人気ブログランキング |

<   2008年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

日豪プレス

昨日、学校に行ったら、受付のところに「日豪プレス」が置いてあった。学校においてあるなんて、知らなかった。はじめて見た。
いつも、cityに出掛けると、領事館にも寄って、そこでもらってくることが多いのだけれど、なんだ、学校にもあったんだ。
でも、日本人の学生さんを見たことがないのだけれど、きっとどこかにいるんだろうなー。
OQPの新しいクラスにもまたもや日本人はいないそうだ。

そういえば、領事館。いつもヒマそうにしている警備のお兄さん。
この間行ったら、警備員が2人になっていた。そして、荷物チェックまで。
なんでも、反捕鯨活動家が領事館に入って、赤いペンキをまいて抗議行動をしたそうで。床に少し赤いしみがまだ残っていました。
で、荷物チェックまでされたのに、肝心の「日豪プレス」は手に入らず。でも、学校で仕入れたから、今回はいいけれど、来月からもやっぱり手に入れるのが面倒だなー。
by yellow-bus | 2008-01-31 20:01 | Melbourne生活

面接と学校訪問

昨日、アプリケーションを送っておいたところから連絡がありました。きっと、これが電話面接だったのだろうな。電話とった時に、「しまった!」って思いました。
教訓: いつでも準備ができていないといけません!
     応募したことを忘れてはいけません!!
ま、電話面接自体は、なんとか、汗かきながらも(先方には見えないからよし、としよう)質問には答えられました(と思いたい)。
で、すぐにCongratulations!で始まるメールが送られてきました。ホッ。電話で聞き取った場所をもう一度確認し、本日行って参りました。
電話でも言われたけど、そのメールにももう一度「dress casual」って書いてありました。電話の感じからいくと、結構、カジュアルな雰囲気の会社らしい。さて、casualって、どの程度までか?Tシャツ・短パンにビーサンは可か?もちろん、そんな格好はしないけれど。ノーネクタイでシャツくらいは着た方がいいのか?うーむ、よくわからん。
で、ポロシャツではないけれど襟付きの半袖シャツみたいなものに、コットンパンツ。靴は普通の靴に、カバンを持って出かけました。
結果: Tシャツにジーンズでも大丈夫っぽかった。
かなりカジュアルな雰囲気の会社でした。電話で言っていたとおりだった。面接してくれたオージー女性は、チューブトップの真夏ファッションだったし。オフィスは色とりどり。もしかしたら、いや、間違いなくうちの娘さんの保育園よりも派手だ(笑)。
面接はスムーズに進みました。受かっているといいな。連絡が楽しみだ。

実は、研修でお世話になったホテルの別部門での面接結果が出ました。連絡くれないから電話したんだけどさ、今日。
で、結果は、ダメ。残念。ま、仕方ないです。だって、バンケット(宴会)スタッフだもの。経験ないし。「経験者を探しているから...。」って言われて、私自身そりゃそうだ、って思いましたから。

さて、面接の後、久しぶりに学校に寄ってみました。実は、OQPのクラスメイトがワークプレイスメントからそのまま採用されて働いているので、ちょっとおしゃべりしに行きました。もちろん、先生にも会いに。
久しぶりに会ったクラスメイトは、がんばって仕事をしていました。彼女の口から、「もう英語について悩むことはなくなった。」という言葉が出て、スゴイと思いました。ま、学校に通って英語を勉強するよりも仕事して英語に慣れた方がいいこともあるしね。
私も久しぶりに英語を喋ったし(ホテルでの研修以来久しぶりに、ちゃんと英語でしゃべったかも)、クラスメイトと話がしたかったので、英語がドンドンと口から出てきて、彼女も「上手くなったねー。」なんて言ってくれて、ちょっとうれしくなりました。でも、英語を喋りたかっただけなのかもしれない、上手くなったかどうかは別として。

新しいタームが始まって、新しいOQPのクラスも始まった、とのこと。でも今回のクラスは、私の時とは違って、同一職種の人たち、しかも同国籍の女性たちで偏ってしまったらしい。いろんな職種やいろんな人がいたら、そこから学ぶことも多いのでは、と私は思うけれど、果たして、今回のクラスはどんな感じなのでしょうかね。みなさん頑張ってください。
by yellow-bus | 2008-01-30 19:32 | 仕事探し

一番小さいサイズなのに

e0026873_2127506.jpg案外面白いので、写真を載せちゃいます。
これは、手を洗う洗面台ではありません。サイズが一番小さいモデルハウスにあった、
露天風呂(笑)。ただ単に、屋外に出ているバスタブ、なんですが、なんでここに?っていう感じでした。










e0026873_21271362.jpgこれも一番小さいおうちのテラス。キッチンからリビングダイニングの端っこまで、すべてテラスになっていて、しかも奥には暖炉つき。めちゃめちゃ広い。でも、当たり前なのかもしれない、こういうサイズが...。











e0026873_21381534.jpgこれが一番大きいおうちのキッチンとダイニング。太陽光で光ってしまい、イマイチな写真です。
先の記事に載せたキッチンの写真と見比べると、広さの違いが歴然としています。それに、床のタイルが光っているのも、お値段の差を象徴しているように私には思えます(笑)。
by yellow-bus | 2008-01-29 21:31 | Melbourne生活

新築一戸建て

e0026873_18415892.jpgオーストラリアデーでお休みの昨日、一家3人で新興住宅地へ家を買いに、いやいや、
ただ”見に”行ってきました。
たまにTVをつけると、土地開発会社の新興住宅地のCM(〇〇ヒルズとか、××ガーデンズとか、こういったネーミングは日本も同じ)を見かけるので、ちょっと見に行ってみました。
だいたい、住宅に関しても土地に関しても素人なので、どうしたらいいのかよく分からず、どこに行けばいいのかもよく知らないまま適当に行き当たりばったり、最終的には、行き着いたモデルハウスを見て、ちょこっと話を聞いて帰ってきました。
日本にいた数年前に、マンションのモデルルームを何軒か見に行ったことがあったのですが、それと比べちゃいけないのは分かっているけれど、こっちのは断然広い(笑)。
とあるモデルルームでは、4つの広さのモデルルームが並んでいました。一番大きいのは2階建てで延べ床面積約35Sqs(=約323㎡)。4ベッドルームにバスルームが2つ。これはデカかった。不必要なくらいにデカイ。その隣が、述べ床面積約21Sqs(=約196㎡)。そのお隣が約26Sqs(=約243㎡)、最後が約28Sqs(=約257㎡)、みんな平屋。

で、結局一番気に入ったのが、一番小さいサイズのモデルハウス(写真がコレ)。あまりに大きい家だと、どうしていいのか分からなくなりそうな感じでした。そんなことを言っていても「住めば都」、で慣れてしまうものなのでしょうか...? かゆいところに手の届くサイズのところにしか、住んだ経験がないので、よく分かりません(笑)。

2・3年前のMelwayしか持っていないのですが、それによると、今回行ったあたりって、道路が点線のまま。計画中のままだし、載っていないところもあるし。最新版のMelwayでも買おうかという気になりました。
この先、新興住宅地で家を買うかどうかは分かりませんが、不動産価格が軒並み上がっているメルボルンでは、こういうところでしか家が買えないのかもしれないな、という現実に触れて帰ってきました...。
by yellow-bus | 2008-01-29 19:03 | Melbourne生活

危険な通信教育

未だにやっている通信教育。9つのレポートのうち、7つまでは修了。今、8つ目をやっています。
これが、かなり危険!
何が危険かというと、Lesson8は「Activities Management」。普通のホテルのゲストサービスについても学びますが、リゾートホテルのアクティビティについて学ぶのがメイン。なので、インターネットでリゾートホテル調査をしているのですが、これが、危険なのです。勉強どころではなくなってしまいます...(汗)。
沖縄のホテルを調べることにしたので、以前に泊まったことのある「ブセナテラス」をチェック。やっぱりここは素晴らしい。
そして系列で、2・3年前にオープンしたらしい「ジ・アッタテラス」もチェック。すごい...。行ってみたい。
などなど、夢を見てしまい、レポート作成どころではありません...。
by yellow-bus | 2008-01-27 10:09 | 仕事探し

Australian of the Year

今日は、Australia Day。いってみれば、建国記念日でしょうか。1788年に、初めて流刑囚がオーストラリアに着いた日だそうで。
日本の建国記念日(2月11日)って、何の日だったかなー、と思い、思い出そうとするも、明治憲法(大日本帝国憲法)が公布された日だったか、明治天皇の誕生日だったような、紀元節だったような、私の記憶もすごくあいまいで、結局、ウィキペディアで調べてみると、
神武天皇の即位した日で、明治憲法(大日本帝国憲法)の公布された日、でした。
古い歴史って(歴史はいつも古いけれども)、どこまで本当か私には良く分からないけれど、神武天皇の即位した日を建国記念日とすることよりも、流刑囚とはいえ、最初の移民が着いたという日の方が、私には説得力があるように感じられます。

昨夜は、『Australian of the Year』の発表がありました。首都であるキャンベラの、その中心である国会議事堂の前に人々が集まり、首相自らがプレゼンターをつとめる、だなんて、なんて光栄な、そしてなんてエンターテイメント性バッチリの愛国心高揚にこの上ない良いイベントなのでしょうか。私は偶然チャンネルを合わせてしまい、終わりまで20分ほど観てしまいました。
ノミネートされている方々を残念ながら存じ上げませんが、「Australia's Local Hero」に選ばれたJonathan Welch氏は、どこかで見たことがあるなー、って思っていたら、ABCの番組『Choir of Hard Knocks』の方でした。こっちに来る前に放送されていた番組だったので実際に見たのは特別番組の一度だけ(Sydneyのオペラハウスで公演する、というもの)でしたが、とてもいい番組だったし、この方は素敵な方だなーと印象に残っておりました。
「Australian of the Year」はカントリー歌手のLee Kemaghan氏。有名な方だそうですが、私はオーストラリア新参者なので、残念ながら存じ上げません。自分の公演の利益などを地方のコミュニティーを助けるために寄付されているそうです。

ま、それにしても、ここまで「オーストラリア」という国を、というか愛国心を真正面から叫ぶのもいいことかもしれませんが、そういう”愛国心”とは程遠いところで暮らしてきた私にとっては、新鮮にも映ったし、ちょっと不思議に思えたのも事実です。ま、こういうことにもこれから慣れてくるんでしょうか、ねー。
by yellow-bus | 2008-01-26 20:45 | Australia いろいろ

久しぶりの面接

今日、久しぶりの面接を受けました。正直いって、全然準備していなかったのですけれど...。
昨日、ホテルから電話をもらい、「面接を受けますか?」と言われたので、お願いしました。HRの人に言われていた通り、違う部門のマネージャーからでした。
で、今日面接に行ったのですが、結果的には、「なんだかなー。」って感じ。
昨日電話で連絡もらった時は悪い感じは全然なかった人だったのに、今日会ってみたら、「なんで俺はコイツを面接しなくちゃいけないんだ?」っていうオーラを前面に出した人でした。別に、こっちがお願いしたわけじゃないんですが...と、つい言いたくなるくらい。
面接自体はスムーズにいきました。私の、英語での応対も、そんなに問題はなかったと思います。
でも最初に感じた「なんで俺はコイツを面接しなくちゃいけないんだ?」っていうのがすごく気になりました。HRから推薦されて、仕方なく面接した、っていうのなら分かるのですが、実は、HRの担当者からは、「今はどこにも空きはないから、空きが出たらすぐに連絡するわねー。」っていうメールを昨日もらっていたばかりなので、はて、なんで今日面接することになったのか??という疑問が頭から離れません。
こういういきさつから行くと(と言っても、勝手な私の印象からだけですけれど)、HRからの推薦があったわけではなさそうです。6週間の研修のアドバンテージがあったかどうかは、現時点でははっきりとは分かりません。一体...?

ま、とにかく、久しぶりの英語での面接でもよくできたので、自分なりに良しとします。
そして、数日しか経っていないけれど、元の職場の方々に会えたのもうれしかったし。「なんでいなくなっちゃったのよ。今さ、テニス関係ですごく忙しくてさ。」とかって言ってくれる人もいて、自分がいたのは無駄ではなかった、ということを確認できて、ちょっとうれしかったです。
by yellow-bus | 2008-01-25 20:23 | 仕事探し

天気予報

案外当たるもんだな、って思うオーストラリアの天気予報。
天気予報を見ずに、40度になるのを知らずに出かけるのも困るので、出かける前にはチェックするようにしています。
今日も、「午後はストーム」って言っていました。傘を持っていこうか、なんて思っていた矢先に、パラパラと雨が降ってきました。洗濯物を取り込むことができてよかった。

昨日、朝がたが涼しかったので、今日は涼しいかも、と思い、長袖着なさいねー、と娘さんに言っていた奥様。
「でも、お外はまぶしいよ。」と、のたまう娘さん。太陽が出ているから暑くなる、という予報でしょうか。
結果、午後は暑くなったので、正解。3歳の気象予報士、これからも正確度の高い予報をお願いします(笑)。
by yellow-bus | 2008-01-24 11:11 | Melbourne生活

パソコン壊れた

「パソコンが動かないので、リサイクルに出します。」っていう電話が日本からかかってきました。
だいたいいつも、説明不足な私の実家の人々。何のことやら分かりません。
で、よくよく聞き出してみると、電源入れても何にも映らないし、動かなくなったのでメーカーに電話したら、
「もう8年以上も前のパソコンだから直せません。」って言われたので、リサイクルに出して処分しようと思う、ということでした。
そういえば、いまだにWindows98だった、お古のそのまたお古の私のノートパソコン。
いよいよ壊れましたか...。いままでありがとう。
私たちがこっちに来てしまうので、この際インターネットでもやってもらおうと企んで置いてきた骨董品のようなパソコン。
インターネットを経由して写真を見られるようにしてあるので、遠くにいる孫の写真を楽しんでもらっていました。
で、これからどうしようか考え、新しいパソコンを手配することにしました。今回は、スカイプもつけちゃいます。
果たして、実家の人々が文明の利器に対応できるのかどうか、不安です。
セットアップは、弟さんに頼みました。よろしくね。
by yellow-bus | 2008-01-23 20:59 | ニッポン いろいろ

久しぶりの雨

久しぶりの雨が降っています。いいことです。しばらく降っていませんでしたから。
夏のメルボルンは暑くて乾燥する、って聞いていたのですが、今のところ、熱くはないけれどずっと乾燥しています。唇がリップを塗っても塗っても乾きます。
雨なので、日本から持ってきた”傘”を思い出しました。船便で3本送りました。
でも、なんでこの3本なのか?なんで、あえてこの3本なのか?訳が分かりません。引越しのどさくさだったから、というのが言い訳かもしれません。
1本は奥様の傘(でも、よく見るとカビていたので、送る前に雑巾でキレイに拭いた)。あと2本は、なんと、私が前のホテルから勝手に持って帰ってきたお客さんの忘れ物の傘。しかも、よくみれば、100円ショップでも売っていそうなシロモノ(汗)。なぜこれを、わざわざ船便で、しかもエアーの緩衝材で包んでまで持ってきたのか分かりません。
しかも、そのうちの1本は、あっけなく壊れました。ますます、意味が分かりません。なぜこれを選んできたのか...。
引越し時の、尋常ではない状況のなせるワザでしょう...。
by yellow-bus | 2008-01-19 21:27 | Melbourne生活


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

リンク

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2019年 03月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(767)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(42)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧