人気ブログランキング |

<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

オーストラリア予防接種ネットワーク

予防接種について、その2.
Australian Vaccination Network
という団体があります。このサイトでは、予防接種一つ一つの効果や副作用について、細かく情報が提供されています。

そこでちょっと驚いたのが、副作用についての記事のこと。写真つきで、しかも親が丁寧に手記を寄せている、ということ。もちろん、「この予防接種を受けなきゃ、うちの子どもはこんなにはならなかった!」という親の悲しい思いも中には込められています。読んでいると、結構せつなくなります。

日本だったら、きっと、こういった情報は避けられるだろうなぁと思いました。「こんな健康被害があるくらいなら、受けさせない」って考える人が出てくるのを避けるために。しかし、副作用はごく一部であって、予防接種がいかに大事であるかを知らせるためにも必要な、とても大事な情報公開だと思いました。
by yellow-bus | 2005-11-30 23:53 | Australia いろいろ

予防接種 Immunization

この間、うちの子どものポリオの集団接種に行ってきました。そこで、
「オーストラリアの場合は...?」とちょっと思いましたので、調べてみました。

まず、日本の場合、1歳までに以下のものを接種することが推奨されています。
 三種混合ジフテリア・ 百日咳・ 破傷風
 BCG
 ポリオ(急性灰白髄炎(小児マヒ))
そして、1歳になったらすぐに
 はしか(麻しん)
を受けないといけません。

その後も、
 三日はしか(風しん)
 日本脳炎
 (←最近、問題が発覚し、今のところ見送られています)
そして、この時期には インフルエンザ も薦められています。

こうしてみると、幼児は”ワクチン漬け”です。しかし、とても大事なことなので、順番に受けるようにしています。
これらは公費負担なので費用は発生しませんが、それ以外にも(おたふく風邪やみずぼうそう等)自費での接種も薦められています。個人的には、昔はみんな病気にかかっていたし、病気にかかった方がいいのではないか、と思っていましたが、今は公衆衛生上、予防接種はある種、義務です。特に、はしかは欧米では予防接種のおかげでほとんど発症していないらしく、日本の感染者数が異常に多いそうです。

ところが、そううまくいかないのが「子ども」というもの。受けさせるために、会社も休んだけれど突然熱が出たりして、数ヵ月越しで立てた予防接種計画なんて、あっという間に吹っ飛んじゃいます(涙)。

さて、オーストラリアの話。オーストラリアでも、たくさん”打ちます”。
新生児で、B型肝炎 Hepatitis B
2ヶ月児で、4種混合B型肝炎 Hepatitis B・ジフテリア Diphtheria・破傷風Tetanus・百日咳Pertussis(Whooping Cough))に、ポリオ(Polio)、インフルエンザB(Haemophilus Influenzae B)、肺炎球菌(Pneumococcus)
4ヶ月児でも2ヶ月児同様!
6ヶ月児はインフルエンザB以外全部!
1歳児は、はしか(Measles)、おたふく風邪(Mumps)、風しん(Rubella)、インフルエンザB髄膜炎(Meningococcal)
と、こんなにあります。日本の比じゃありません。

うちの子どもにも頑張ってもらいましょう...
by yellow-bus | 2005-11-29 23:59 | Australia いろいろ

What to do soon after arrival

以前、
 ”DIMIAの「Life in Australia」   http://www.immi.gov.au/settle
 で、Victoria州の分を印刷したら、A4で 64枚 も出てきて、ビックリした。 ”
と書きました。今、暇を見つけては読んでいます。

結構、面白いことも書いてあります。もちろん、当たり前なことも書いてあります。

例えば、「5 Australian customs and law」の中の Polite behaviour では、

Australians usually say "please" when asking for something or for a service and usually say "thank you" when someone helps them or gives them something. Not saying "please" and "thank you" will be seen as impolite.
 
とあります。オーストラリアだけのことではなく、とても当たり前なことなんですが、忘れないように、ぞんざいな態度はとらない様にしたいと思います。

また、同じ「customs and law」 の中の Common Australian expressions では、

・Bring a plate   ・BYO   ・Fortnight

についての説明がされています。なるほど。

さて、真っ先にやらねばならないのが「1 What to do soon after arrival」として、まず8項目挙げられています。
A: Apply for a Tax File Number
B: Register with Medicare
C: Open a bank account
D: Register with Centrelink
E: Contact the Health Undertaking Service
F: Register for English classes
G: Enrol your children in school
H: Apply for a dreiver's licence

DO THIS FIRST. として、Tax File Numberを申し込みなさい、とあります。これにしたがって、向こうへ行った際には、真っ先にやることにします。
by yellow-bus | 2005-11-24 23:18 | Australia いろいろ

デモ

今さらながら、1週間前のJapanTimesを読んでいました、さっき。
もちろん、Asia-Pacific欄です。

そしたら、11/15(火)オーストラリアで史上最大規模のデモがあったとのこと。ハワード首相の提案するlabour reforms(労使関係の見直し法案)に対する反対集会のようでした。

もちろん、首相は「新規雇用の創出と景気上昇のため」と言っているようですが、
「賃金・休日・ボーナス・手当てのカット」と「労働組合の力を弱める」ことにしかならない、と反対している人は多いようです。

Sydneyでは4万人以上、Melbourneでは15万人以上が参加したそうで、オーストラリア全土では50万人が参加した、と労働組合側は発表しています。相当大きな集会だったのではないでしょうか。私自身、東京ではそんな大きな集会は見たことはありませんし、参加したこともありません。

この記事の中で、”rally” という単語がよく出てきます。自動車のラリー?じゃないのはもちろんで、辞書をひいたら「集会・(~に反対して)集まる」という意味があるそうです。
by yellow-bus | 2005-11-23 16:30 | Australia いろいろ

ブログについて

このブログを始めてから、4ヶ月くらい経ちました。
その頃、ちょうどVISA申請中でなかなか進まなかった(移民局から連絡がなかった)ので、
 ”何か情報を探る方法はないものか?”
と始めてみました。

 ”ブログってどうなの~?”
っていう、うちの奥様の声もありましたが、今のところ、いろいろな方が同じようにオーストラリアへの永住権申請を計画しているのを知ることができたり、また実際同じように申請中の方がいたり、
 ”世の中には結構いるんだなぁ。”
と感心するやらビックリするやら。

自分たちが頼んでいたエージェントには感謝しているし、エージェントに対して不信感を持ったことはなかったのですが、”連絡がない”っていうことは申請前から充分分かっていても、結構心配になりました。だから、自分たちでいろいろと情報を集めることができて、良かったなあと思います。これからも情報収集の重要な手段として活用していきたいと思います。

ネット上のつながりだったのですが、実際にオフ会にも生まれて初めて参加させてもらって、いろいろと話をさせてもらったりして、とても興味深かったです。
by yellow-bus | 2005-11-22 15:40 | 雑記

英語の独りよがり

仕事柄、いろいろな方に接客します。大体みなさん、とってもいい方たちなのですが、ごくごくまれにビックリするくらい ”嫌な” 方がいます。(これは、国籍には関係ないのですが...)

英語のメールの返信を一手に引き受けています。ある日、「京都の宿がどうしても取れないから手伝ってもらえないか」という内容のメールが来ました。京都に1週間ほど滞在の後、うちのホテルに来るのですが、私がネットで検索しても、どのホテルも満室で取れませんでした。
何日にもわたって、いろいろとサイトを調べて、そのアドレスをメールで送ったり、ホテルのアドレスをメールしたりと数回お手伝いしました。「情けは人のためならず」だし、日本を良く思ってもらいたい、とも常に思って仕事をしています。

そして、その方がやってきました。やり取りしていたことをちょっと忘れていたので、フロントに疲れた顔して現れて私の名前を言い、一瞬「だれ?」って思いましたが、すぐに思い出しました。そして、そこからが凄かった...

延々、30分以上にわたって ”愚痴” です。しかも英語で(当たり前ですが)。
簡単に要約すると(要約する必要ないけど)...
 ・京都で泊まったホテルが高すぎる
 ・実際、京都に行ってみたらホテルは満室ではなかった
 ・物価が高い
 ・英語が通じない
 ・成田空港行きのシャトルバスがないのはおかしい ...
もう書ききれないくらい、ずっと愚痴っていました。こちらとしても、愚痴を止める方法がなくしゃべらせるしかないので、相槌打ったり、ちょっと意見を言ったりしていました。

そのうち、部屋に上がると言ったので、普段はしないのですが、荷物を持ってあげました。で、部屋についてから、また30分、 ”愚痴” です。
まったく、私ないしうちのホテル関係のないことについて、延々と愚痴っています。
 ・物価が高すぎる(いろいろな例を持ち出してグチる)
 ・英語での情報がないから、どうすりゃいいのか
 ・日本人は英語をなぜしゃべらない(理解しない)のか
 ・成田空港行きのシャトルバスがないのはおかしい
 ・日本政府は外国人に日本に来てもらいたくないとしか言いようがない
 ・京都の街並みが西洋建築に侵されている ...
もう書ききれません。(ほんと、親切にして損した気分です。)

で、ここで私が カチン ときたのが、「日本人はなぜ英語をしゃべらないのか、理解しないのか。タイもベトナムもみんな英語を話していた」と執拗に何回も言われたこと。日本に来たんだから、日本語の社会にいるんだから、英語が通じなくて当然だし、なんで他の国と比較されなきゃならないのか。

この時、この人が「英語が通じて当たり前・話せない人はこの世に存在しない」って思っていることが分かりました。

たまたまこんな人に当たってしまったのですが、この人の国を嫌いになりました。(その人の国の政策は個人的にはずっと前から嫌いなのですが)
もちろん、たまたまこの人だけの暴論だと分かっているし、その人と同じ国の友人も何人もいるんですが...なぜこうも、独りよがりなんでしょうか?

その後、ちょっと落ち着いてから考えたのですが、
いざオーストラリアに行って、「英語が通じないわけがない」って思っている人に当たったら...きっとちょっと落ち込むかも、って思いました。「移民で来たのに、英語もしゃべれないの?」みたいな態度に。考えすぎだとは思うし、その人は本当におかしな人だから気にしなくも、とは思うのですが、ま、世の中いろんな人がいるので、きっとこういう人もいることでしょう。

さて、気を取り直して。その人には、その後もまた部屋に呼ばれて、30分もまたまた愚痴です。カチンときていたのですが、ここは仕事なので、怒らせない程度に言い返したりしましたが、なかなか難しいですね。
いい英語の勉強になったと思いました。冷静に、相手の言っていることに反論するのに、ちょうど良い丁寧な言い方を考えたりしました。終わってから「ああ言えばよかった、こう言ってやりたかった」とかいろいろ思ったのですが、これにめげずに英語の勉強を続けたいと思います。
by yellow-bus | 2005-11-14 13:54 | JOB

Melbourneのトラム

来年早々にMelbourneに行くので、トラムの乗り方を調べていました。

http://www.metlinkmelbourne.com.au
ここにアクセスして、いろいろ読んでいたのですが、面倒になって、プリントアウトして読もうと思い、「Victorian Fares and Ticketing Manual」なるものを何にも考えずに印刷したら、

なんと、 A4で  135枚  も印刷されてしまった。

よかった、会社で印刷して...(会社の皆さん、すいません)
さすが、マニュアルとあるように、ありとあらゆることが載っていて、きっと、必要なのは最初の数ページだと思います。

前にも、DIMIAの「Life in Australia」   http://www.immi.gov.au/settle
で、Victoria州の分を印刷したら、A4で 64枚 も出てきて、ビックリした。(まだ読んでいないのですが)

家のメモ用紙が増えるばっかりです、これでは。資源の無駄使いにならないようにしないといけません。反省。
by yellow-bus | 2005-11-07 23:00 | Australia いろいろ

献血 

いきなりですが、私、献血が大好きなのです。
ある意味、”マニア”かもしれません。 と言いながらも、次回の献血可能日が待ち遠しい、っていうほどではなく、たまたま、昼間に献血ルームとかがある場所にいたら、献血する、っていう程度なのですが...(となると、”献血マニア”という言葉は、誇大広告ですね。)

先日、池袋をぶらぶらしていて、時間もあったので久しぶりに献血してみました。数えてみたら、前回から半年もご無沙汰しておりました。

最近は、外国に行ったら帰国してから4週間経たないと献血できない、というルールがあり、6月にNZに行ったので、献血できるのは7月以降ということになっていました。が、なかなか昼間にチャンスがなく、しばらく忘れておりました。

ジュース飲み放題&お菓子食べ放題(←ちょっと言い過ぎかもしれない)、これが私の献血を好きな理由のひとつです。 (余談:この間行った池袋には、先日日本一になったプロ野球チームのハンバーガーが食べられるようになっていて、結構ビックリした。)

そこで、ふと思ったのは、「オーストラリアでもできるのかな?」ということ。

インターネットで調べてみたけど、できそうともできないとも書いていない。国によっては、外国人はお断り、というところもあるし、私が見た中では、オーストリアとブータンと中国での外国人の献血に関する記事があった。

果たして、オーストラリアはどうなのか。 これからちょっと調べて、また載せたいと思います。
by yellow-bus | 2005-11-06 21:58 | 雑記


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

リンク

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2019年 03月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(767)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(42)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧