人気ブログランキング |

<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

命日

今日は祖母の命日。
数日前に急に思い出し、今日の昼休み中にお墓参りに行ってきました。
幸いにもうちのお墓は、今の勤務地のすぐ近く。自転車で5分もかからないところにあります。
だから、というのも変ですが、近いとかえって足が遠のいてしまって、なかなか行けませんでした。それは、いけないことですね。

途中でお花を買えず、お寺でお線香を買えばいいや、と思っていたら、お寺には誰もおらず。恥ずかしながら、全くの手ぶらでお墓参りに行ってしまいました。

きっと、祖母の命日にお墓参りをするのも、これが最後。
実家に帰るたびに仏壇にお線香をあげているけど、これからあげる機会は少なくなる一方だな、と思うと、とても残念に思いました。

なんだかすっかり寂しい気持ちになってしまいました。

でも、今回は、祖母と祖父にオーストラリアに行くことをきちんと報告できたので、自分としては”よし”とします。
祖母と祖父はきっと見ていてくれると思います。どんなに遠くに離れていても。
オーストラリアに行っても、命日にはお水とお花と大好きないちじくをあげることを忘れないようにしないと、いけません。祖父には、お酒もね。
by yellow-bus | 2006-11-28 23:59 | 雑記

で、いつ言うの??

で、こんなこと(↓『案外、小心者』)を書いていたら、carparkeeさんに、
「いつ辞めるって言うの?」
と聞かれました。なるほど、いい質問です。

もちろん、来年、できれば年明けすぐ、に言うつもりでいました。元々、
「辞める半年前には言おう!」と決めていましたので。

が、この予算編成は、例年のごとく、なぜか年を越してしまうのです。
そうなると、来年の予算編成が議題となる1月の取締役会議にも出席しなければならないので、年明けすぐには言えなくなりました。

取締役たちのいる本社の人たちって、かなり詮索好きで、個人的にも(色々な面において)好きじゃないので、その会議前に言ってしまうと、取締役会でも根掘り葉掘り聞かれることは、容易に想像できます。だからそれだけは避けたい、と思っています。

オープン以来、自分で言うのもなんですが、このホテルの重要な部分を担ってきましたので、たくさんの業務をワタシ一人で抱えているのも事実です。
だから、ワタシが抜けるととても大変なことになるのは、これも容易に想像できるというか、周知の事実。
なので、業務がきちんと回るかどうか心配だから、という親(会社)心は理解できます。でも、だからといって、本社の人たちの詮索好きという性格がある以上、また過去の経験から、彼らに対して良い印象を持っていませんので、取締役会議に出た後で、できる限り関わりを持たなくて済むようにしたい、と思っています。

だから、出発の予定が6月下旬とほぼ決まったにもかかわらず、その半年前に言えなくなってしまったことは、みんなに申し訳ないなーと思います。
でも、残りの日数も以前と変わらず楽しく働きたいと思っているので、こればっかりは許してください。
だから、最後の会議では、できる限り現実的な予算にできるようにして、みんなには来年のボーナスも期待できるようにしたいと思います。

さてさて、どういったタイミングで言いましょうか...。
考えると面倒でもあり、でもちょっと楽しくなってきました。
by yellow-bus | 2006-11-27 15:06 | JOB

案外、小心者

前回、『言っちゃいたいなぁ~』でも書いたことの焼き直しなのですが、
やっぱり早く言ってしまいたい!「辞めます」って

年末が迫ってくると、来年の予算編成について考えねばなりません。
おかげさまで、今年は売上が好調なので、来年は結構高めの予算を考えねばなりません。でも、その予算を考える人間=ワタシは、来年の中頃にはいなくなります。
もしその予算を達成できなければ、最悪の事態として、ボーナスのカットだってありえます。

そんな責任は負えないです...。

来年の予算編成に絡んで、先日は、大手旅行代理店向けの料金設定にも首を突っ込まざるを得なくなりました。これも、失敗すれば来年の成績に大きく響きます。
(でも、もう提出してしまいました。)

その責任も負えないです...。
次から次へと来年のことに巻き込まれていきます、当然ながら。

話はちょっとそれますが。
先日、(私が一度もお会いしていない)お客様からクレームをホテル宛に頂き、私がお詫び状を書きました。
相手が怒っている点は、部屋の額縁にホコリがあったこと!
残念ながら、そのお客様を全然知らないし何故そんなに怒っているのか理解に苦しみながらも、もっともらしく丁寧な言葉でお詫び状を作成しました。
もう一人の支配人には、「よく書けるよねー、そんなウソ(笑)。」などと言われながら、
「我ながらなかなかよくできたなー。ウソではないけれど、これなら納得してもらえるだろう。」なんて、自分のことながら「あっぱれペテン師文章の達人」、なんて思ってました(笑)。

ツラの皮が厚いのかもしれませんが、そんなことは実は、お安いご用であって、それくらいの責任は持てます。
が、私がいなくなった後のことまではやっぱり責任が持てず、最近は、ちょっと気を揉みます。
なので、早く言ってしまいたい、と思う今日この頃です。
案外、小心者なのかも、と柄(がら)にもないことを思ったりします。

(追) 来年のボーナスのことまでは責任持てませんが、今度のボーナスのみんなの査定を甘くしようかな、などとズルイことも考えてしまいます(笑)。
by yellow-bus | 2006-11-26 03:21 | JOB

マーオリ 楽園の神々

来年の2007年1月23日から3月18日まで、上野にある東京国立博物館で
『マーオリ 楽園の神々』 ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワ名品展が開催されます。
日本初の、マーオリ美術の大規模展覧会、であり
ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワとの交換展の一環、
なのだそうです。

私の勤めているホテルは上野に近いせいか、上野にある博物館・美術館の催し物案内&ポスターがよく送られてきます。
たまに招待券も入っていたりします。でも、ものすごい人気で混雑が予想されるような催し物の場合は、招待券はもらえません(例えば、ピカソ展とか)。

そんな中、先日いただいた招待券で『仏像展』を見てきました。
一堂に会する数々の仏像は、なかなか見ごたえがありました。さずがに国宝の仏像は、違いました。すごいです。
でも、正直言って、仏像はお寺で見るものだなー、って思った次第でした。

さて、その国立博物館で、今度開かれるNZの展覧会のチラシを見つけ、
是非行こう、と思っていました。
そしたら、なんと、例のごとく、チラシとポスターが数日前に届き、その中に招待券も入っていました。ラッキー。さっそく、「行きたいなー」とアピールをして、もらっちゃいました。

実は、この展覧会の関連事業として、映画『クジラの島の少女』の上映会もあります。
しかも、観覧料のみで観られる=招待券があるからタダ!なのです。
楽しみです。

(追)チラシにも ”マーオリ” と書いてあるのでそのまま書きましたが、私には ”マーオリ”よりも ”マオリ” の方が普通に感じられるのですが、本当は ”マーオリ” なのでしょうか、ね。
by yellow-bus | 2006-11-19 09:45 | NewZealand

親戚

先日、いつもとてもお世話になっている叔父さん一家に、移住の話をしてきました。電話じゃなんなので、直接会って話しました。
なんと話を切り出そうか、と考えたのですが、たわいもない世間話から、
「ビックリする話があるんだけど、...」と切り出し、
「来年、引越しします。でね...
オーストラリアに!
と言ってしまいました。

親への話とは違って、ずい分身軽なものです。
叔父さんたちもちょっとビックリしながらも、
「いいじゃない! 人生一度しかないし、やりたいことがあってもできない人が大勢いるわけだし、その中でやりたいことができるのは、幸せなことだよ。」
と言ってくれました。

以前、NZのワーキングホリデーから帰ってきてからしばらくの間、「向こうに戻りたいなー」
などと言っていたのをしっかり覚えていてくれて、「いずれはまた行くんじゃないか」と思っていた、とのこと。
「でも、結婚もし、子どももできたので、それはもう諦めたんじゃないかな、って思っていたよ」
と言われました。

「是非遊びに来てね。そのために、すいませんが、お金を貯めてくださいね(笑)。」
なんて、話しました。

いとこも、「なんか、海外に親戚がいるって、いいじゃん!」みたいなことを言ってくれて、
みんなが遊びに来てくれる日までに、頑張って生活を安定させないといけないなー、なんて思った次第でした。応援してくれる人がいるのは、心強いものですね。
by yellow-bus | 2006-11-17 00:57 | 雑記

講演会から帰ってきて

講演会は、とても面白かったです。新しい”気づき”もあったし、自分がおぼろげながら思っていたことが正しいことなのかどうなのか、ある程度、分かることもできたので。
ただ、いろいろと考えさせられました...。

新自由主義経済の下では、移民であろうと現地民であろうと、競争を強いられ、極端に言えば、競争に勝たないと生きていけない。
オーストラリアへの移住を考えたとき、日本でのストレス社会・競争社会からの脱出について考えたことはなかっただろうか、と。

最近、ワーク・ライフ・バランスという言葉が注目を浴びてきていますが、これは、差し迫った少子化対策、女性の社会進出のための環境整備、家族のあり方といった視点から考えられるようになってきていると私は思いますが、実際はまだまだというか、全然ダメです。

子どもが産まれてから、子育てを”協力的に”というか、”積極的に・主体的に”やってきて、いかに日本の会社は残業が多いのか、身にしみて感じています。
保育園に迎えにいく時は、定時きっかりに仕事を終えないと間に合わないので、実質的に残業ができなくなった、ということや、私の給与体系が変わって、残業しても残業代が出なくなった、という事情もあって、残業をしなくなりましたが、残業しなければしないで仕事は何とかまわっていくものだ、と思いました。(それでも、月に何回かは残業しないと終わらないこともありますが。)

これだけ残業しないといけないんじゃ、そりゃ世の中、少子化にもなるわ、って思います、正直言って。
うちもごく一般的な核家族で、共働き世帯ですから、どっちかが家事育児を全部行なう、なんて無理です。でも、頑張っている方は多いですよね。

以前の新聞記事で、各国の労働時間の一覧を見たときに、オーストラリアは日本よりも長い、という事実に驚きました。コレ⇒
もちろん、これには日本のサービス残業はカウントされていないので、もしかすると、事実上は日本の方が長いのかもしれない。

イメージだけでも、オーストラリアのほうが生活しやすい、とか家族と過ごす時間が長い、という風に思い浮かべがちであり、それを求めての移住ということは、全部が全部そういう理由ではないにしろ、否定はできない。
現に、国連からの順位づけでもオーストラリアは上位に入っていますし。コレ⇒
けれど、結局のところ、新自由主義経済の世の中では、形が違っても、場所が違っても、競争は避けられないものなのだなー、って気づきました。

なかなか考えさせられます。今住んでいる日本の社会や会社にも、これから行こうと思っているオーストラリアについても。
でも、やっぱり、もうちょっとゆっくり暮らしたいな、って思います。どの国であれ。
by yellow-bus | 2006-11-13 00:11 | Australia いろいろ

多文化共生 -その3 『多文化主義』5

多文化主義社会の成功例としてのオーストラリアのサッカーチームが挙げられます。
2006年のW杯で活躍したサッカルーです。
このチームは、半数以上が東欧・南欧系の名前を持っている、移民2世です。親の移住に伴ってオーストラリアで育った子どもたちは、その時代の福祉主義的多文化主義の恩恵を受け、あまり差別を被ることなく子ども時代を過ごしました。
その後は、能力が認められ、ナショナルチーム入りすることができ、その選手のほとんどがヨーロッパのリーグで活躍中。
W杯の活躍の後には、「新自由主義経済下の移民政策の成功・多文化社会のシンボル」とまで新聞に書かれることもありました。

一方でこのような成功ばかりではなく、実際、2005年暮れにはシドニーで人種暴動が起きてしまいました。
シドニーの人種暴動は、失業中の中近東系移民の若者と同じく失業中の英語系オーストラリア人の若者との間におきた諍い(いさかい)が発端。
両者とも失業中である状況を考えると、新自由主義経済政策がもたらす競争の中で勝ち抜けなかった、“敗者”である可能性があります。
経済主義的多文化主義によってもたらされた、高度技能移民者に職を奪われた、と考える現地オーストラリアのドロップアウトした若者によるうっぷん晴らし、ともいえます。
多文化主義社会では、その国民は多文化主義の恩恵を受けていると思われる移民・難民へ不満を抱きやすく(特に若者)、それが攻撃となります。

一方、フランスで起きた人種暴動は、移民自らが、差別的待遇のために職が得られず、生活水準も低い、という不満が募ってのうっぷん晴らし、ともいえます。
移民・難民側にしても、受け入れる国民側にしても、新自由主義経済とそれが引き起こす競争、ひいてはその格差社会に対する不満・生活不安・ストレスは同じであると想像できます。

ただ、多文化主義社会では、「主流国民→移民・難民への暴力」となるのに比べ、同化社会では「移民・難民→主流国民への暴力」とこれらのベクトルは逆向きになります。

現在の、新自由主義経済のグローバル化の流れは全世界的に進行しており、それに沿った経済主義的多文化主義の移民政策は国家戦略として成功を収めているのであるから、今後も進めるべきではありますが、経済主義的多文化主義にもメリットだけではなく、デメリットも当然あります。

 ・高度職種・企業家移民中心の移民政策により、社会的弱者である開発途上国からの移民の数が減らされる。
 ・移民政策の制限(=移民者総数制限・移民VISA資格の高度化)により、合法では移民として入国できない者の非合法入国・滞在者が増える。
 ・社会的弱者の移民・難民の排除は完全にできないけれど、福祉サービス予算は削減されているので、受け入れられた人々へのサービスが十分でなく、彼らの社会との関わりに問題が生じる可能性がある。
 ・犯罪・暴動・紛争・テロの温床になる可能性。
以上がデメリットとして考えられます。

暴動などを防ぎ、安定的な多文化主義社会構築のためにどうすればいいのか。
経済主義的多文化主義をさらに推し進めても、勝者と敗者を生み出すだけで、格差社会が対立・紛争・暴動の火種になりうることをしっかりと認識し、福祉主義的要素もバランスよく取り入れるのが、よいのではないでしょうか。

といった内容が、この講演会の内容でした。
これを40分、実際には10分オーバーしましたが、40分で講演するのは、ちょっと無理があるなーと思いました。大学の数回の集中講義を超凝縮・圧縮し、猛スピードで駆け抜けた、っていう感じでした。
私としては、大変興味深く、おもしろい内容でした。いろいろと気づくことができましたし。
やっぱり、事前に勉強(ちょっと本を読んだだけですが)しておいて、よかったと思いました。
またこのような講演があれば、聞きに行きたいと思いました。

当日の会場でも販売されていた関根教授の本を今、図書館で借りて読んでいます。
以上の内容がもっと細かく説明されていますので、より分かりやすくなっていると私は思います。
『多文化主義社会の到来』 朝日選書650 2000年刊行 朝日新聞社¥1260
by yellow-bus | 2006-11-12 23:43 | Australia いろいろ

多文化共生 -その3 『多文化主義』4

次に、オーストラリアを歴史的側面から見ていきます。
1788年に流刑地として白人が入植し、1901年にオーストラリア連邦として、イギリス連邦より独立。この頃はまだ、かの有名な白豪主義国家として、白人ヨーロッパ系(主にイギリス・アイルランド系)の移民しか認められていませんでした。
第2次世界大戦後も白豪主義は続きますが、イギリス・アイルランドからの移民だけでは国内産業の発達に足らず、徐々に他のヨーロッパ地域(特に南ヨーロッパ)からの移民を積極的に受け入れました。さらに、中近東系の移民も徐々に受け入れるようになりました。
母国イギリスとの結びつきがだんだんと弱くなっていくにつれ、オーストラリアの位置的環境や世界経済の発展状況から日本やアジア諸国、超大国であるアメリカとの関係が強くなっていき、白豪主義を捨て、多文化主義国家・アジア太平洋国家を目指す政策の転換を行い(1970年代)、非差別的移住政策と多文化主義を導入し、現在のスタイルとなりました。

このあたりの説明は、講演会では省かれていました。なにしろ、40分しか講演時間はなく、これを説明するだけの時間的余裕はありませんでした。
講演会のタイトルにあるような、文字通りの『白豪主義から多文化主義へ』という歴史的流れは、省略されました。歴史について語るよりも、現在のオーストラリアについての話がメインなので、いたし方ありませんね。

私がこの講演会に参加するにあたって、carparkeeさんより、参考資料をもらいました。
『ホワイト・ネイション ネオ・ナショナリズム批判』(原題White Nation: Fantasies of White Supremacy in a Multicultural Society)著者Ghassan Hageガッサン・ハージ (平凡社2003年刊)のうちの、日本語版への序論、です。
ここにはオーストラリアの歴史が移民政策・多文化主義政策と絡めて説明されていました。
普段、このような本を読まない私にはちょっと難しい言葉もありましたが、なかなか面白く読めました。

こういった講演会に参加するのに予備知識がないと、十分楽しめないなー、って思いました。そして、講演時間が大変短く、本当に超特急で説明が進んでいくので、ひとつ理解できないと、そのあと全部が分からなくなってしまう可能性があると思いました。

さて、従来の福祉国家としての、福祉主義的多文化主義に基づく移民に対する諸政策は、政権交代により大きく変化します。
労働党政権(キーティング首相)から自由党・国民党連合政権(現ハワード首相)へと政権交代が行われ(1996年)、ここで『福祉主義的多文化主義』から『経済主義的多文化主義』へと政策が変わります。

政策の転換と新自由主義経済の広がりにより、経済立て直し(リストラ)政策が導入され、脱福祉国家政策から生じる国民生活不安が増加します。
それによって、多文化主義の展開が国民の文化的不安を呼びます。
国民の生活に対する不安や文化に対する不安は、一時的であれ、ポーリン・ハンソンのワンネーション党の登場=極右政党への国民支持が集まり、一時的に多文化主義が窮地に立たされます。

しかし、現政権の取った経済の立て直しや移民政策の見直しにより、多文化主義は福祉的から経済的へと姿を変えつつも継承されていきました。

従来の、「家族呼び寄せ・難民重視の移民政策」では、国家の福祉予算の負担が大きすぎるため、入国条件を高度化(=高度職業従事者・資格保持者優先、ビジネス投資家・企業家優先、高等教育資格保有者優先)し、『移民は弱者ではなく強者』という移民政策に変わっていきました。

景気の上昇と移民政策の転換により、一時的に集まった極右政党への支持は激減し、オーストラリアは多文化主義国家として新たなスタートを切りました。

という説明を受け、私らがまさにこの移民政策の下で移民をするわけだ、とあらためて、違う観点からのオーストラリアへの引越し=移民について、気づかされました。
確かに、IELTSのポイントは一定水準以上必要だし、学歴は大学卒、資格がありそれに従事していたことが証明され、認定されることがVISA認可の条件であるわけですし。(他にも、州債を買えば技術独立VISAのポイントになる、というボーナスも、お金がないとダメなわけですし。)
なるほど、と思った次第です。
by yellow-bus | 2006-11-08 00:23 | Australia いろいろ

多文化共生 -その3 『多文化主義』3

多文化主義には2つの考え方があることを、この講演会で知りました。
まずは、『福祉主義的多文化主義』
これは、移民・難民・外国人労働者の多くは生活困窮状況からの脱出を図ってオーストラリアにやってくるので、それを保護する目的が大きいことが挙げられます。
この福祉的政策のためには、大きな政府を前提とする手厚い福祉サービス・社会的弱者を助けることが必要であり、これは労働党などの政策と一致します。
国民全員に一律の福祉政策・サービスを実施するのが政府の役割であるとされ、国家が責任を持つことになります。

それとは違う考え方に、『経済主義的多文化主義』があります。
これは、移民を国益に役立つ経済的移民を中心に受け入れ、移民を社会的強者としてその文化援助を行う、というもの。
先にあげた福祉主義的側面は縮小し、新自由主義経済とグローバル競争時代に適合した多文化主義であるとされます。これにより、人種・民族・エスニシティの違いを超えた競争を求めることになりますが、その目的は、より良い人材を幅広く獲得し、国を豊かにするため。
福祉主義的側面を縮小するために、困っている一部の人・地域のために必要に応じた福祉政策・サービスを部分的に実施することになります。よって、大きな政府よりは小さな政府で、これは保守政党系の政策と一致します。

この2つの考え方を別の言葉で言い換えると、
福祉主義的多文化主義 ⇒ 多文化共生社会を目指す(異文化を越えて仲良く生活)
経済主義的多文化主義 ⇒ 多文化競生社会を目指す(異文化を越えて対等に競争)
ということができます。

なるほど、私が多文化主義という言葉からイメージしていたのは、福祉主義的多文化主義に近かったことが分かりました。
そして、現在の政権での移民政策から、福祉主義的から経済主義的に移行していることが分かりました。
by yellow-bus | 2006-11-07 23:25 | Australia いろいろ

多文化共生 -その3 『多文化主義』2

連邦政府によるオーストラリアの多文化主義の基本理念は1989年とその後の1999年のレポートに、以下のように定義されます(以下のものは、私がものすごく大ざっぱにまとめたものです)。
 ・文化的独自性 (それぞれの文化的伝統を重視し、分かち合う権利)
 ・社会正義 (全てのオーストラリア人が、待遇と機会の平等を享受し、人種・民族・文化・宗教・言語・性・出生地等の障害から自由になる)
 ・経済効率 (技能と才能を維持し発展させ、効果的に用いる)
 ・国益優先 (多文化主義政策は、全てのオーストラリア人が先ず第一に、オーストラリアおよびその利益と未来を優先し、かつそれらに対して、一つにまとまった責務を持つべき)
 ・リベラルな価値観と制度
 ・義務と責任 (多文化主義政策は、与えられた権利と同様に義務を課している。すなわち、自分の文化を表明する権利は、他の人がその文化を表明する権利を受け入れること)

以上の観点から、多文化主義の主な点をまとめると、
 ・オーストラリアという国への忠誠を抱き、国益を重視
 ・人種・宗教・文化等による差別をなくし、自由の権利行使を実現
 ・国民全体の生活機会の平等・公的サービスの平等利用
 ・経済発展のための国民の潜在能力の活用
 ・英語以外の異文化理解促進
 ・オーストラリアの社会制度は文化的多様性を反映するように構築する
と、簡単にまとめるとこうなります。

私が以前、「多文化主義」と聞いて思い描いていたイメージは、
「他民族の文化も尊重し、一方の価値観を押し付けることなく、それぞれの文化が共存・発展していく」
ということでした。ある意味、理想の社会(=空想上の社会)です。
でも、それをよくよく考えると、例えば、
イスラム社会では、女性の社会進出は好ましいものとされていない、という価値観と
西洋社会での男女平等という価値観は相反する、ということになる、という問題に直面するのでは、と思いました。
でも、そこにはキチンとした優先順位があり、まずは「オーストラリアという国の国益を重視」することが第一とされ、オーストラリアの基本的社会構造を受け入れると同時に憲法を受け入れ、男女平等の原則を受け入れることが求められている、ということでした。

言ってみれば、しごく当然のことであります。
オーストラリアという国で暮らしているのだから、オーストラリアという国が“多文化主義”を国是として取り入れていたとしても、オーストラリアの国の方針に従わなければならない、ということ、です。

“多文化主義”という言葉に、ずいぶんと自分の理想を重ねていたようです。それに気づかされました。

もちろん、自国の文化も他文化同様に尊重されるのだから何をやっても許される、とは思ったりしませんが、その表現は違えど、それと同じコトを考えていた、もしくは、多文化主義社会の現実的な面について今までは考えていなかった、ということにも気づかされました。

話はまだまだ続きます。
by yellow-bus | 2006-11-07 00:53 | Australia いろいろ


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2019年 03月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(767)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(42)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧