人気ブログランキング |

講演会から帰ってきて

講演会は、とても面白かったです。新しい”気づき”もあったし、自分がおぼろげながら思っていたことが正しいことなのかどうなのか、ある程度、分かることもできたので。
ただ、いろいろと考えさせられました...。

新自由主義経済の下では、移民であろうと現地民であろうと、競争を強いられ、極端に言えば、競争に勝たないと生きていけない。
オーストラリアへの移住を考えたとき、日本でのストレス社会・競争社会からの脱出について考えたことはなかっただろうか、と。

最近、ワーク・ライフ・バランスという言葉が注目を浴びてきていますが、これは、差し迫った少子化対策、女性の社会進出のための環境整備、家族のあり方といった視点から考えられるようになってきていると私は思いますが、実際はまだまだというか、全然ダメです。

子どもが産まれてから、子育てを”協力的に”というか、”積極的に・主体的に”やってきて、いかに日本の会社は残業が多いのか、身にしみて感じています。
保育園に迎えにいく時は、定時きっかりに仕事を終えないと間に合わないので、実質的に残業ができなくなった、ということや、私の給与体系が変わって、残業しても残業代が出なくなった、という事情もあって、残業をしなくなりましたが、残業しなければしないで仕事は何とかまわっていくものだ、と思いました。(それでも、月に何回かは残業しないと終わらないこともありますが。)

これだけ残業しないといけないんじゃ、そりゃ世の中、少子化にもなるわ、って思います、正直言って。
うちもごく一般的な核家族で、共働き世帯ですから、どっちかが家事育児を全部行なう、なんて無理です。でも、頑張っている方は多いですよね。

以前の新聞記事で、各国の労働時間の一覧を見たときに、オーストラリアは日本よりも長い、という事実に驚きました。コレ⇒
もちろん、これには日本のサービス残業はカウントされていないので、もしかすると、事実上は日本の方が長いのかもしれない。

イメージだけでも、オーストラリアのほうが生活しやすい、とか家族と過ごす時間が長い、という風に思い浮かべがちであり、それを求めての移住ということは、全部が全部そういう理由ではないにしろ、否定はできない。
現に、国連からの順位づけでもオーストラリアは上位に入っていますし。コレ⇒
けれど、結局のところ、新自由主義経済の世の中では、形が違っても、場所が違っても、競争は避けられないものなのだなー、って気づきました。

なかなか考えさせられます。今住んでいる日本の社会や会社にも、これから行こうと思っているオーストラリアについても。
でも、やっぱり、もうちょっとゆっくり暮らしたいな、って思います。どの国であれ。
by yellow-bus | 2006-11-13 00:11 | Australia いろいろ


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2019年 03月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(767)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(42)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧