人気ブログランキング |

<   2010年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

投票

日本の参議院選挙の投票を郵便で依頼していたので、先日、日本から投票用紙が届きました。
で、中味を確認。ピンクの紙の投票の説明書き、黄色と白色の封筒、在外選挙人証が入っていました。
それだけ。
えっ、誰が立候補しているのか、どの政党に投票すべきかの一覧表がないじゃないの。
前回の衆議院の選挙の時には入っていたのに。

仕方ないので、インターネットで調べて、自分の選挙区の立候補者名を調べました。
もう、誰が誰だかちっともわからない。ま、それは仕方がないや。
自分の実家とはいっても、もう何年も住んでいないからよく分からないし。
政党もなんだかいろいろと増えていて、よく分からない。
ま、日本国民の義務だから、と投票しました。

で、国民の義務って何だっけ、と、ふと考え、それは、納税と教育を受けさせることと勤労だったな、と。
では、何で選挙を国民の義務と思ったのか、ふと不思議に思いました。
もしかしたら、投票しないと罰金、というオーストラリアの選挙と混同していたのかもしれません。
そんなことを考えた朝でした。
by yellow-bus | 2010-06-30 09:42 | Melbourne生活

冬至?夏至?

この間、日本では夏至だったそうで。ということは、南半球では、夜の時間が一番長い冬至になるのかな、と。
朝番で出勤するとき、午前6時半でもまだ真っ暗だった、ここ最近。ああ真冬だ、と気分もどんよりしがちでしたが、
これで、日一日と昼間の時間が長くなっていって、春らしくなるのではないのかなぁ、と。
晴れたり雨降ったりが一日の中で何回もある、メルボルンの冬。空気も冷たくて、ああ冬だなーと思う今日この頃。
洗濯物が乾かないのも、メルボルンの冬。
西高東低冬型気圧配置でよく晴れるけど超乾燥の東京の冬よりかは好きになってきました、メルボルンの冬。
住めば都、っていうのも、こういうことも含めてかも。
by yellow-bus | 2010-06-27 16:20 | Melbourne生活

オープンキッチン

今、我が家はオープンキッチンです。と言っても、こんな感じ
e0026873_1583184.jpg

のレストランみたい、なわけでは全然なくって、オープンになっちゃっているのは、キッチンのココ。
e0026873_1553427.jpg

なんと、電気コンロの耐熱ガラス部分が見事なまでに壊れたのでした。嗚呼。
壊れた時の写真はコチラ。
e0026873_15543715.jpg


この家に引っ越してきた時に、この際だから思い切ってガスコンロに変更しようか、とも思ったのですが、
前のオーナーさんが「まだ新しいし、ガスならいつでも引けるから。」と言っていたし、引越し前で他にもやることが山ほどあったので、結局、ガスは引きませんでした。

こうなった以上、ガスを引こう!と決心し、お隣さんにガスのプラマーさんを紹介してもらって早速来てもらいました。

朝8時5分前に携帯の電話が鳴りました。プラマーさんからでした。もうココに来ているから、門を開けて!と。
早い。私、まだパジャマですけど...。(工事の人とか郵便も含め配達の人たちは朝が早いのです、この国では。)
どこからガス管をひくのか、ガスのメーターはどこに設置するのか、いろいろと測ってもらいました。
とにかく、ガス会社に連絡してガス管敷設工事の依頼をする必要があるとのことで、プラマーさんがその手続きをやってくれるとのこと。ありがたい。
でも、ガス会社がすぐに動いてくれるのかが不安。なにせ、なんでも時間のかかるこの国のことですから。

そして、プラマーさんよりまた連絡がありました。「ボディーコーポに連絡しないと。」
それからボディーコーポに連絡しました。ボディーコーポいわく、測量して、図面を用意して、工事依頼を出して、うんぬんかんぬん...。ああ、予想よりももっと時間がかかりそうだ。
ボディーコーポには、キッチンのコンロが壊れているから急いでくれないと、毎晩BBQしないといけなくなるから困っています、ということは言ってありますが、さて、どれだけ時間がかかることやら。全く読めません。
ガス工事が終わるまでは、カセットコンロとオーブンをフル活用して夕飯を作ることになります。ああ面倒。
by yellow-bus | 2010-06-26 15:37 | Melbourne生活

10年先取り

「あのさぁ、ジャスティン・ビーバーってどんな歌、歌っていたっけ?」
「えっ、あんた、ジャスティン・ビーバーって、誰だか知ってるのかい?」
「うん、知ってる。」

ウチの娘さん、ただいま5歳半。でも、ジャスティン・ビーバーを知っている様子。おそろしや。
そういえば、ちょっと前には、マイリー・サイラスが好きだのなんだのと、おっしゃっていましたねぇ。
ティーンじゃあるまいし、ちょっと10年ほど先走りすぎているのではないか、と将来が不安になりました...。
by yellow-bus | 2010-06-19 18:44 | Melbourne生活

シャワーヘッドの交換

メルボルンは万年水不足。今年は今のところ、まだ去年よりもダムの貯水率が少しだけいい状態なのですが、それでもやっぱり節水しないといけない状態です。
ずっと前に水道局(Yarra Valley Water)から、節水型シャワーヘッドへの無料交換の案内が来ていました。それによると、今使っているシャワーヘッドを外して、近所のバニングスに持っていくと、節水型のシャワーヘッドと交換してくれる、というキャンペーン。いつかやらなきゃ、今度やろう、とか思っているうちに、期限が迫ってきたので(期限は今月20日まで)今朝、交換してきました。シャワーヘッドなんて、スパナで簡単に外せるものなんですね。

で、バニングスに持っていきました。在庫がもうなかったりして行くだけ損、みたいなことにならないか、などと要らぬ心配もしましたが、無事に交換してもらいました。で、くれたレシートには、$15.60とあります。このシャワーヘッドって、$15.60なんだ~、えらい安いな、とビックリ。

そういえば、東京で働いていたホテルでも節水型のシャワーヘッドに変えたことがあります。これが、えらく評判が悪かった。私も使ってみましたが、水の出る穴が極端に小さいのか、シャワーが痛いのです。たっぷりのお湯なんかでシャワー浴びようと思うと、もう痛いの何のって。これ、たしか1個7000円以上して、総額で90万円くらいの出費だったと記憶しています。でも、あんまりにも評判が悪くて数年で交換してたっけ。90万円の費用対効果は...、って感じだったな。
そういえば、穴が小さいのが原因だと思ったお客様に壊された(クギかなんかで水の出る穴が大きく広げられてた)こともあったなー、なんてことも思い出しました。

さて、新しく取り付けたうちのシャワーの使い心地は、思ったほど悪くない。ま、節水してるなー、って感じで、水の出る量は少なく感じますけれど、環境にも優しくお財布にも優しいので、これでよしとします。
by yellow-bus | 2010-06-16 23:40 | Melbourne生活

まるで試験のよう

娘さん、ただいまプレップ2学期目。どんどん文字に興味が出てきているようで、というか、どんどんいろんなことを書きたいみたいで、いろんな単語のつづりを聞かれます。まるで、単語のテストのよう。
「『トレジャー』はどうやって書くの?」みたいな感じで。

とっさに聞かれると、かなり怪しい私の英語(笑)。電子辞書が必要になることもたまにあり、恥ずかしい。
最近は面倒になってきたので、ずーっと前にニューヨークのお土産で買ってもらった、絵や写真で単語を説明している大判の子ども向け辞書を渡して、「さぁ、探しみてましょう。」と自分で探してもらうことにしています。
そういう観点から見ていくと、英語のつづりは、発音と文字とが一致しないので、つづり(スペリング)って結構難しいことに、今さらながら気づかされました。
by yellow-bus | 2010-06-15 15:53 | Melbourne生活

今から3・4年前にさよならを

「今から3・4年前に家族にさよならを言っていますね。みんな笑顔で手をふっていますね。」
なんて、いきなり言われてビックリしました。さて、コレは一体。

一昨日の金曜日、どこかで聞いたMindBodySpirit Festivalというイベントに行ってきました。そこではタロット占いなどしてもらえるということで、生まれて初めてやってもらいました。
事前予約は受け付けず、10時に開場し、早いもの順で読んでもらいたい人の予約を取る、とホームページには書いてありました。しかし、先週なにげなくホームページを見てみたら、事前受付を限定的に行っているようで、早速手続き。運良く事前予約を取ることができ、そして入場券も前払いで安く購入することができ、なんだかラッキーというか、虫の知らせというのか。早速、ちょっと不思議な気分。

で、金曜日。朝一番10時の予約を取ってあったのですが余裕を持って行こうと思っていたものの、仕事の電話などを済ませていたら、会場につくのが10時5分前になってしまいました(汗)。入り口には長~いの列。
リーディングセッションの事前予約者は特別入り口より優先的に入れます、なんて案内のメールには書かれていたけれど、そこはやっぱりオーストラリア。普通に並ばされ、会場に入るのにも一苦労。
で、リーディングルームに着いても、さらに長~い列。ここでも待たされましたが、なんとか係の人に予約がある旨を伝えて、前にいた人を飛ばして入れてもらいました。

さてさて。予約しておいたのは、マギーさん(仮)。テーブルに着くなり挨拶もそこそこに、さっそくタロットカードをシャッフルするように言われ、適当に、何にも考えずにシャッフルし、それを彼女がさっ、さっ、さっ、て並べました。で、一番最初に言われたのが最初のコトバ。もうビックリ。だって、ちょうど3年前にオーストラリアに来たんですもの、私たち一家。その次の言葉にもビックリ。「政府のコントラクトとかで移動して、家族にさよならを言っているけれど、悪い別れじゃないわね。みんな笑っているわ。」これ、政府のコントラクトってビザのことでしょうね。
このあと、近い過去(数ヶ月前)のこと、今、数ヵ月後、数年後、といろいろとみてもらいました。
ああ、面白い。こうなったらいいだろうなー、と思うようなこともどんどん言われました。本当かな~。
気になっていることにもいろいろと答えてもらい、たった20分だかのセッションでしたけど、とてもためになりました。気をつけなければならないこととかいろいろあって、今後はどうなるのか、自分のことなのに面白がっているのも変ですが、とても面白い経験でした。
いまどきなのですが、テープレコーダーに録音してくれた($5別料金)ので、テープおこしして、もう一度よく聞いてみようと思います。テープ自体をどこかで変換してもらわないと聞けないけれど。
by yellow-bus | 2010-06-12 19:19 | Melbourne生活

視界が

昨日の朝。午前6時に家を出て、真っ暗な住宅街の道を駅に向かって歩いておりました。
どこかの家の木が道にはみ出しているのに気づかず、っていうか真っ暗で何にも見えなかったのですが、その枝が左目あたりに当たりました。その瞬間、視界がおかしなことに。??
まさか。まさか。

嗚呼、こんな真っ暗な道でコンタクトレンズがはずれるだなんて。ああ、ショック。
電車は6時17分発で、その時、6時5分頃。ハードレンズだからこちらオーストラリアではすぐには手に入らないのであきらめきれない。
かといって、家に帰って使い捨てをつける時間はもうないし、ここで探してもみつかるものなのか。
しばしの葛藤の後、探すことにしました。真っ暗な道にしゃがんで、携帯電話の灯りをたよりに。

探しました。靴で踏んだら割れちゃうから、ものすごく慎重に。でも、電車の時間は迫っているし。

さあ、どこで諦めるのか。諦めきれるのか。
新コンタクトの出費を我慢するために探し続けるか。電車に乗るために諦めるか。

朝っぱらから困ったなー、と思っていたら、ラッキーなことに見つかりました。所要時間5.6分っていうところかな。

その後、駅までダッシュし、電車にも間に合い(電車はちょっと遅れていた)、何もなかったように普通の朝に戻りました。
昨日は一日中、誰にというわけではないけれど、このラッキーなことに対して感謝の気持ちで過ごしました。そうしたら、イヤなことがあっても平気でいられました。不思議です。
by yellow-bus | 2010-06-09 09:01 | Melbourne生活

代休

昨日、丸一日働きました。ええ、文字通り、丸一日。午前7時から午後10時まで。
風邪ひいたスタッフがいたもので、朝の仕事から引き続き夜の仕事まで、オープンからクローズまで頑張りました。
ひどい風邪が流行っているようで、他にも風邪ひいている人がいます。もらわないように気をつけないと。

困った時はお互い様だから、何の迷いもなく夜の仕事も引き受けました。っていうか、日曜の夜はヒマなので
ちっとも大変じゃないから、率先してやるって言ったし、それに代休目当て、っていうのが本音。
でも、周りの人はずいぶん気を使ってくれて、夕飯をおごってもらいました。ラッキー。
「今、QVのHanaichiにいるけど、何か買っていくから、何がいい?カツカレー?とかあるけど。」
なんて電話もらって、「じゃ、カツカレー、ポークでお願い。」 超ラッキー。
ものすごく久しぶりに食べた、日本のカツカレーでした。美味しかったです、ごちそうさま。

ラッキーなこともあればアンラッキーも。
帰りのトラム、15分以上も遅れ、雨ふる中、寒い思いして待たされました。で、やっと来たトラムに乗ると、
トラムの中はものすごく汚れている。誰かが...(以下省略)。
ま、こんな日曜日でした。で、今日は朝7時から仕事。今週1週間は過ぎるのが早そう。
by yellow-bus | 2010-06-07 15:49 | JOB

温かいんだねぇ

前に住んでいたアパートは、バスタブにガラスの仕切りがついていて、シャワーブースっていう訳ではなかったので実は結構寒かった。こんな感じ(イメージ図)。
e0026873_17565461.jpg

おまけに電気と換気扇が一緒のスイッチだったものだから、真冬には電気スタンドの明かりでシャワーを浴びていました。だって、天井の照明をつけると換気扇が作動して、めちゃくちゃ寒かったのです。

今はシャワーブースがあります。だいたいここで済ませます。バスタブもあるのですが、水がもったいないのであんまり使いません。溜めて入りたいときだけ使います。基本、万年水不足のメルボルンですから、水は貴重ですし。

先日、水道の請求書が来ました。そこには1人1日155リットル、という目標がいつものように書かれています。で、今回の請求書では、私たちの一日の使用量が書かれていました。それは、300リットル、でした。うちにしては過去最大の使用量です。ま、一家3人ですから、1人1日155リットルの目標は下回っていますけれど、はて?どうして増えているのか。普段、無駄使いしていないと思うのですが。

最近、めっきり冬になったようなメルボルン。シャワーだけでは寒いのでさっさと済ませるようにしているつもりですが、前のアパートの時と比べると、シャワーブースで浴びるシャワーって温かいので、もしかすると長風呂ならぬ長シャワーになっているのかもしれません。それに、最近、娘さんは1人でシャワーに入るので(というか、私らが面倒くさがって放置しているのが真相)、そういうのも影響しているのかも。水道料金もバカにならないし、環境にもよくないので節水しないとな、と思ったしだいです。
by yellow-bus | 2010-06-05 18:11 | Melbourne生活


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

リンク

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2019年 03月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(767)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(42)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧