人気ブログランキング |

<   2009年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

献血 その後

500mlを献血した、その後の話。
翌日。私としてはめずらしく、一日中だるかったです。400mlと500mlの、たった100mlの違いですが、相当カラダにはこたえるのでしょうか。日本でやっていた400mlの献血の翌日にだるかったことなどは一度もありませんでした。ま、しんどくてカラダが動かせないほどではありませんでしたけど。

そして、先ほど。赤十字より電話がありました。「その後の体調はいかがですか?何か、質問とかありませんか?」と。日本ではないですね、こんな電話。で、「数週間後に献血カードが届いて、前回の献血から12週間したらまた献血できますから、131495にまで電話して予約してくださいね。」とのことでした。
まぁ、丁寧な応対だこと。ちょっと驚きました。

ボランティア活動はコチラでは盛んですが、私自身、今は特に何かやっているわけではないので、献血でもして少しでもお役に立てればうれしいです。なので、また献血しに行こうかと思います。

ホームページ: Australian Red Cross Blood Service
by yellow-bus | 2009-05-31 15:51 | Melbourne生活

155

前にもどこかで書いたと思うけど、メルボルンはずっと水不足。今のダムの貯水率は26.5%しかありません。去年の同じ時期は30.4%あったのに。30.4%でもかなり少ないですが。
なので、できる限り節水に努めています。とはいっても、そんなに必死にはやっておりません。かなりゆるいやり方です。

水道の請求書が届きました。そこには今回の使用料金とともに、1日の使用量の平均が載っております。
去年の同時期は322リットルの我が家は、今年は273リットルだそうで。
目標が1日1人155リットルですので、我が家は大人2人と子ども1人ですので、無事クリアしています。よかった。この調子でいければいいのか、と思いました。
水道の請求書って、3ヶ月に1回くらいしか来ないから、イマイチ、どれだけ使っているのか、よく分かりません。アパートだから、どこに水道の使用量のメーターがあるかも分からないし。

それにしても、うちの節水は、特に何にもやっていません。ま、もっと節水に努めれば、もっと節約できて家計にも環境にも優しいのでしょうね。
そこで疑問。たいして何にもやっていなくても目標の155リットルはクリアできるのに、これをクリアできない人たちって、どうやっているのでしょうね。毎日、ジャクジーにでも浸かっているのでしょうか。庭に水をガンガン撒いているのでしょうか。不思議です...。
by yellow-bus | 2009-05-28 11:30 | Melbourne生活

もったいない

時々、ワタシやうちの奥様宛ての郵便が実家に届きます。そのたびにこちらに送ってくれているので、助かります。ありがたいです、ホント。
が、結構頻繁に送ってくれるので、もったいないなーと思うのです。日本を発ってそろそろ2年ですから、今すぐコチラに転送してもらわないと困るようなものはほとんどないのですが、最近も、開けてビックリ!のくだらないものが、
EMSで1200円もかけてはるばる日本から届けられて、ビックリしました。

送ってくれるのは大変ありがたいのですが、いつも、転送の郵便物だけが送られてきます。
例えば、ポケットティッシュ1個でも、100円ショップで売っているキティーちゃんのシール1枚でもいいから入っていればいいのに、って思いますが、なーんにも入っていません。せっかく送るのに、送料の範囲内で何か送ろうとか、って思わない、不思議なワタシの実家の人たちです。

で、数日前、姉にメールしました。「今度何かが届いたら、まずどんなものかメールしてください。必要ならすぐに送ってくださいってメールしますから。」と。そしたら、早速、「〇〇高校同窓会のお知らせを、送ります。」とのメールがありました。
「やればできるじゃん!」って思ったのもつかの間、「送ります。」って...?
不安になり電話したところ、電話に出た母曰く、「もう送ったみたいよ。」とのこと。

はぁ。 またもったいないEMSが太平洋を渡ってくるようです。

なので、以下のメールをさっき送りました。
「1. 郵便が実家に届く
      ↓
 2. メールにて私に知らせる
      ↓
 3. こちらよりメールにてすぐに送ってもらいたいものか、しばらく貯まってから送ればいいのかメールまたは電話にて連絡します
      ↓
 4. こちらより、送ってくださいとメールしますので、その時に送ってください
      ↓
 5. その際に、一緒に同封して欲しいものもお知らせしますので、できれば一緒に送ってもらえますか

 せっかく郵便物を送ってもらうので、一緒に送ってもらいたいものも今後はお知らせします。たとえば、100円ショップで売っているシール、とか、鉛筆とか、ぜんぜん高価ではなくて、そんな程度のものをお願いすると思います。」

これで分かってくれればいいけど...。
by yellow-bus | 2009-05-27 19:16 | Melbourne生活

車酔い

ちょっと前のこと。車の助手席に乗っていたら、思いっきり酔いました。久しぶりです。
原因は、地図を凝視していたためだと思っていました。
そしたら、その数日後にもまた酔いました。今度は、軽かったのですが。ちなみに、地図は見ていません。
はて?

原因を考えてみると...
ズボンがきつかったからではないか、ということに至りました(汗)。
単なる、体重増加のせいだった...。

仕事探しと家事全般の毎日のために、仕事から発生するストレスが、当然のごとくゼロなので、毎日のご飯が美味い(笑)。ストレスがないので、お酒を飲む量が減ったような気もするけど、ご飯が美味しいからよく食べる。
オーストラリアは今は秋だけれど、日本みたいな食欲の秋は感じられない。秋だから、この時期だけだから、っていう美味しいものはないように思う、残念ながら。だから、普通に、毎日のご飯が美味しい。とってもいいことだ。健康的な生活を送っている証拠。

ところが、数日前。献血のために体重を量ってみたら、なんと、増えていない
車酔いの原因は何だったのだろうか....?
by yellow-bus | 2009-05-24 22:26 | Melbourne生活

最近の美味しいもの

最近、うちの奥様が見つけてきた美味しいもの。

クィンス・ペースト。(Quince Paste)

最初は何のことやら分かりませんでした。で、よくよく聞いてみると、クィンスというものからできているジャムのようなもの、とのこと。

そこで思い出しました。クィンスとは何か。近所のマーケットによく売っていました。コレです。


e0026873_20141313.jpg


カリン、です。
なんでこんなにカリンが売っているのか、不思議でしようがありませんでした。日本だと、ハチミツに漬けるかお酒(焼酎)に漬けるかしか食べ方(使い方)はないと思っていましたし、それに、秋の、ホンの一時期しか八百屋さんの店頭に並びません。しかも、ごく少量。でもここでは、比較的長い間、大量に売られています。

このクィンス・ペーストと一緒にブリーチーズ(我が家ではタスマニア産をいただいております)を食べると、もう、赤ワインが進む!進みすぎて困るくらいです(笑)。

先日訪問した小学校では、そのオープンデイにあわせて、小さなバザーのようなものがありました。そこでこのクィンス・ペーストが売られていました。そこの小学校で採れたカリンで作ったそうです。”ダブルコイン・ドネーション”となっていたので、財布の中のコインを探しましたが、あいにく$2コインしかなかったので$2コインを2枚渡しました。そしたら、受け取った男の子が1枚を返してくれました。あれっ?
「いいの?」って聞いても、「いいよっ。」って言うし。で、そのまま返してもらっちゃいました。そしたら、その横にいた別の子が「2枚もらえばいいんだよー。」ってその男の子に言っていました。ワタクシ、悪いことしてしまいました...。返してもらった$2で他のものを買えばよかったです。気が利かなくて御免なさい。
そのクィンス・ペーストは、スーパーで買ったものよりも、何倍も美味しかったです。ありがとう。
by yellow-bus | 2009-05-23 20:27 | Melbourne生活

初めての献血

行って来ました、献血。日本では何回もやったけれど、ここオーストラリアでは初めて。はて、どうなることやら...。

日本とは違って、基本的に予約制となっています。受付で問診票に記入している間に、アポなしで来たおじさんがいましたが、今日はすでに待っている人もいるので、また次回にしてください、と言われて帰っていきました。常に「献血のご協力お願いします!」って駅前で呼びかけている職員を見てきた私には、お断りするなんて...なんて、ちょっと思ってしまいました。ま、日本とオーストラリアでは事情が違うのでしょうけれど。

問診票の記入、職員の方によるチェック、事前の赤血球の検査、血圧測定なんかは同じ。
付け足しの質問は、最近4週間以内にメキシコに行ったか、と2週間以内にクィーンズランドに行ったか、でした。例の新型インフルエンザの影響ですね。
違うのは、献血量。日本だと200mlか400mlの全血か成分献血となっていますが、ここオーストラリアは、
500mlです。実際には、470mlと検査用の30mlに分けられています。全血以外にももちろん成分献血もやっています。(成分献血はプラズマって言うようです。)

献血前に、本人確認をするのも同じ。名前と生年月日を言うことで確認しています。日本みたいに、バーコードでの管理もやっていましたが、日本ほどいろんなものにバーコードシールを貼ったり、手首にまきつけられたバーコードをリーダーで確認するっていうことはありませんでした。
リクライニングシートにちょっと横になって血液が抜かれていくのも同じ。ちなみに、機械はテルモ社製でした。

献血後のお楽しみであるジュースですが、今回行ったのが病院の中にある献血センターで、病院のカフェ(有料)を共有する形となっていました。そのカフェで食べ物飲み物が無料でもらえます。飲み物(コーヒー・紅茶・オレンジジュース・リンゴジュースのうち一つ)と食べ物(マフィン・小さなミートパイ・甘いパイ・ビスケット・ヨーグルト・フルーツなどのうち一つ)がもらえます。
日本の献血センターだと、ミス〇ードーナツがあったり、ロッテ〇アのハンバーガーがおいてあるところもありました。ジュースもコーラなどの清涼飲料水も自動販売機からとり放題みたいになっていましたけど、そんなに大盤振る舞いではありません。
場所によってはマッサージとか占いが無料であったり、献血中にDVDやテレビが観られたりするところもありましたが、それは日本だからなんでしょうねー、きっと。

今回、問診票をチェックしてくれた方は日本に交換留学生で1年間滞在したことのある方で、私の名前を英語風ではなく、キチンと呼んでくれました。初めてかもしれない。日本に遊びに行ってきたばかりだそうで、日本の話なんかしたりして、気さくな方でした。献血中も「大丈夫ですか?」なんて言ってくれたりして。

あ、日本と違うところ一つがありました。包帯をしっかりと巻かれました。日本だと、バンソウコウでしたけど。
また3ヵ月後に行きたいと思います。
by yellow-bus | 2009-05-22 14:37 | Melbourne生活

swine flu

swine flu: 豚インフルエンザ
※swine(スワイン)は、豚のこと。pigではないようです、この場合。swineは家畜化された集合体としてのブタ、ということで、pigは個々のブタをさす、そうです。(ジーニアス英和大辞典より)

日本ではマスクが売り切れたりしているそうですね。
ここ、メルボルンでも4人目の感染者が見つかり、学校が閉鎖されたりしています。でも、日本ほどの大騒ぎではないようです、まだ。
その休校になった小学校は、うちからわりと近くにあります。といっても、電車で行くと駅3つくらい離れていますが。で、そのかかってしまった兄弟のお兄さんが通っている高校が、これまたわりと近くにあります。で、googleマップで調べてみると、どっちの学校もうちから数km程度でした。案外近いのですが、誰もマスクしていません。私らもしていません。
日本だったら、その近所のほとんどの人がすることになるだろうなー、って思います。ここがのんびりすぎるのか、楽観視しすぎなのか分かりませんけど。
とりあえず、外から帰ったら手洗いとうがいは必ずしています。
最近、娘さんにうがいのやり方を教えたところ、のどの奥でゴロゴロと音をたてるのが楽しいらしく、真剣に”のどうがい”をしてくれています。頼もしいかぎりです。
by yellow-bus | 2009-05-21 19:50 | Melbourne生活

小学校訪問 ひとまずおしまい

昨日と今日とで合計3校、小学校訪問しました。娘さんも一緒です。本人はきっと、「なんでこんなにあっちこっちに連れて行かれるのだろう...?」って思っているに違いありません。意見を求めるわけではありませんが、自分が行くことになるであろう小学校には事前に行ってみて、その様子に触れてもらえれば、と思っています。
とりあえず、これで近所の公立小学校はほとんどまわりました。
今日行った2校は、とても人気のある学校のためにそれぞれに学区があり、地域が限定されています。ま、その地域に住んでいないとまず行けなさそうです。運良く空きがあればいけるかもしれませんが、難しそうです。

総合して、どの学校もとてもいい学校でした。どこに通わせてもよさそうな感じです。
あとは、今後、どこに住むのか次第で学校が決まりそうです。それが最難関かもしれません...。
それが決まるのが早いか、学校の申し込みの締め切りが早いか。困りましたね。
by yellow-bus | 2009-05-20 14:44 | Melbourne生活

お役に立てれば

さきほど、めったに鳴らないワタシの携帯が鳴りました。はて?仕事の電話ならうれしいのだが、きっと何かの勧誘だろうと思って、一応出てみました。
最初を聞き逃してしまったので、だれからの電話かよく分からないままに話をしていると、相手は赤十字からでした。
そういえば、ブッシュファイヤーの時に献血の予約をしていたのでした(コチラ⇒
すっかり忘れておりました。アレから3ヶ月が経ったのですね。
勧誘だと思って途中で切らなくてよかった...。

電話での簡単な問診(最近12ヶ月のうちにタトゥーとかボディーピアスを入れましたか、とか、注射のドラッグはやったことはありますか、とか、イギリスに行ったことはありますか、とか)があり、すべて大丈夫だったので、オーストラリアでのはじめての献血をすることになりました。
で、予約をしました。今度の金曜日に。ちょっとドキドキです。
by yellow-bus | 2009-05-19 19:22 | Melbourne生活

ブログやってるの?

「このブログって、アナタのだったの~? 面白いよねー。」
先日久しぶりに会った友達に言われたこと。
なんか、恥ずかしい....。
別に内緒にしていたわけじゃないけれど、特別に言っておくことでもなかったし。
面白い、と褒められれば素直に喜んじゃう(笑)。お世辞でもうれしいです。

メルボルンって、やっぱり狭いのだなーと実感。
by yellow-bus | 2009-05-17 11:49 | Melbourne生活


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

リンク

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2019年 03月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(767)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(42)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧