人気ブログランキング |

<   2007年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

IDと郵便物

日本からの郵便物を受け取りそこねて、不在通知票が入れられていたことがありました。
そこには何か書いてあるけど、全く読めない。字、汚すぎ(笑)。
困って、お隣のおばあさんに読んでもらったけど、この方でも分からない、とのこと。「きっと、近所のケミストじゃない?」と言われ、なんとなくそんな気がした(そのケミストは郵便局兼用だったから)ので、行ってみました。
そこに、日本からのEMSがありました。もちろん、ID持参で引き取りに行きました。

というのは、よくある話だと思います。
今回は、荷物を出す際にIDの提示を求められました。日本宛の小包を出すのにIDが必要、だったのです。

最初、IDを求められた時になぜだかよく分からなかったのですが、言われるがままにIDを提示しました。(ちゃんと理由を聞けばよかった、と帰ってきてから思いました。”あー、ID持っていてよかった~”なんて、その時はホッとしてしまっていたからです...。)
結果、窓口の人はIDの番号をレジに入力して、黄色い大きなシール「ID Recorded」というものを貼って、荷物は日本へ旅立ちました。

テロ対策なのか、なんなのか。ずいぶんと慎重だな、と思った次第でした。
by yellow-bus | 2007-07-31 18:58 | Melbourne生活

焼きソバ

簡単に作れる「焼きソバ」なのですが、日本とは勝手が違うので、どうにも美味しく作れません。昨日も失敗しました。麺は中国系のお店で買いました。
一番最初に作った時は、茹で時間が足りなかったみたいで、麺がものすごいパサパサ。ちっとも味がしみこんでいません。ただただ、まずい。本当に不味い。
久しぶりに料理で失敗しました。

昨日作ったときは、十分に茹でて(ちょっと長めでしたが)、水にさらしました。袋に書いてある通りに。
でも、美味しくない。
ソースで味をつけようと思って入れてみましたが、ちっとも味がつかない。
これではいくらソースを入れても無駄だし、高い「おたふくソース」がもったいないと判断し、中止。塩を入れたり、炒め物の素(MSGではなく)などを入れてみたけれど、やっぱりイマイチ。

中華料理のテイクアウェイの焼きソバ(店によっては、マレーシア風に「ミーゴレン」になっている)は、ものずごく油が多くて、それはそれで美味しいのだけれど、食べ終わったあとの残った油を見ると、ちょっとげんなりする。

これはもう「あんかけ風」にするしかないのかな、と思ったりして。
日本の蒸し麺と違うので、さてどうなることやら。
でも、くやしいからもう1回は挑戦してみようと思う。
by yellow-bus | 2007-07-30 08:36 | Melbourne生活

Dapper

昨日は、Melbourneに来て初めて、というか、人生初めての、こじんまりとしたお芝居を見に行ってきました。そのタイトルが『Dapper』

たまたま、子どもの予防接種に行ったタウンホールに置いてあったパンフレットを見て、なんとなく面白そうだし、$10という値段に惹かれて行って来ました。
10分×7つの話のお芝居。
そういう短さが、英語の分からない私にはちょうどいいのかも、という感じで。一つのお芝居だと、途中で分からなくなってからが悲惨だし。

結果、とても面白かった!大体、半分も分からなかったけれど(笑)。
シチュエーションコメディーもあり、シリアスもあり、即興で観客との掛け合いで作っていくのもあり、全然分からないのもあり、と、いろいろでした。70分、といっていたけれど、終わった頃は、ゆうに120分を超えていました。

英語が分からなかったのは残念に思ったけれど、英語そのものではなく、誰かの物まねであったり、私は知らないが、オージーはみんな知っているネタというものもあったようで、いろいろと勉強しないといけないなー、なんて思ったりしました。観客の笑いのツボにはまらないのが、なんともつまらない(涙)。

それにしても、みんな若くて一生懸命で、当然なんだけれども、カツゼツがいいから英語が聞きやすい(笑)。中には聞き取りにくい早口の女優さんもいたけれど。
そして、みんな、どうしてこんなに顔の表情が変えられるのか、というくらいに顔のパーツが良く動く!あたりまえなんだけど、間近で見ると本当にスゴイ。歓心しました。お勧めですよ。
by yellow-bus | 2007-07-27 23:24 | Melbourne生活

天気の謎

今朝、うちの方は雨が降っていました。ちょうど、carparkeeさんが登校の頃
だから、今日は天気が悪い、と思って、洗濯物は仕方なく室内干しに。
そして、ぐだぐだと午前中を過ごしていると、
昼からはすっかり晴れに。ちょっと風が強いけど。
それに気づいたのが遅く、昼ごはんも早々に済ませて、子どもと二人でPreston Marketに出掛けました。
で、帰ってきてからも天気が良く、洗濯物を裏庭に出していかなかったことをかなり後悔。
遅いけれども裏庭に干しなおしてから再度、近所まで出掛けました。それでも結構乾きました。

ちょっと前から、洗濯物を干す時は、遠くの空を見て、ちょっとでも黒い雲があれば数時間後には雨が降るので、外出の前には洗濯物を室内に移動する、また、風が強くて雲が流れている時は、雨を降らせる雲がやってくるから、この時も洗濯物はしまう、という風に、天気を読むようにしています。一度干しっぱなしにして、どしゃ降りに遭ったのが悔しかったので(笑)。

こっちの天気は、本当に局地的で、本当に変わりやすいです。
今も、雷がゴロゴロ鳴っています。時折、強い雨がザーっと降っています。雨に降られる前に帰ってこられてよかった...。

先週は、初めて大きな雹(ひょう)が降っているのを生で見ました。
ちょっと前のことですが、郊外に住む知人のお宅にお邪魔した時には、そこではポカポカ陽気でずっと晴れていたのに、帰ってきたら、うちの方の道路はびしょ濡れだったし。
天気が変わりやすいのは、メルボルンの特徴なんでしょうねー、きっと。
by yellow-bus | 2007-07-26 22:25 | Melbourne生活

洗濯機の謎

こちらに来てから、洗濯機を当然ながら新しく買いました。節水タイプ、ということで、フロントドアの洗濯機です。日本ではあんまり見かけませんでした。
で、洗濯機を使っていて、洗濯排水はバスタブに流れるようになっています。それも最初のうちは、へぇ~、って思っていました。日本だと、脱衣所に洗濯機コーナーがあって、排水は洗濯機専用になっているのが多いから。うちはトイレもバスタブも洗濯機もみんなバスルームにあります。

さて、「謎」というのは、糸クズなどのゴミのこと。
節水タイプだから、水はあんまり使わず(排水の具合を見ていると、本当に少ししか水が流れてこないので驚きました)、洋服をたたいて洗っている、感じ。
日本のよくあるタイプだと、水をたっぷり使っていて、浮いた糸クズやゴミなんかは専用の糸クズフィルターを通して取れるけど、このフロントドアだとどこへ行くのか?

というのも、買った当初、タオルで顔を拭くと、そのタオルの色とは違う、小さな丸まった糸クズが大量に顔についてしまい、困ったからです。
こっちにきてから、とある日本人の方々に聞いても、みな??。
中には、排水で流れたであろう糸クズが配水管に詰まってしまった、という方もおられた。

それから、洗濯の仕方が洋服をたたいて洗っているので、なんでもかんでもゴワゴワしてきました。柔軟材を使ってもみんなゴワゴワ。タオルのふんわり感なんて、どこへ?
高級ホテルだとタオルはきっとふわふわに違いない。どうやって洗っているのか、必ず調査したいと思っています(笑)。うまく就職できれば、の話。

最近聞いたのでは、洋服はたたんでから入れる、ということ。たたんだ内側の汚れは落ちないのでは?と思ったが、どったんばったん叩きながら洗っているから、あんまり関係なさそう。たたんでからだと、からまりもやっぱり少ない様に思う。
なかなか奥が深い、洗濯機。それにしても、洗濯時間の長さは何とかならんのか。平気で2時間かかったりする...。
by yellow-bus | 2007-07-25 19:18 | Melbourne生活

不思議な経済理論

先日、IKEAに行った時に、5¢硬貨を1枚拾いました。こんな時は交番へ、なんて思うものの、日本ではないので、近くに交番などありません。とりあえず、預かることにしました(笑)。
と、こんな調子で、硬貨を見つけることがよくあります。たった1ヵ月半の間に、4回も。
トラムで$2硬貨、レストランのテーブルの下で$1硬貨、道端で5¢硬貨、IKEAで5¢硬貨。
東京で暮らしていた時には道に落ちている硬貨など見つけた記憶がありません。
景気がいいのでしょうか、こちらは。

というのも、先月まで働いていたホテルで、お客様の忘れ物の管理をしている担当(私の同期)がこんなことを言っているのをふと思い出したからです。
「景気が悪くなってきたみたいで、忘れ物に金目の物がなくなってきた...。」

彼いわく、景気のよい時期にはお金や時計やその他、値のはる忘れ物があるけれど、景気が悪くなってきた数年前からは、たいした忘れ物がない、と。だから、忘れ物を見ていると、景気の流れが分かる、とまで言っておりました。不思議な理論の経済学者です(笑)。

道端に落ちているのが、たかだか5¢硬貨かもしれませんが、景気がいいとそんなはした金にも人々は目もくれなくなるのでしょうか(5¢硬貨には失礼ですけれど)。
それとも、私が下ばっかり見て歩いているからなのでしょうか...?
by yellow-bus | 2007-07-24 19:25 | Melbourne生活

LLNPに行きつくまで

6月は何にもしませんでした。やる気もありませんでした。しばらく休憩のつもりでした。
最初からそのつもりで、渡豪の3日前までなんとか仕事を続けました。

さて、7月になったのでそろそろ何か、と思い、これまた最初から思っていたように、学校に行こうと、調べ始めました。
AMESのサイトにアクセスしたり、電話してコースについて聞きました。
AMEP(Adult Migrant English Programme)は最初っからダメだろうと思いながらも、一応電話で聞いてみました。結果、ビザがサブクラス136だからダメ(IELTSを取ってるでしょ?と聞かれました)と言われて、Advancedのクラスを勧められましたが、あいにく一杯で、来年にならなきゃ受けられないとのこと。残念。短期間のコースはないか、と聞いてもやぱり一杯とのこと。どうも縁がなさそうです、こことは。

そしてその電話で、TAFEを勧められて、近所のTAFEの電話番号をいくつも教えてもらいました。その中で一番近いところにあるTAFEであるNMIT(Northern Melbourne Institute of TAFE)に電話をして、インタビューの予約を取り付けました。インタビューの日は、carparkeeさんの研修にもぶつかっており、子連れで行きました。
が、インタビュー受けられず、でした。

というのも、このインタビューはLLNPのインタビューの前日だったため、待っている間に受付の人になにげなく、「明日の3:45にも予約入っているんだけど、ここに来ればいいの?」と聞いたら、受付の人が、「あなた、今日のインタビューを受けなくてもいいわよ。」と。えっ!?
受付の人いわく、内容が同じだし、明日受ければ一緒よ、とのこと。はて?
内容が一緒な訳ないと思うのだけれど...。気になります。まだコースが始まっていないので、今の時点では何とも言えません。ま、LLNPは無料で、ESL(English as Second Language)のコースは有料ですから、お金がかからないのはいいのですが。

trancosoさんにコメントをいただいて、そういえばこういう流れだったのでコメントで答えるには長いかなと思いまして、書いてみました。
私の友人は、LLNPはtrancosoさんがおっしゃていたように早期に学校をリタイアしてしまった人向けのコースなので、文学作品を読んで感想を書くとか算数の時間があって、自分の就職活動に必要なコースとはいえないので、やめようかと考えている、と言っておりました。実際のところはどうなのでしょうね。
インタビューをしてくれた先生には、とにかく英語を話す時間がほしいので、それを重点的にお願いします、とリクエストしました。さて、どうなりますやら。TAFEからの連絡が待ち遠しいです。
by yellow-bus | 2007-07-23 16:03 | Melbourne生活

いいのがない

エキサイトブログって、いいスキンがない。それにスキン自体少ない。
今日はこれにしてみたけど、また元に戻すかもしれないなぁ。
by yellow-bus | 2007-07-22 11:57 | 雑記

Job Seeker

先日、やっとのことでCentrelinkでJob SeekerIDがとれました。そして、LLNPというコースを取るためのインタビューも済ませました。
でも、その前に一つ済ませたことがありました。
それは、Job Network Members'の、とあるオフィスに行って自分の経歴(いわゆるレジュメ)を登録する、ということでした。

Job SeekerIDを取った時に、これで英語のコース(LLNP)が受けられる、と思ってホッとしたところで、Centrelinkの担当者が「近所のJob Networkのアポイントを取るから」と言っていて、はて何のことか?と思い、聞いてみると、「行くだけでいいよ。数人が集まって説明を聞くだけだから。」なんて言われて、よく分からないまま適当に納得していました。

当日朝行ってみると、「レジュメは持ってきた?なければ、これに記入して書き終わったら持ってきて。」と5枚の紙を渡されました。1枚は、個人情報に関する説明と署名、残りはレジュメの内容そのもの。ここで書くことになるとは思っておらず、ちょっと面食らいました。Centrelinkの担当者の言っていたことと全然違うじゃん!
仕方なく書き始めました。残念ながら、今まで英語で書いたことがなかったのですが、いい経験になりました。

40分くらいで書き終わって持っていくと、あらためてレジュメの書き方・求人広告の読み方・インタビューの準備・インタビューの質問集・ウェブサイト一覧などの資料と、ジョブサーチへのアクセスのためのPIN番号をくれました。
さっき書いた自分のレジュメを登録して、それとマッチしたら表示されるようになっているから、とのことでした。
帰ってそのサイトにアクセスしてみたら、自分の経歴が登録されていました。なるほど。
仕事探しはまだ先の予定だし、Centrelink経由で探せるとは思っていないけれど、なんにもしないよりかはいいし、レジュメの書き方などをもらえてよかったです。

(余談:Job SeekerIDを間違えてうちの人のを取ってしまったときにも、ここの予約を取ってしまっていて(コチラ⇒)、Centrelinkの担当は「行かなくていいから。」なんて言っていたのですが、行くことになっていた日の夕方に電話がかかってきました。Centrelinkの担当は予約をキャンセルしなかった模様。おかげで、私の予約の再確認ができたのでよかったけど。)
by yellow-bus | 2007-07-22 11:17 | JOB

flakeとkalamari

近くのプレストンマーケットによく行きます。そこで野菜や肉や魚を買います。
先日買ったのが、「flake」という白身の魚の切り身。はて、flakeとは?
値段も手ごろで、美味しそうに見えたので買ってみました。

家ではムニエルにして食べました。その食感は、とてもとても筋肉質!
何の魚だろうと思って、辞書で調べてみると...
{魚}=dogfish (豪)Victoria州でgummy sharkの肉の商標名
とありました。なんだ、鮫か...。
そういえば、ずいぶん昔に見た鮫の切り身に似ていたような...。
一つ勉強になりました。

昨日は、イカを買ってみました。これがまたデカイ!
安いのがあった($3/kg)ので、「1杯ちょうだい」と言ってみると、店の人がつかんだのは、1.8kgもある大物。「小さいのはないの?」と聞いて、やっと1kgのイカを買いました。それでもスルメイカの3倍はあります。
すごく肉厚で、大根と一緒に煮て美味しいのか不安になりましたが、作ってみるとこれがなかなかの味。煮てもあんまり硬くならないのがいい。
ギリシャ語ではイカはkalamariといい、近所ではこれで通用しています。
by yellow-bus | 2007-07-20 20:51 | Melbourne生活


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

リンク

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2019年 03月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(767)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(42)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧