人気ブログランキング |

<   2007年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

化けの皮がはがれる時

相変わらず、面接の準備。全然終わりません。こんなんで大丈夫なのでしょうか?
いや、きっとダメです...。

基本的な質問に、いろいろと答えを用意しているところなんですが、話がまとまらない...(汗)。あっちこっちに話が飛躍してしまい、もし、このノートに書いたことをそのまま答えたら結論はなに?って聞かれそう。それどころか、質問に答えていないからダメ、って言われて、おしまいになりそうな具合。

それに、(もちろん)英語で答えを考えているのですが、「こう言ったら、次はこう言って、そしてこう言うことにして...」なんて、書くよりも頭の中でどんどん飛躍していってしまい、「なんだ、しゃべれるじゃん。」などと、実際にはできないことなのに、なぜかできたフリだけして、満足してしまっています。これじゃ、化けの皮もはがれるのも時間の問題。
なんとかせねば...。
そんなこんなで、ハロウィンの夜は更けていきます。全然ハロウィンらしさが見えませんけど、わたしの周りでは。
by yellow-bus | 2007-10-31 21:25 | 仕事探し

OQPのクラスメイト

昨夜はめずらしく、ちょっと遅くまで頑張ってしまいました。今日、案の定、眠いzzz。
ランチの時に、クラスメイトに「どうしたの、そんなに疲れた顔して??」って言われてしまいました。「やることたくさんあってね...。」って。
みんな、私が面接を受けるのを知っているので、励ましてくれました。「そんな顔していたらダメだよ!(笑)」 みんな、優しい。

面接の準備は思うように進まず、明日一日頑張ることにして、今日はもう寝ることにしました。夜更かしはいけません。寄る年波には勝てないので、ニベアのQ10入りナイトクリームの力でも借りて、ぐっすり眠ることにします。

今日の午後は、以前OQPに通っていた元生徒さんの話を聞きました。
SIRビザでインドから来て、とんでもなく大変な目にあったけど、今は夫婦共々仕事に就いて頑張っています、という話。先輩の話はためになります。自分も見習って、頑張らねば。

そういえば、帰りがけに、スーツ用の靴を購入。実は、靴は日本から持ってこなかったのでした。メンズの靴って、実は、日本のよりも格好のいいものが多いように思えるし手ごろな値段のものが多い気がするけれど、本当のところはどうなのかな。
by yellow-bus | 2007-10-30 20:20 | 仕事探し

面接の準備 2

今日の昼間、日本の前の会社に電話しました。もしかして、面接がうまくいけば、レフリーとして伝えてある前の会社の上司に連絡が行くかもしれないので、ビックリさせてはまずい、ということで。取り急ぎ、今朝メールはしておいたのですが、やっぱり電話でお願いしないと筋が通らないような感じがして...。日本人的感覚は、まだ十分に残っています(笑)。

いろいろと話をしていて、「英語の電話だけは勘弁してよね!」って言われました。さぁ、どうなるんでしょうね(笑)。うまくいったら、会社の人に聞いてみます。もしかしたら、日本語がしゃべれる人が電話するかもしれないし。
どんな職種なのかは内緒にしておきたかったのですが、しかたなく、ばらしてしまいました。決まってから驚かそうと思ってたけれど、レフリーのことがあるので、それは無理でした。残念。

でも実際、レフリーにはどんなことを聞くのでしょうか。タイミングよく、週末のTheAGEの別冊のMyキャリアには、レフリーのことが書いてありました。さっそく、OQPの先生から、「読みなさい!」のメールが来ていました...。

今日は、OQPの先生からのメールが何通も来て、もうてんてこ舞い。
おまけに、情報を共有すべきとの観点から、クラスメイトからのいろんな情報もじゃんじゃん送られてくる。私も負けずに何か送ろうかと思ったけど、自分の分野の情報しか手元になく、みんなには必要ないと思うので、やめました。

今は0時15分。みんな寝ていて静かだから、もう少しやろうかと思います。
by yellow-bus | 2007-10-29 22:21 | 仕事探し

面接の準備

今度の木曜日に、面接を受けることになりました...。
とある会社のホームページで、オンラインで履歴を登録し、自己紹介やらこの会社に貢献できることやらをつらつらと書いて締切日までに申請したら、なんと、最初の第一関門を突破してしまいました。ちなみに、関門は3つあるようです。
で、締切日のちょうど1週間後にメールで「面接のお誘い」が来ました。嬉しいやらビックリしたやら。

第2関門は、全部で3時間半もかかるらしい...(汗)。
1対1の面接、小グループに分かれての面接か何か、ペーパーテスト、の3つ。
今は面接対策を準備しています。人生で最初の英語の面接。一体どんなことになるのやら。面白半分、ビビリ半分。

OQPの先生にも相談したから、授業中に面接の話になってしまい、クラスのみんなにも知れ渡ってしまった...。頑張らなきゃ。
今回はホテルではないけれど、似たような感じなので、あんまり気負いは無いものの、肝心の英語が...。今回の募集に関しては、日本語が出来る人が結構、優先順位が高いようで、私にとっては有利ではあるものの、言葉の問題は大きい。サービス業ですから。片言の英語でサービスされてもねー、って、私でも思ってしまう。プロらしくできるのか?不安がいっぱい。でも、こういう状況をちょっと楽しんでいる自分もいたりして。うーん、複雑だ。
by yellow-bus | 2007-10-28 22:57 | 仕事探し

テレビ番組

「オーストラリアのテレビはつまらない」って聞いたことがあります。
でも、テレビを買ったばかりの私には、結構新鮮。まだ”つまらなさ”に気づいていないだけなのかもしれませんが(笑)。
OQPの先生からは、「木曜日のTheAGE(新聞)を買いなさい」、と言われているので、毎週買っています。グリーンガイド、という別紙があり、それには1週間の番組表やパソコンの最新情報、街で人気のあるもの、などなどが載っています。働くようになってからや、人との話題にこと欠かないように最新情報にはアンテナを張っているように、との教えです。
テレビを見なかった頃は、全然気にしなかったグリーンガイド。テレビ番組欄をよくよくのぞくと、結構面白そう。先生から勧められた番組や、見たほうがいい番組(仕事に関係しそうな番組)や、ただ興味があるとか面白いと聞いた番組に丸を付けてみると、結構丸がついたのには、ちょっとビックリ。

グリーンガイドの中の「視聴率調査」なる項目にも気づきませんでした。それによると、『Kath&Kim』がオーストラリアで一番、メルボルンでも一番の人気番組、とか。全然知りませんでした。
よく見てみると、チャンネル7(セブン・ネットワーク)が一番人気があるようです。以前、すごい人気だと聞いたことがあった『Australian Idol』はかろうじて20位に入っていました。

そういえば、昨夜、SBSで『Iron Chef(料理の鉄人)』を見ました。うまい具合に吹き替えがされていて(声の質とか話し方とか)、元々の雰囲気が残されているように思いました。
岸朝子さんの「おいしゅうございました」はどう訳されているんだろう?って思って、試食中のコメントに注目して見ていましたが、きっと「very tasty」と訳されていたと思います。これは、ちょっとイマイチ。しかし、「おいしゅうございました」は、英語にするのは難しい。
by yellow-bus | 2007-10-28 13:58 | Melbourne生活

ストレスマネージメント

今日のOQPは、心理学者の先生の「ストレス・マネージメント」でした。日本語で「心理学者」って言うと、なんだか重々しい感じですが、この先生は全くそんな感じがしない、とても素敵でパワフルなサイコロジストでいらっしゃいました。

さてさて、「ストレスとは何か?」というところから始まりました。
『移住はとても大きなストレスだ!』という先生のひとことで、なんだか、ホッとさせられました。
好きでこっちに来たんだもの、つべこべ言ってはいけない、とか、
オーストラリアを選んで日本を捨ててきたんだから(ちょっと、表現に語弊があるかもしれません)、とか、
って、知らず知らずのうちに思っていた自分に気づきました。それが、目からうろこ、というのとはちょっと違って、憑き物(つきもの)が落ちた、ような感じ。

先生がそう言えるのも、この方、4つだか5つだかの国の永住権を持っている!という、すごい経歴の持ち主だからです。その話は、なんだかドラマみたい。
そういういろんな経験が、人間を大きくしているのだなーって思いました。

ストレスが体に与える影響やその症状(心理・体・行動)、ストレス度チェックなどなど、多彩な話がてんこ盛り。とてもためになりました。

ためになった話というか、私が気に入った話。
授業開始早々、クラスメイトが自分のストレスについて、過去の会社でのことを話し始めました。とある大企業に勤めていた彼。いつも締め切りや顧客に追い回され、上司はいつも自分よりも残業し、朝は早くから来ていて、自分もそうせざるを得なくて、おまけにプレッシャーも凄くて、そんな状況ではどうすればいいのか...っていう話。よくある話です。都会で暮らしていたら、というか働いていたら当たり前のこと。
先生はずばり、ひとこと。「辞めなさい、そんな仕事。」って。
みんな、あっけに取られて、彼自身も苦笑い。彼もそのあといろいろと主張していましたが、先生は、「それで夜眠れなくなったりしていたんだから、自分には荷が重すぎただけのことよ。仕事のために生きているんじゃない。生きるために仕事しているんだから。」って。
シンプル!そうなんだよなー、って思いました。私も、こっちに来て、なかなか上手くいかない時に過去を思い返して、ちょっと後悔したりしたこともあります。好きな仕事、好きな仲間に恵まれていたので...。
でも、仕事にしがみつく必要はなんにもない。だって、あんなに好きな仕事でも、辞めてオーストラリアに来ることが出来たんだから。ちょっとリセットしてみただけのことだ、って、今日あらためて思えました。
今日は、とても勉強になった一日でした。
by yellow-bus | 2007-10-25 22:14 | 仕事探し

電話でリサーチ

今日は一日、リサーチの電話をかけまくっていました。結構疲れました。パソコンにずっと向かっていたし、今もまだやっているし。

電話といえば最近、うちの電話がおかしいのです。つながらないのです。通話状態にしても発信音(プーー)が聞こえず、かけられないことがしばしば。でも突然直ったり、そしてまた突然通話不能になったりして。
電話機が悪いのかと思って、電気屋さんに持っていって調べてもらうと、全然おかしなところはナシ。じゃ、電話線か?
と思っていたら、昨夜、通話不能の電話から着信音が。日本から電話がかかってきました。一体?!お金払っていないから着信専用って訳でも無いのに。
そこで、ためしに携帯電話から電話をかけてみると、やっぱり着信音が。でも、発信はできず。でも、2・3回やってみたら、なんと、発信音が出ました。全く意味不明。
今朝も発信音が出なかったので、携帯電話で2回かけてみたら、発信できるようになりました。不思議です。

そんなことで時間がつぶれましたが、今日は電話をかけました。苦手だなんて言っていられません。いよいよ、お尻に火がついた感じ(笑)。
電話かける前に、話す内容を確認し、声に出して練習などしてみました。我ながら、まずまずだ。
...でも、数件かけても、ちっとも上手くいかない。「今は忙しいから」「そんな用件なら、メールして」「答えられる人は今いないから」などなど。たいして難しいこと聞いていないのに...。

でも、仕事中に仕事の用事以外の電話に応対する余裕が、あるのかどうか考えました。私なら、ヒマだったら面白半分に相手するかもしれない。実際、ヒマな時にアンケート調査等に協力していました。
お金にならない相手は、別に相手したくもありません。当然です。
ということで、「日本から両親が出てくるので部屋を探している」という嘘のシチュエーションでいろいろと聞いてみることにしました。

正解。断られることはありませんでした。会話も慣れた内容なので、ちっともおかしなことにはなりませんでした。風邪ひいて、ガラガラ声だったのに、聞き返されたりもしなかったし。
でも、こみいったこと、例えば、予約管理システムはどこのソフトを使っているのか、とか、レセプションの人の仕事内容とかまでは、聞けません。話がそんな方向へ展開しないのです。少し前進したものの、なかなか思うようにいかないものです。

クラスメイトにメールしたり、先生にメールしたりして、自宅で一日どっぷりOQPでした。
そういえば、来週、初めての面接に行くことになりました。ネットで応募した書類選考が通ったようです。ラッキー。これはホテルではなく未知の分野なのですが、あえて挑戦してみようと思います。さてどうなることやら、ちょっと楽しみです。だって、初回のセッションで3時間半も拘束されるのですから(笑)。
by yellow-bus | 2007-10-24 21:55 | 仕事探し

気づけばもう3週目

OQPが始まってもう3週目に入りました。8週間しかないので、ボケッとしているヒマはありません。が、だいたいボケッとして週末が過ぎていってしまい、火曜日の授業を聞いて、また喝を入れる、っていう感じです。よくありません...。

今日はレジュメを大胆に変更してみました。上手くいったかどうかはまだ分かりません(先生にメールして、後で個人指導を受けます)が、一番最初に作ったのよりかは進歩している、と思いたい。一番最初のは、薄っぺらい内容なのに、やたらとスペースだけを使い、3枚、めいっぱいになっていました。今は、揉みに揉んで2枚きっちり、に仕上げました。

そろそろリサーチも終盤、というか、リサーチ自体は永遠に続くのですが、一旦、仕上げて先生のチェックをもらおうと思います。リサーチは、ホテルを訪ねるところから始めますが、ネットで情報を調べて、電話でもさらにいろいろと教えてもらって、最後にHR(人事担当)の名前を聞き出すところまでがワンセット。私の場合、これがちっとも上手くいかないのです。クラスのみんなに「どうやっているの?」って聞いても、やっていること・聞いていることはみんな同じ。はて? 私みたいに、リサーチが上手くいっていない人も、クラスにいるにはいます、かわいそうなのですが。でも大体が、業種を絞りきれていないとか、今までの経歴がここでは通用しなくて職種や業種の変更を考えざるを得ない人たちであって、同じ業種・職種でいける私とは全然大変さが違います。

そういえば、今日、ランチを一緒に食べていたクラスメイト。授業中も結構良く質問したりするのですが、前と比べて(たった2週間ですが)ずいぶんと英語が上手になったような気がしました。で、よくよく話を聞いてみると、就職活動もOQPと並行してやっていて、電話インタビュー(エージェントも含め)を40社くらいこなしていて、昨日はエージェント2社、面接してきた、って言っていました。あっぱれ。経験がものを言うのです、と、これまた当たり前のことに気づかされました(汗)。

OQPのコースでは、オーストラリアでの仕事のやり方であったり、仕事や会社に対する考え方など知っていそうで知らないことを学べる機会が多く、大変ためになるのですが、それと同時に今までやってきたことの延長、というか復習も多く、当たり前のことに気づかされることもとても多いです(さっきのクラスメイトの話もそう)。日本で漫然と仕事をしてきたツケが回ってきたのかもしれません。準備不足、という一言で片付けられるかもしれませんが(哀)。

なかなか上手くいかないことも多く、凹む時もあります。そんな時に過去の自分の業績を英語でまとめている作業をしていると、「あー、なんでこっちに来ちゃったんだろう?」なんて思ったりもしました。けど、安定を捨ててこっちに苦労しに来たことを忘れていたりするので、今苦労して当たり前、と思い直して前に進むことにしています。ちょっとずつ良くなればいいと思って。
by yellow-bus | 2007-10-23 21:53 | 仕事探し

テレビ

こちらに来てから4ヶ月。テレビなしでやってきましたが、テレビを見る宿題が出たり、先生からも、「TVを観て、オーストラリアの文化や今何が起こっているのかに”keen”になるのは、仕事を探すのにも仕事を始めた後のコミュニケーションにも役に立つから。」とのお言葉もあって、購入することにしました。carparkeeさんは反対派だったのですが、ご協力いただきました。
とはいうものの、TV無いなら無いで、何とかなるもんだなー、って思いました。図書館から借りてきたDVDは、パソコンで見ればいいし。でもその代わり、パソコンのDVDドライバーはリージョンコード4に設定されてしまい、日本のもの(リージョンコード2)が観られなくなって、ちょっと困っていました。リージョンコードを変えるのにも回数制限があるし。

電気屋さんで、TVを買い、DVDレコーダー兼プレーヤーも買いました。「マルチリージョンだよね?」と念を押して。
今どきの”デジタル家電”ってスゴイです。何でも全自動。って、当たり前か。でもスゴすぎて、全然ついていけない(汗)。

DVDプレーヤーも接続して、早速、日本のモノを再生するも、できない。やっぱりね。そんな気がしていたんだな。安い再生専用のプレーヤーはもれなくマルチリージョンになっているのは知っていたけれど、わざわざコレを買ったのに、さてどうしよう...。
一応、電気屋さんに「どうなってんの?」って販売員のおじさんに電話してみるも、「メーカーのサイトに行けばやり方が書いてあるよ。簡単よ。」てな回答。
メーカーのサイトには、「リージョンコードの変更は出来ません。」って書いてありました(汗)。
サイトで検索していくうちに、同じことを考えている人がいて、それに対する答えが載っている、便利なサイトを発見。そこをさらに検索していくと、買ったDVD機種番号を発見!さっそく、設定することにしました。
「SET UP」から「LOCK」に行き、0ゼロを7回押して「SET UP」を完了させる、だけ。
なんのことやらさっぱりわからないけれど、やってみると、簡単にマルチリージョンになりました。こんな裏技を知っている人は、誰なのでしょうか。とにかく助かりました。

そうこうしているうちに、先生からメールが来ていました。「突然で悪いけれど、党首ディベートをやっているから、全部は観なくてもいいから観るように。どちらかが選挙後の新首相になるから、これからの生活や仕事の上でどう変わっていくかを知ることは大事です。」という宿題が出されました。観ている時間がなかったのですが、とりあえず録画してみました。でも全然使い方が分からない。嗚呼、日本語でマニュアルが読みたい(涙)。

先生は、「オーストラリア人はだいたい、やることがないからTVを観ている。だから、TVで何が流行っているかを知るのも重要。くだらないものばかりだけれど、オーストラリアのドキュメンタリーは英語の勉強にもなるから、会話を真似たりするように。」と言っています。ダラダラ見るのは良くないけれど、とりあえずは先生に勧められたものは見てみることにします。あとはニュース。選挙が近いから、どうなるのか見ておきたいと思います。
by yellow-bus | 2007-10-22 07:11 | Melbourne生活

暑い

今日はやけに暑い一日でした。朝起きて、新聞を取りに外に出ようとドアを開けた瞬間に、もあ~、っていう熱い空気がすでにそこにはありました、午前7時半(汗)。
幸い、今住んでいるところは、涼しいので(=冬はとても寒いし、最近も結構寒い)、家の中にいるには適温で、心地よい。
新聞の天気予報には、31度、とありました。でも明日は、21度だそうです。

外に出るも、暑くて暑くて、日差しは強くて非常にまぶしいし、乾燥していて、「あー、オーストラリアだなー。」って思った一日でした。

そういえば、さっき、こっちに来てから初めて、換気扇を回しながらシャワーを浴びました。今までは、換気扇を回すと寒くて仕方がなかったので、シャワーの後に回していました。換気扇とバスルームの照明が一体になっているので、こっちに越してきてからすぐに、バスルーム用にランプを買いました。じゃないと、暗闇の中でシャワーを浴びなければなりませんから。

こっちに引っ越してきた最初の3日間は、近くのモーテルに泊まっていました。ここもやっぱり、バスルームの照明と換気扇が一体になっていました。幸い、ヒーターが壁についていたのですが、それでもやっぱり凍えるほどに寒かった。「メルボルンは水不足だから、シャワーを浴びている間に換気扇を回せば寒くて長風呂が出来ないようになっているのか」などと、訳の分からないことまで考えてしまうほど、寒かったのを思い出しました。

春も過ぎて、一気に夏になったのかもしれません。でもまた寒くなったりするんでしょう、メルボルンは(笑)。
今年の夏のために、扇風機を買いました。1台$19でした。電気屋の人も言っていたけれど、「暑くなったらみんな買いに走ってすぐに在庫切れするから、今買わないとダメだよ」と。なんとなくそんな感じがしていたので、今のうちにさっさと買うことにしました。日本みたいな在庫管理・在庫調整はしていないだろうし。
by yellow-bus | 2007-10-21 21:48 | Melbourne生活


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

リンク

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2019年 03月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(767)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(42)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧