人気ブログランキング |

<   2005年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Sunshine Coast

Brisbaneの北にSunshineCoastという、その名もズバリのキレイなビーチがあります。
その中の、Noosaというビーチが格別に良いです!
高級別荘地で、オシャレなホテルやカフェがあります。
私が行ったのは何年も前なのですが、最近またさらに素敵な街に変わったようです。先日、雑誌でみかけました。
Noosaは良いよね!って言ったら、英会話の先生がBrisbane出身で、先生も良いところだって言ってました。なんだかんだと話をしてしまい、1時間ずっとAustraliaの話をしてしまい、授業を無視してしまいました。先生ごめんなさい。
by yellow-bus | 2005-08-30 08:53 | Australiaの街

通信教育 HOTEL MANAGEMENT

わたくし、ホテルに勤めて、はや8年が経過しました。
ホテルスクールなども出ておらず、たまたま買った転職雑誌の中から応募してみたら受かったので、それ以来働いております。

永住権申請のため、IELTSを受験しなければならず、泣く泣く図書館通いを続けた昨年暮れ。

幸か不幸か、図書館通いが、私の向学心に火をつけたようで、
「せっかく、勉強するクセがついたのだから、ここで一発、通信教育をやってみよう!いずれ向こうに行くんだから、英語で仕事ができないと話にならない。」
と思い立ったのでした。

(と言いますが、だいたい、勉強するクセがつくのが遅すぎ! 学生時代にクセがついていれば、もっと違う道が開けていたかも...とは、冷静になってみてから、そして今でも思っています。)

通信教育で調べた結果、Australian Correspondence Schools という、その名もズバリの通信教育学校がホテルマネージメントコースを持っていることが分かり、早速お金を支払いました。

実際には今年の2月から始めたのですが、先週、やっと1回目のレポートを提出できました。期限が決められている訳ではないので、安心ですが、でもだらだらやっていても仕方がないですよね。

教材が送られてくるので、それに従って、メールでレポートを提出するというスタイルで、先日提出したら、翌々日には採点(添削)されて返ってきました。レポートは、日本の通信教育みたいに、穴埋め式ではなく、実際にインタビューしたり調べた内容についてレポートしないといけないので、結構面食らいました。

もし、興味のある方がいらっしゃいましたら、こちらにアクセスしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、このコースの目安は100時間で、9課目に分かれ、9つのレポート提出が義務付けられています。いつ終了できるのか... VISAがおりるのが早いか、通信教育の終了が早いか...
by yellow-bus | 2005-08-26 20:04 | JOB

VISAについて-その16

先日エージェントに出した

「VISAはどーなってんのよ!」メール に対しての回答がやってきました。

 ・需要職業リスト(MDOL)にある職業をノミネートしている場合の審査期間は約6ヶ月。
  (とはいっても、それよりも長くかかるケースももちろんあり(いや、結構あります))

 ・それ以外の職業をノミネートしている方は、相変わらず50週、と発表されている状況に変わりはない。

 ・必要書類をすべて出した場合は、あとは待つだけ。

 ・最後の書類を提出してから2ヶ月後に催促の連絡をすることは可能。が、通常、足りない書類がない場合は、「審査中です」という回答があるのみ。

 ・あまり催促をすると怒られます。

 ・様子を見て、怒られないように催促はしてみます。

ということでした。
なので、怒られないように催促してもらいたいと思います。
でも、やっぱり待つことだけが、私らが今できることのようです。 ”忍”の一字です。
by yellow-bus | 2005-08-25 00:02 | VISAって

Melbourne

今日、池袋の大きな本屋さんでMelbourneの地図を購入しました
(HEMA Maps ¥840)。
きっと、現地で買えばAU$4程度じゃないかと思うのですが、高いですね。
ま、ここ日本では需要もないし、仕方がないといえば仕方がありません。

6月にNZのAucklandに行った時に、同じような地図(ポスターぐらいの1枚の市内地図)がNZ$4だったので、これもきっとそんな値段だろうと思われます。

この地図は、表にMelbourne Suburbs、裏にMelbourne Region、それに電車の路線図も載っていて、ほしい情報はとりあえずこれで十分かな、と思います。

知人のMelbourne出身のオージーに会って、
「住むにはどこがいい地域か?」
とうちの奥様が聞いてきたので、早速、その地図で探しました。

二人とも土地カンがないので、あーだこーだ言いながら探しまして、ちょっとした宝探しみたいでした。
by yellow-bus | 2005-08-24 23:20 | Australiaの街

VISAについて-その15

毎日、2回から3回、エージェントからのメールをチェックしています。

届きません。


焦ります...


いつになるのでしょうか。


先日のJAPAN TIMESの記事によると、
「レンガ職人 ・ シェフ ・ 配管工 ・ 美容師 ・ 溶接工」が
今、特に求められているらしい。
別の日の記事では、上記以外にも
「菓子職人 ・ 会計士」 も求められているそうです。

残念ながら、私らは上記の職ではありませんが、Australia政府としては、今後進んでいく高齢化社会への対策として、またインフレを抑えるためにも、これからもSkilled Immigration(技術者移民)を奨励していく方向には変わりがない、とのこと。

現在の人口2000万人の23%がAustralia以外で生まれた人たち、だとも言われており、移民政策が重要な国家の柱であるAustralia。 早くVISAがおりないかなぁ、と心待ちにしております。

日本も ”少子高齢化” が問題になっていますが、Australiaもそれは他の先進国同様、らしい。

1961年には、女性一人当たり3.6人の子どもを出産していたけれど、最近では、1.75人にまでBirth Rateが落ちてきたとのこと。

それでも日本に比べりゃ、全然いいと思いますが、そんなAustraliaでは昨年より
”Baby Bonus” がもらえるようになったそうです。子ども1人当たり、AU$3,000です。

スローガンは、 ”one baby for your husband and one for your wife and one for the country” だそうです。
by yellow-bus | 2005-08-20 23:27 | VISAって

VISAについて-その14

2005年4月18日付で手紙がエージェントよりきました。
それは、健康診断書と無犯罪証明書の提出を求める手紙でした。
これが請求されるのは、ビザの申請段階でも最終と聞かされていたので、
「いよいよか!」
なんて、ちょっと浮き足立ってました。

その上、私個人的には、それらの書類はビザがおりた上で要求されるものだと信じておりました(←どこにもそんなことは書いておりません。ビザ申請について、知らなさすぎたのが原因と思っております)ので、早とちりしてしまいました。

無犯罪証明書を取りに、それぞれ、桜田門の警視庁へ赴き、指紋を採られてきました。
夫婦別々に行ったのですが、同じビザの申請であるので、幸いにもその書類の引き取りは別々でなく、同時に(この場合、遅くに行った奥様の日付で)引き取りができる、ということが分かり、少しだけ気が楽になりました。
なかなか、乳飲み子を抱えて東京のど真ん中に出て行くのはシンドイ、ってうちの奥様は言ってました。

そして、それと同時に、NZにも無犯罪証明書を要求する手紙を送りました。夫婦二人とも、期間は異なるものの、約1年間NZに滞在経験があり、その間の無犯罪証明書がいるとのことでした。

健康診断は、恵比寿にあるクリニックに受けに行きました。
電話で説明は受けたのですが、なかなか行きづらい場所で、駅前交番で地図をもらったにもかかわらず、ちょっと迷ってしまいました。

健康診断は問題なく、生後半年未満の娘の分も無事に済み、保険のきかない分高い費用を払って帰ってきました。

診断結果は、クリニックから直接Adelaid Skilled Processing Center(ASPC)に送られ、その後、Health Assessment Service(HSA)に送られます。HSAから最終的に結果がASPCに届くまでに1ヶ月ほどかかるらしいです。

この提出期限が2005年6月22日となっているので、もちろん、それよりも先に提出しました(5月半ば)が、なかなか審査は進んでいないようです。エージェントからは、内容に問題がなければ、1・2ヶ月で連絡があるでしょう、と言われています。

しかし、どうなっているのでしょうか。未だに連絡は来ないです。

もし、VISAがおりたら、健康診断を受けた日から1年以内にVISAの発給を受ける必要がある、と聞いています。こうなってくると、オーストラリア入国までの時間的余裕がどんどん失われていってしまいます。

毎日、エージェントからのメールを首を長くして待っているところです。
by yellow-bus | 2005-08-18 00:12 | VISAって

ディジュリデュウ

ディジュリデュウ、というモノ。
最初、この名前を聞いたのは、初めてオーストラリアを旅行したとき。
同じバスに乗っていたイギリス人の女性と明日の予定について話をしていて、
「Did you do?」
って言っているように聞こえた。
「えっ?”Did you do? ”を作るって言っていたように聞こえたが...」
まだ、英語に慣れていないから聞き取れなかったんだ、なんて勝手に思ってました。

そしたら、翌日、その彼女が、紙に包んだ、長さ1mちょっとある、棒状のものを持って帰ってきました。

それは、アボリジニの人々の楽器で、言ってみれば、長い尺八のようなもの。
これが、”ディジュリデュウ”というものでした。

そのあと、数年後にオーストラリアに行ったときに、帰りのシドニー空港で買ってしまいました。吹き方の本をお店の人がプレゼントしてくれたのですが、うまく吹けません。
それ以来、家の”お飾り”になっています。

2年前に、ホームステイしていた高校生にお願いしたら、吹いてくれました。
「口の形がヘンだから、見ないで!」って言って恥ずかしがってましたが、吹いてくれました。
結構、味のあるいい音でした。
by yellow-bus | 2005-08-13 23:46 | 雑記

VISAについて-その13

さて、2005年に入って早々にエージェントから連絡がありました。
昨年2004年11月に申請を出していた職業判定機関より、思ったよりも早く認可の連絡があり、Secondary School Teacherとして認可された、とのこと。
昨年暮れに子どもを出産し、喜んでいたところに、さらなるおめでたい連絡が!

しかし、この後には、エージェントへの支払い(移民局への審査料AU$1,845を含む)がやってきます。出産費用+入院費+その他もろもろ...も支払いつつ。なかなか人生は厳しいです。

そして、追加の書類としては、
申請フォーム(Form47SK・Form80・Form1190)
戸籍謄本(Family Register)
パスポートサイズの写真4枚
パスポートコピー
が必要になります。学位証明書・成績証明書・資格証明書はすでに職業判定機関NOOSRへの申請の際に提出しているので今回はなしです。

それにしても、翻訳料はバカになりません。オーストラリア国家資格NAATI有資格者の翻訳が必要になるので、エージェントに頼みましたが、私らのように、申請前と申請中に家族構成が変わった場合はもう一度提出し、それも翻訳しなくてはなりません。

そして、2005/1/25に申請しました。それから、翌々日の1/27に、移民局より、申請受理の連絡が入りました。

ここまでくれば、とりあえず、もうやることはありません。果報は寝て待て、だといいのですが...
by yellow-bus | 2005-08-11 23:27 | VISAって

Australiaの街のどこか

オーストラリア政府観光局の公式Webサイトの中の、My Style Australiaという会員向けページに、
「オーストラリアの都市ごとの特徴について」
ということでBBSでいろいろな方々にご意見を伺ったことがあります。(あ、今もそのテーマは消えていないので、生きております。よかったら何か書き込みをお願いします)

今オーストラリアにいる方や、かつて滞在していたことのある方々などからたくさんのご意見・経験談をいただきました。

長期の滞在経験がなく、ツテもない私らにとって、如何にして住む街を探すのか、これはなかなか難しいですね。

最後は、“勘”かなぁ、なんて思ったりもしますが、情報集めはこまめにしないといけないと思ってます。そういうこともあって、ブログを始めてみました。

ある日、図書館で「地○の歩き方」を借りてきました。東海岸とオーストラリア全体とに分かれています。全体の方は厚いし重たいしで、まずは東海岸編を借りました。

これがまた、情報の薄いこと。バックパッカー向けの情報はほとんどないと言っても言い過ぎではないと思います。ハイクラスのホテルやレストランについての情報はあるけれど。

その後、オーストラリア全体の方を借りましたが、こちらは交通情報やバックパッカー向けの宿なども載っていて、この本を地域毎に分割して出版してもらえたらなぁ、なんて思いました。
by yellow-bus | 2005-08-08 08:28 | Australiaの街

VISAについて‐その12

今までの経過をざっとまとめるとこんな感じです。

2002/11月    エージェントの無料カウンセリング
2003/1~3月   IELTS対策コース受講(英会話学校)
2003/ 3/16  第一回目IELTS受験(二人とも)
2003/ 8/24  第二回目IELTS受験(奥様のみ)
2004/ 8/24  第三回目IELTS受験(奥様のみ)⇒見事にパス!
2004/ 9/ 8  エージェントに連絡 →いよいよVISA申請スタート
2004/11/16  NOOSR(職業認定機関)申請書提出
2004/12/ 4  第二回目IELTS受験(旦那のみ)⇒必要条件クリア
2005/ 1/ 4  NOOSRよりSecondary School Teacherとして認定
2005/ 1/25  移民局へ申請
2005/ 4/18  追加書類(無犯罪証明書・健康診断受診・追加Form1022)の連絡あり
------------------------------------
(追加)
2005/ 9/ 1  VISA認可

だいたい、こんな感じです。
つらつらと思い出しながらブログに書いていると結構時間がかかっているなぁ、って思いますが、こうやって日付と要点だけまとめちゃうと、何だか、あっさりしたものですね。

(最初の記事は2005/8/7に書かれていますが、「VISA認可」を後ほど追加しました。)
by yellow-bus | 2005-08-07 10:56 | VISAって


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2019年 03月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(767)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(42)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧