何で電気が止められたのか

それは、1本の電話から始まりました。
先週の木曜日10日午後6時過ぎ。仕事中だった私の携帯に、めずらしく奥様より電話が入りました。
「なんか、電気が来ていないみたいなんだけど。」
電気の請求書よりカスタマーサポートに電話するも午後6時までとのことで、誰とも話せず。
電気の供給元であるCitypowerに電話してみるも、「プロバイダー(この場合、私らが契約している電気会社)が止めているから、こっちでも何にもできないよ。何なら、今すぐつないでくれる別のプロバイダーを教えようか。」と言われてしまう始末。

はて...一体?電気の請求は締め切りまでに必ず払っているので、未払いのために止められることは絶対にないのだけれど。

で、先日、ネットで申し込んだ「引越しの連絡」を奥様に確認してもらうと(運良くメールをプリントしておいてくれました)、
旧住所の退去日=解約日 12月21日 (引越し日17日までは現住所になる)
新住所の入居日=契約日 12月 9日
となっていて、メールできちんとコンファームもされています。
もしや、「新住所の入居日=契約日=旧住所の退去日=解約日=12月9日」に、勝手にしたんじゃないのか、との疑惑が。
仕方ないので、奥様と娘さんには新住所にお風呂に入り行ってもらい、私は仕事場でシャワーを浴びてから帰ることにして、木曜の夜は終わりました。仕事の後の冷たいワインがパァだなぁ位にしか思っていませんでした。

まさか、これがその後とんでもなく長引くことになろうとは、この時は夢にも思っておりませんでした。

翌金曜日11日朝8時きっかりに、カスタマーサポートに電話しました。
開口一番から文句を言いたくて仕方がなかったのですがじっと我慢し、オペレーターの無駄な質問(住所・氏名・誕生日などの身分確認)に答え、で、いよいよ、
「昨夜から電気が来ていないんだけど。そっちで勝手に止めたでしょう。ウチでは頼んだ覚えはないし、今すぐ復旧してもらわないと困るから、なんとかしろー!」って言いました。
そして、ネットで旧住所の退去日と新住所の入居日とそれぞれの住所も伝え、調べてもらうことに。
最初のオペレーターの対応は、「あなたが旧住所の退去日と新住所の入居日の入力を間違えたんじゃないの~?」っていう口ぶりでした。まったく(怒)。

で、私らの記録を調査してもらうこと約1分、オペレーターはさっきの態度をひるがえし、
「迷惑かけてすみませんでした。いつとは約束できませんが、今日中に復旧するよう今、予約入れましたから、少々待ってください。」と言いました。
私も、「それは当然ですが、一体なんで電気が止められたのですか?」
と食い下がって聞いてみると、一言、
「ヒューマンエラーです。」

ああ、そうだね。プログラムが勝手にウチの電気を止めるわけないものね。

で、待っていました、電気の開通を。ものすごく原始的で、メインのブレーカーをOFFにしておいて、時々ONにしてみて、電気が来ているか確認してください、だって。「開通前に電話くれ」って言っても、できない、って言われて、これしか方法はないみたいで。

で、待っていました、電気を。

お昼になりました。まだきません。

1時過ぎました。まだきません。
もう一回電話かけました。「まだ来ないんですがどうなっているんですか(怒)。」と。
この時のオペレーターさんの対応はよく、謝りつつも「今はお待ちください、優先してつなぐようにしていますから。」と丁寧な対応。最初の身分確認のやりとりもなかったし。

で、再び待っていました、電気を。
3時になりました。まだきません。
4時になりました。まだきません。
5時になりました。まだきません。カスタマーサポートは6時に閉まります。なので、本日3回目のクレームの電話。
「一体どうなっているんですか????」と。
この頃には怒りも頂点に達していたので、どんどんと質問というか文句を言いました。
「このまま待って、週末も電気が来なかったらどうするの?」
「冷凍庫の中のものもすでに解けてきた。」
「週末はおたく、営業していないんでしょ。24時間対応の緊急連絡先を教えなさい。」
「料理もできないしシャワーも浴びれないし、どうやって暮らせというの。」

当然のクレームをしていると、「その家以外に、どこか身を寄せるところはありますか?」と聞くので「ありません。ホテルに泊まったらどうするの?というか、ホテルを取らざるを得ないでしょう。」と聞きました。
先方の回答は、「リーズナブルな金額なら後日お支払いします。」
「リーズナブルって、具体的に、なんなの?5つ星でもいいわけ?」
「3人家族でしたら1泊150ドルまでです。」
ふーん、これがリーズナブルな金額なのか。
「料理も作れないし、外食せざるを得ないけれど、その費用はどうすんの?もちろん支払ってくれるんでしょう。」
「リーズナブルな金額ならお支払いします。」
「リーズナブルって、具体的に、いくらなの?」
「リーズナブルの意味ははリーズナブルです。」

そんなこんなで、電気のない週末生活が始まりました。(続けたくないけれど、続きがあります。)
[PR]
by yellow-bus | 2009-12-18 14:01 | 家 Home | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yellowbus2.exblog.jp/tb/11799313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

最新のコメント

>greenstoneさ..
by yellow-bus at 08:52
娘さん、すごいですね。 ..
by greenstone at 22:39
コメントありがとうござい..
by yellow-bus at 20:09
こんにちは。最近エキサイ..
by onetspofoz at 10:29
> yumi_in_Au..
by yellow-bus at 18:30
本当にありがとうございま..
by yumi_in_Australia at 16:53
>momochimelb..
by yellow-bus at 20:53
こんにちは。初めてコメン..
by momochimelb at 07:44
>masarikocさん..
by yellow-bus at 18:18
お久し振りです。お久し振..
by masarikoc at 13:00

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(766)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(42)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧