人気ブログランキング |

親の務めとは

昨日のできごと。
とあるお客さんが上の階の宿泊客についてちょっとしたクレームを言ってきました。
「上の階に子どもが泊まっているんじゃない?朝6時頃から飛んだりはねたり、ドンドンと音がするのよね。私にも子どもがいたから分かるんだけど、でも、ちょっとウルサいのよね。」と。雰囲気からは怒っている訳じゃないので、そんなに面倒でもないクレームですが、対応せねばならないのはどんなクレームでも同じなので、その直上階の宿泊客にこういったクレームが来ていることを話すことにしました。

で、それを聞いた上の階の客は、
「そのお客さんはあと何泊なの?じゃあ、私よりも短いんだから、そっちの部屋を変えて。3歳の子に何言ったって分からないんだから、もし何か言ってきたら、そうして。」と、のたまいました。

ワタシが直接対応した訳じゃなく、それらの一部始終を見ていたのですが、あっけにとられました。
確かに、長期滞在の客の部屋よりも短い方を変える方が理にかなっていると言えば、理にかなっています。が、そんなことを言う前にさ、
   自分の子どもに注意はしないのか?!
という、親としての務めはどうなっているのだろうか、と。ワタシならまず子どもに注意するけど。3歳だって、話せば分かるし。それでも繰り返しやっちゃうのが子どもだけれど。

で、あっけにとられたもう一つの理由は、その子どもの親(=上記の発言をした人)が、
   ワタシの新上司(新しくシドニーからやってきたゼネラルマネージャー)だ、ってこと。
ま、仕事上で直接的に関わることは何にもないんだけど、ちょっと人間性を疑っちゃうっていうか、信じられないというか...。

でも、こういう親は結構いるみたいです、この国には。もしかしたら、こういう考え方の方が一般的なのかもしれない、などと思ったりすることもしばしばです。自分の子どもを叱る前に他人を責める、みたいな。だから”自分中心”人間が増えるんじゃないのかなー、なんて思ったりして。
by yellow-bus | 2012-04-20 15:57 | JOB


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2019年 03月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(767)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(42)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧