籍を選ばないといけないというのは、今回初めて知りました。


[PR]
by yellow-bus | 2017-07-18 21:01 | Australia いろいろ | Trackback | Comments(0)

今日から7月

今日から7月。オーストラリアの会計年度が新しくなります。つまり、年度末が来て、新しい年度になったということ。けれど、実際の生活には、何の影響もありません。日本みたいに新学年が始まるわけでもないし。ま、強いて言えば年度末だからセールをやっている、ということくらいだけれども、最近は、いつでもどこでもセールをやっているような感じだから、あんまり関係ない、か。


7月になっていくつか変わるのが、交通ルール。

・自転車に乗っていて携帯電話を使うと、$476の罰金。

・自転車もバスレーンを通ってもいいことに。

・救急車などの緊急車両が来た時は時速40km以下に。(ライトが点滅している止まっているパトカーの脇を通過する場合もそうなのかどうか、説明をよく読んでも分かりません。なので、下記のサイトでご確認を。)

などなど。詳しくはvicroadsのサイトへ。


結構大事なことなんだけれども、あんまり告知されていないというか、知る人ぞ知る、みたいな感じがします。

この国に住んで結構たちますが、前から思っていたけれど、やっぱりあんまり知らされないなあ、と。

例えば、デイライトセービング(サマータイム)が始まる日とか終わる日。新しい紙幣が登場する時。電車の運賃の値上げの時。などなど。


そんなことは知らなくても毎日の生活は続いていくのだから別に気にしない、と言えばそれまでかもしれないけれど、なんか、あまりにも知らされないのもどうなんだろうと、やっぱり思ってしまうのであります。




[PR]
by yellow-bus | 2017-07-01 21:52 | Melbourne生活 | Trackback | Comments(0)

領事館の休館日

前回の投稿からものすごく時間があいてしまったので、これからは前みたいに、もうちょっと更新できたらいいなあと思う。って、いつも思っているのだけれど、なかなか実行に移せずにいて、反省しきり。


先日、メルボルンに引っ越してきて、ちょうど10年が経った。

「10年」って、長いような、短いような。

やっぱり長いんだろうけれど、なんか、あっという間のような感じもする。

色々思い返してみたりこのブログを読み返してみると色々あったなぁと思うので、やっぱり長いのかもしれない。なんか複雑な気持ち。


さて、今回は「領事館の休館日」について。


今年2017年が平成29年だっていうことも忘れていましたが、メルボルンの領事館のお休みは以下のよう。

平成29年 休館日 週休日(土曜日・日曜日)
休館日 名称
1月26日(木) *オーストラリア・デー
3月13日(月) *レイバー・デー
4月14日(金) *グッド・フライデー
4月17日(月) *イースター・マンデー
4月25日(火) *アンザック・デー
6月12日(月) *クイーンズ・バースデー
7月17日(月) 海の日
8月11日(金) 山の日
9月29日(金) *AFLグランド・ファイナル・デー
11月7日(火) *メルボルン・カップ・デー
12月25日(月) *クリスマス・デー
12月26日(火) *ボクシング・デー
12月29日(金) 年末休暇

* 印は,ビクトリア州内における祝日


ちょっと驚いた。何に驚いたのかというと、以前は、

日本の休日/祭日に加えて、ここビクトリア州の休日/祭日も休んでいたから。

休みの二重取り、ってな感じで。

だから、例えば、5月3日にシティに行く用事ができて、ついでに領事館に行こうかなと思って行ってみたら閉まっていた、ということが実際にあった。

だから、ビクトリア州の休日/祭日がメインで日本の休日にあんまり関係なく開いているというのはいいことだなあと思った次第で。


そういえば何年か前に、領事館からサービスに関するアンケートのメールが来た時に、日本の休日で休まれると困る、と書いたことを思い出したけれど、こういう意見が反映されたのかどうかはよくわからないが。


ここに来た10年前の2007年のものは見つからなかったけれど、6年前の休館日一覧を見つけたので、ここに貼っておく。


平成23年(2011年)休館日

  1月 1日(土)元日

  1月 3日(月)年始休暇
* 1月 26日(水)オーストラリア・デー
  2月 11日(金)建国記念日
* 3月 14日(月)レイバー・デー
* 4月 22日(金)グッド・フライデー
* 4月 25日(月)イースター・マンデー
* 4月 26日(火)アンザック・デーの振替休日
  5月 3日(火)憲法記念日
* 6月13日(月)クイーンズ・バースデー
  9月19日(月)敬老の日
 10月10日(月)体育の日
*11月 1日(火)メルボルン・カップ・デー
 12月23日(金)天皇誕生日
*12月27日(火)クリスマス・デーの振替休日
 12月29日(木)年末休暇
 12月30日(金)年末休暇


[PR]
by yellow-bus | 2017-06-26 14:17 | Melbourne生活 | Trackback | Comments(0)

学校に文句

昨日から娘さんの学校が再開し、また通常通りの生活に戻りました。
2週間の休み(秋休み?)に入る前の、学期の最後の週は、3泊4日でスクールキャンプへ。クタクタになって金曜日の午後に帰ってきて、そのまま2週間の休みに入りました。

私は気がつかなかったのですが、学校から、その金曜の朝にメールが来ていました。
私が気ついたのは、4〜5日経ってからのこと(汗)。
その内容は、
「休み明けに英語のテストをするので、休み中に勉強するようにして下さい。」というもの。
で、肝心の娘さんに聞いてみると、テキストは学校に置いて来たのだそうで。休み中にやらなきゃいけない宿題はとっくに終えていたので、休み中には必要ないと思っていたから、とのこと。ごもっとも。
じゃ、キャンプから帰って来るバスの中とか、学校に到着して解散する前に学校のロッカーを見るように、なんて話はあったのかと聞いてみるも、もちろんそんなことは無し。

ということは、休み明けにいきなりテストになって、生徒や親から文句を言われるのを封じるため、「ほら、休み前にお知らせしてあったでしょ。」的な、自己弁護のためのメールと判断しました。

でも、これって、要は、英語の先生がキャンプ前の最後の授業の時に言い忘れていたことをはっきりさせることにしかならないのじゃないか、と。自己弁護よりも、酷いのじゃないのかな、と思いました。

ということで、文句のメールを書きました。
あんまりうるさい親だと思われても困るし、どうしようか考えた挙句、
「メールはありがたいのですが、こういったお知らせは、もっと前もってメールして下さい。そうじゃないとフォローできません。」
ということを、やんわりと伝えました。子どものテストの結果が悪かったら考慮してくれ、とか、先生が忘れていたのが一番悪いんでしょ、とか、そういうことは思ってもいないので言ってません。

昨夜、早速持って帰って来たテキストを開いて勉強していました。なんか、半分くらいはもうやってあったとのこと。そして、テストは来週の水曜日らしい。あと1週間はあるので、なんとかなるでしょ。
[PR]
by yellow-bus | 2017-04-19 12:43 | Melbourne生活 | Trackback | Comments(0)

友達申請

どうしようか、ちょっと悩んだここ数日。
何かと言えば、フェイスブックの友達申請。
同じ職場の人からの友達申請が、なぜか今頃、一緒に働いて4年近くになり、しかもここ数年、ろくに口も聞いていない(というか、私のことをほぼ無視している)という関係なのに、何をいまさら、という感じで申請がやって来た。

無視し続けるのも大人げない、と思い、申請が来てから数日の間を置いて、承認した。
なんで今頃なのか。非常に謎。

承認したところで、これに関する話などをするつもりもないだろうし(実際、昨日はそんな話は無いどころか、なんの話もしていない)。第一、なんで無視している人のところに申請をするのか、本当に謎。

私の連絡先なんて知らないはずだから、フェイスブックの機能の一つにある、リンクした連絡先から勝手に友達申請するという事でもない、はず。

実はこの友達申請の直前に、同じ職場で働いている別の人からの申請があったので、それはすぐに承認したけれど、この人とすでに繋がっているからって、私のところに友達申請が自動的に送られて来る、なんて機能は聞いたことがない。どうなんだろう。。。


フェイスブックって、便利だけれど、やっぱり面倒なことが多い。
友達が誰のどんな記事に「いいね」したか、なんて興味がないけれど、どんどんとアップされるし、逆に、自分が「いいね」した記事が、今回のように特に知られたくもない人に知られるというのも、なんか、よく考えると、気持ちが悪い。
となると、記事の読み捨て、ということが増えていくんだろうな、なんて思う。
[PR]
by yellow-bus | 2017-04-18 20:53 | Melbourne生活 | Trackback | Comments(0)

なんでも直してみる その2

テントのポール修理の次は、トイレの水漏れ修理
この家に引っ越してきて以来、3つあるトイレのうちの1つが水漏れしていて使えない状態でした。1つは最近直したようで、割と新しいトイレがついていました。そしてもう1つは、引っ越してきてすぐに、水道会社に頼んで直してもらいました。その時(約8年前)は、メルボルンは深刻な水不足で、節水型のトイレに交換するなら工事・設置費用の半額を負担します、みたいなキャンペーンをやっていました。それで頼んだので、結構割安で新しいトイレに交換できました。で、残るは1つ。ま、普段は使わないから、ということで放っておいたのですが、今年後半に日本からお客さんが来るので、それまでに直してみようか、と思い腰を上げてみました。

汚水が漏れているわけではなく、水のたまるタンクと便器の間にあるゴムが劣化して亀裂があり、そこから漏れているのを再度確認し、さて作業開始。ずっと水の元栓は切ってあったのでタンクは空っぽなので、まずは水のタンクを外し、タンクと便器をつなげているパイプを緩めます。
で、ゴムを取り外し、近所のバニングスへ。ゴムはこんな感じ。
e0026873_15295402.png
これは、たったの$3.50。これを買って家に戻ります。
で、外したところにはめて、全てを元どおりにします。
試しに水を流したらちょっと水が漏れたりして何度かやり直しましたが、やっと直りました。

なんでもやってみるものですねー。日本だったら頼んじゃった方が安いけど、こちらでプラマー(水道屋さん)を頼むと、だいたい$200くらいから$500かかりますから。前にシャワーのちょっとした水漏れを直してもらった時には$180!トイレのつまりは$495!!かかりましたから(つまりの時は保険でカバーされたのでよかったけど、それでも高額すぎる。。。)



[PR]
by yellow-bus | 2017-03-29 15:39 | Melbourne生活 | Trackback | Comments(0)

なんでも直してみる その1

e0026873_12092395.jpg

これはテントのポール。9本のうち1本が折れてしまったので、修理中の写真です。

ユーチューブ先生で直し方を検索し、ビデオを見てみるも、いたって簡単(そうに見える)。正味3分程度のビデオ。ポールの中にゴムを通すだけ。たったそれだけ。


で、いざやってみると、これがちっとも簡単じゃない。

まず、ポールの中にゴムが入らない。針金じゃないんだから、まっすぐにゴムが入って行くわけがないのであります。どうすればいいのさ。。。「ゴム通し」のような器具があるわけでもなく、はてどうしたものか。


最初、このアルミのついている方からやってみたけれど、ちっともダメ。

散々やってみてダメだったので、反対の方からやってみたら、これがなんとかうまくいった!


でも、端っこの1本は、両端にこのアルミがついているために、ポールの穴が見えないから、またまた大苦戦。


長い針金を使ってみたり、細長い工具を使ってみたけれど、ちっともうまくいかない。


最後の手段として、針と糸を用意してみました。


ポールをまっすぐに立てて、その中に針を通してみると、するすると針と糸が通って行きます。で、通り抜けたところで、ゴムの端っこを結構きつめに縫い付け(そうじゃないと、糸が切れたりする)て、そしてその糸を慎重に引っ張ります。


するとどうでしょう。できました!

ここまで苦節3時間。。。

e0026873_19523383.png

買えばこんなものなんですけれど、予備があったので、なんとか自分で修理して安くあげました。


で、この修理は去年の4月にやったもの。今更ながらにブログに上げています(汗)。というのも、最近、お友達のテントのポールを修理しましたが、この手順をブログに書いておかなかったために、本当に大苦戦しました。もう汗だくでした。去年のうちに書いておけばよかった、と後悔したので、今更ですが、書きました。もしかしたら、困っている人も他にいるかもしれないので、もしお役に立てれば嬉しいです。





[PR]
by yellow-bus | 2017-03-14 12:08 | Melbourne生活 | Trackback | Comments(0)


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

最新のコメント

>greenstoneさ..
by yellow-bus at 08:52
娘さん、すごいですね。 ..
by greenstone at 22:39
コメントありがとうござい..
by yellow-bus at 20:09
こんにちは。最近エキサイ..
by onetspofoz at 10:29
> yumi_in_Au..
by yellow-bus at 18:30
本当にありがとうございま..
by yumi_in_Australia at 16:53
>momochimelb..
by yellow-bus at 20:53
こんにちは。初めてコメン..
by momochimelb at 07:44
>masarikocさん..
by yellow-bus at 18:18
お久し振りです。お久し振..
by masarikoc at 13:00

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(761)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(41)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧