人気ブログランキング |

<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今年も終わり

今年も終わりです、今日で。
私の仕事柄、年末も年始も関係ありません。街はお正月らしくなっていますが...。
(余談ですが、私の勤めるホテルは、某有名寺が近くにあり、毎年100万人以上の方々が初詣でに訪れます。)

私は今日は夜勤。今は、実は勤務中。
昨日も働いていました。毎年の事ながら、年末年始という実感に欠けますね。

今年はどうだったか、と思い返してみるに、VISAが取れてイニシャルエントリーでオーストラリアに行ったところから始まりました。
それ以外には特に大きな出来事もなく、平和に毎日が過ぎて行きました。子どももすくすくと大きくなって、どんどんと精神的にも肉体的にも頭脳的にも成長しています。ほんと、単純に、子どもってすごいなー、って思います。

VISAが05年9月に取れてから、今年1年は準備&貯蓄期間と思ってやってきましたが、なかなか良い年だったと思います。実際、どの程度できたか、ということは、考えずにおきましょう(笑)。それに、ブログで知り合った方といろいろとお会いすることもできたのもとても良いことでした。

来年は、本格的に移住です。いよいよ、って感じがしてきます。みなさまも良いお年をお迎え下さい。
by yellow-bus | 2006-12-31 22:07 | 雑記

記念日

トラックバック: 蕎麦御膳とアフタヌーンティ

結婚記念日は今日(12/29)なのですが、先日の26日、どしゃ降りの中、椿山荘に行ってまいりました。
本当にすごい雨でしたので、庭を楽しむ余裕もなく、はなれのお蕎麦屋さんに行くまでに、すっかりびしょ濡れになりました。

例年、どこかへごはんを食べに行くのですが、ご飯をいただきながら、結婚した翌年は○○へ行った、とか去年は△△だったとか、いろいろと振り返ってみましたが、どうしても思い出せない年があり、二人で苦笑してしまいました。数年のことなのに、もう記憶があいまい...(笑)。

例年、どこへ行こうかいろいろと考えるのですが、
「メルボルンへの引越しもあるし、今年は和食で!」ということになりました。
というか、フォーシーズンズ椿山荘の「ル・ジャルダン」のアフタヌーンティーが食べたいので、昼ご飯は軽めに、というのが真相ではあります。

このお蕎麦処ではなく、日本橋のとあるスペイン料理屋さん(←ベッカム様も行ったことがあるらしい)や、マンダリンオリエンタルも候補には一応挙がったのですが、やっぱり、
「分相応で」 ということで、お蕎麦懐石をいただきました。

本当にすごい雨だったので、1日に3回もタクシーに乗ってしまいました。(そのうちの1回は、保育園へのお迎えに。) あり得ません。

そして、今夜。
carparkeeさんが仕事から帰ってきて、シャンパンで乾杯。うちの子に結婚式の写真を見せてみるという暴挙に、酔いも手伝ってか、挑んでみました。
ママ「この人だーれ?」(と言って、新郎yellow-busを指さす)
娘 「パパ!」
ママ「この人だーれ?」(と言って、花嫁carparkeeを指差さす)
娘 「このひと!」
娘さんには、花嫁さん=数年前のママ、という公式は成立しなかったようです(笑)。普段は、あんなにお化粧していませんし、ね。
(訂正:お化粧のせいではなく、着物と角隠しのせい、と訂正いたします。)
by yellow-bus | 2006-12-29 23:33 | 雑記

クレジットカードの解約

さきほど、長年使っていたクレジットカードを解約しました。
たしか、毎年2月に年会費1万円とられていたよなー、とさっき思い出し、
「解約は1月でもいいのか、確かめてみよう」とセンターに電話しました。

なかなか繋がらず、やっと出てきたオペレーターに質問してみると、
「年会費がかからないうちに解約ということでしたら、12月中にお願いします」

はい、その一言で即解約決定。
カード番号・名前・生年月日を伝えて、さっさと使えなくなくなりました。

案外、あっさりしたものです。
今後は、年会費のかからない別のカードを使うことにしましょう。

(追)
どうでもいい話ですが、某クレジットカード会社の、プラチナカードを上回る、
通称”ブラックカード”なるもの、日本で持っている人は数人、といううわさを聞いたことがあるのですが、私、勤めているホテルでお会計時に何人も目撃しています。その方たちは、芸能人でもなく、セレブでも富豪でもありません。噂はやっぱり噂にすぎないのでしょうね。
by yellow-bus | 2006-12-25 14:19 | 引っ越しにまつわること

『イエロー・オーストラリア』

『イエロー・オーストラリア アジア化に揺れる豪州』 大石 信行著 明石書店2003年刊

先日の講演会に向かう途中の本屋さんでたまたま目にした本。気になったので、さっとメモして帰宅後、図書館で借りました。
“多文化主義”に関する講演会に行くところでしたので、きっとそれに関連した話だろうと(勝手に)思っていました。

が、違いました。アジアとオーストラリアの経済的つながりについて・オーストラリアの現実について、というのがこの本のテーマでした。

一つ一つの見出しは細かくついていて、文章も短くまとめられているので、あっという間に読めます。経済についてのつながりは、正直言ってあんまり知らないことばかりでしたが、難なく読めました。

本のサブタイトル「アジア化に揺れる豪州」から、私は勝手に、アジアからの移民が増えているオーストラリア社会の現状とその問題点について書かれているんだろうなー、って思ってしまいました。
実際、そのあたりのことはあまり書かれていません。「2003年発行」となっていますが、読んだ感想としては、もっと古い感じを受けました。2002年におきた出来事も当然書かれていますが、はて、なぜなのでしょうか?

結論としては、日本はまだオーストラリアの隠された能力に気づいておらず、「ビーチ・BBQ・大自然・コアラやカンガルー」のような固定観念にとらわれていて、早くオーストラリアの潜在能力に気づいた方が国のためだ、ということになっています。

この本を読んで、いくつも疑問に思ったことのひとつに、「オーストラリア政府はIT技術をどんどん使って世界有数の最先端電子政府を目指す」、とありましたが、一般家庭のブロードバンド化がそんなに進んでいないと聞くのに、どこをどう進めているんだろうか、ということでした。
現地に引っ越したら、このあたりのことを体験できそうなので、また書こうと思います。
by yellow-bus | 2006-12-25 12:52 | Australia いろいろ

次はメルボルンで

昨日12/23に、オフ会とやらをやりました。子どもがいる、というのを理由にして我が家でやりました。遠くまでお越しいただき、ありがとうございました、みなさま。それに、勝手に持ち寄りでお願いします、とお願いしてしまい、みなさんいろいろと作ってきていただき、本当にありがとうございました。どれもこれも美味しいものばかりでございました。

お越しいただいたのは、lakemackenzieさんご夫婦jinkoworldさんご夫婦。私は以前、trancosoさん宅で行われたオフ会でlakemackenzieさんたちにはお会いしていましたので1年ぶりに、jinkoworldさんには今年の春にお会いしましたので半年ぶりに、そして旦那さんにははじめてお会いしました。

オーストラリア移住について「あーでもない、こーでもない」、という情報交換(=おしゃべり)をして楽しく時間が過ぎました。

別れ際に、「次に会うのはメルボルンで、ですね」ということになり、なんだか不思議な気分になりました。そういえば、そうだ。来年にはメルボルンへの引っ越しが待っています。なんとも、不思議な感じです。実感が湧かないのが原因なのでしょうか。

スケジュールがなかなか合わず、そのオフ会の後、私は午後5時よりこうして夜勤をやっております。正直、疲れました...。あともう少しで仮眠が取れる時間になります...(現在、午前4時半)。
みなさんに、「yellow-busさんって本当にしょっちゅうブログ更新していて、忙しいのによくやりますね~」と感心(?)されておりましたが、またまた更新してしまいました(笑)。
by yellow-bus | 2006-12-24 04:40 | 雑記

にほんごであそぼ

前に書いた(コチラ⇒)、NHK教育『えいごであそぼ』の続きです。
最近は、AM7:40の『えいごであそぼ』の時間に髪を結ぶことは少なくなってきて、そのあとのAM8:00の『にほんごであそぼ』の時間になってしまい、毎朝ギリギリで登園&出勤しています。

『にほんごであそぼ』の内容には、本当に感心しています。古典の名作から中原中也に金子みすず、小林一茶に千利休、宮沢賢治などなど、挙げたらきりがありません。日本語ってきれいだな、と家の中をドタバタと走り回っている中で思ったりしています(笑)。

先日は、「雨にも負けず」を信楽(しがらき)弁で読んでいるおばあちゃんがいました。
こういう方言で読むのもとても味があって、素晴らしいと思いました。

私、小さい頃に祖母や祖父の田舎(富山)の親戚と話す時に、方言は訛っていておかしい、って思っていました。
小学校に上がるまで東京で育った私には、埼玉に引越ししたときに近所の子や学校の友達にも「訛っている」って思ったものです。でも仲間になるために、東京では使ったことのなかった言葉をみんなに真似て使ったりもしました。

こういうちょっとした方言やいろんな言い回し、男言葉に女言葉、若者言葉などなど、日本語に限らず言語にはいろいろな面・特徴があると思います。でも、基礎になる日本語が身についていないとそうは捉えられないのではないのか、と思いました。

子どもの日本語教育について考えたときに、やっぱり不安はあります。日本語を身につけるには、「どれだけ多くの日本語に触れることが出来るのか=どれだけ日本語の蓄積が出来るのか」、がかなり重要ではないかと思います。
欲を言えばきりがありません。けれど、日本語のいろんな面や特徴についてできる限り子どもに触れさせてあげられればいいな、と思います。

親の選択によってオーストラリアで暮らすことになる子どもには「英語も日本語も」、ってなるので本当に酷だと思います。だから焦らず、子どものペースにあわせて意識的にやっていければいいなと思います。
by yellow-bus | 2006-12-19 11:52 | 雑記

ビックリしたこと

さっき、たまたま見ていたテレビで??なことを聞き、わが耳を疑いました。

「Keisha Castle Hughesが妊娠した」 と言っていました。
『The Nativity Story』という、キリスト誕生についての映画で、彼女はキリストを身ごもるマリア役をやっている、という話の中でナレーターが伝えていました。

彼女は3年前に『Whale Rider』という映画で、アカデミー賞主演女優賞に13歳でノミネートされたNZの女優さん。
だから今は、16歳。
ネットで検索してみたらこんな記事がありました(コチラ⇒)。

本当なのでした。ビックリです。
by yellow-bus | 2006-12-18 00:46 | NewZealand

片付けしましょう

片付けしないといけません。来年引っ越しだから、というのもありますが、師走ですから。一年の汚れを落とさないといけません。

幸いにも、年末に友だちを招いたので、今年はそれまでには頑張らないといけません。お尻を決めてしまうしか片付け&掃除をする方法はなさそうです。

だいたい我が家は、誰かが来ないと家の中が片付かない傾向にあります。
かといって、毎回毎回誰かを呼んでいるわけにもいかないです。

しかし、荷物は増えています、確実に。しかも、要らないモノばかり(笑)。
by yellow-bus | 2006-12-10 19:29 | 雑記

物忘れが激しいのか

今日は、carparkeeさんと二人で、オセアニア教育学会の大会の講演に参加して来ました。寒い雨の中、横浜市立大学まで出かけていきました。
carparkeeさんはともかくも、私は全くの部外者。それにもかかわらず、皆さんとても親切にしていただきまして、感謝しています。本当にありがとうございました。

さてさて、昼間に二人して出かけていたので、子どもは私の母に来てもらって面倒を見てもらうのをお願いしていました。何だかお互いとても楽しかったようなので、一安心。

そして、夕飯を食べて帰った母。「ベランダバイバイする~!」と言い張る子どもを毛布でぐるぐる巻きにして抱っこして、ベランダから「バイバイ~!」をし、本人も納得した様子。
そこへcarparkeeさん、疲れ切った表情で、
「本当にどっちの家の親も~(ハァ)...。」とつぶやき、布団に倒れこみました。

どういうことかと聞きますと...
まだみんなは夕食の最中だったにもかかわらず、自分がさっさと食べ終わってしまい、もうお風呂気分になってしまった娘さん。「お風呂に入る~!」と言い出したので、ご飯を途中で切り上げ、私がお風呂に入れました。
その間に、事件は起こったようです。

今年の大晦日、私は夜勤となっており、家で寂しく2人で年を越すのが嫌なcarparkeeさん。そこで、「大晦日に家に泊まりに行ってもいいですか?」
とお願いをしたら、うちの母親も二つ返事で大賛成。
そして、おまけにこんなことまで言ったそうです。
「毎年泊まりに来ればいいじゃない!」

完全に、私らのオーストラリア行きについて、忘れています(涙&笑)。
百歩譲って、”お正月の時期に帰ってきて、みんなでお正月過ごせるといいわね” みたいなニュアンスがあるか、と考えても、そんなニュアンスはありません。
完全に忘れ去っています。

それは、うちの親だけでなく、carparkeeさんちも同じこと。carparkeeさん曰く、「話がアレ以来ないから、もうやめた(諦めた)んじゃないか」、という感じがする、と。うちの親の発言に似たことを言っているらしい。

そもそも、早めに言ってしまった方がいいだろう、とのことで、去年の今頃にはどちらの親にも言ってあります。ただ、その後の展開が上手くいかず(特に、caparkeeさんち)、それ以降の話がストップしていたのも事実です。うちの親については、移住ということを元々から完全には理解していない様子でしたし...。うちらも具体的な移住計画を立てられていないことも事実です。
だから、どちらの親にもきちんと、”移住話の、具体的な計画”については話ができていないので、このお正月に話をしなければ、と思っています。

もし、しっかり分かっていた上での発言であったら、完全に相手が”上手(うわて)”なので、「天晴れ!さすがは親だ!」と思うことにいたしましょう(笑)。
by yellow-bus | 2006-12-09 22:57 | 雑記

ある夫婦の会話

「あの、話があるんですが...。」
と夕食時に言いながらも、話ができずにいる夫婦がここに一組います。
原因は ”ケンカ” 、という訳ではなく、子どもと一緒に寝てしまうから(笑)
寝かしつけつつ、本人も寝てしまうので(日によっては、子どもよりも先に寝ている)、一向に移住に関する話が進まない。移住だけでなく、その他もろもろのことも。

そんな日曜の夜、「今日こそは話をしなければ!!」と強い意志を持って、子どもを寝かしつける時にも寝ずに、心の中で「早く寝ますように!」とお祈りしました(笑)。
その甲斐あってか、子どもはあっという間に寝てしまい、ようやく夫婦の会話の時間となったのでした。

旦那は、具体的な移住スケジュールについての話をしはじめました。
スケジュールだけでなく、それに伴うお金の話もしはじめました。
奥さんの仕事の都合で、7月にずれ込む可能性があった引っ越しも、当初の予定通りの6月中にできる見込みとなり、そうなってくると、
1.家賃
2.保育園費用
3.下見&事前調査のための渡豪
などなど、考えておかないといけないことが山積みです。

まず、『家賃』ですが、ちょっと勘違いをしていました。
うちの場合、所得に応じた家賃補助が都から受けられるようになっており、奥さんが退職したら補助が受けられると思っていました。
ところが、都の資料をひっくり返して読んでみても、見当たりません。
あるのは、「世帯収入がなくなったときには、再申請可能である」という点。今は共働きなので、家賃の基準は世帯収入(=2人の稼ぎ)で決められます。よって、今は補助はゼロ。でも、奥さんが退職したら世帯収入が半分になるから、収入の再申請ができると思っていましたが、どうやらできないようです。よって、世帯収入が半分になったにもかかわらず、家賃は今までどおりの金額を支払わないといけないので、なるべく早くに引っ越した方がいい、ということになりました。
おまけに、もし、万が一、収入の再申請ができて家賃の補助がもらえるとしても、それは申請から2ヵ月後、とのこと。4月に申請しても、6月からしか適用されない。よって、
収入の再申請は意味なし
もっと早くに気づくべきでした。

それから『保育園費用』。
これも、前年の世帯収入を基に計算されるから、来年4月以降の保育園費用は、今よりも高くなることは間違いない。なのに、実際の世帯収入は1人分。たとえ2か月分・3か月分と言えども、なかなか厳しい...。でも、保育園の力を借りないと、引っ越し作業がはかどらないし。

最後に『下見&事前調査のための渡豪』。
未だに、どっちが行くか決まっていません。奥さんの仕事の都合に合わせる予定でしたので、「7月まで仕事がある」場合には私が行くことになっていましたが、仕事は3月末で終了する可能性が濃くなってきた今、またまたどっちが行くか、という話になりました。
いつ下見に行くか、ということは航空券の値段も結構違ってきます。
また、具体的な引っ越し予定日から逆算していくと、「実家に移動」「下見に出発」「航空別送便」「船便」「荷造り」「片付け」...など等、スケジュールがてんこ盛り。

東京での生活費を何とか切り詰めていくには、奥さん退職後になるべく早く引っ越しした方がいい。けれど、退職後に引っ越し準備をする予定なので、すぐに行くことはやっぱり無理。それに、今まで頑張って働いてきたんだから、ここらでちょっと休みたい、というのも分かる。
なかなか難しい...。

という感じで、話し始めたらあっという間に12時を回ってしまいました。月曜早々、寝不足です(笑)。
旦那にしてみれば、ここのところ考えてきたことだから話は早いものの、奥さんにしてみれば、まさかこんなに細かいことまで考えていたなんて思いもよらず、だんだん整理がつかなくなってきた様子。
次回はいつ話しましょうか...?(笑)  そろそろこのネタ、終わりにしたいところです(笑&涙)。
by yellow-bus | 2006-12-06 03:25 | 引っ越しにまつわること


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2019年 03月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(767)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(42)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧