人気ブログランキング |

<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ワインはいかがですか

この間の夜。娘さんが「お父さん、ワイン飲みたいですか?」と聞いてくるので、「ええ、いただきます。」と言うと、
冷蔵庫から白ワインを持ってきて、テーブルに置いてくれました。未開封だったので自分でキャップはまわせず、私が開けましたが、グラスにそそいでくれました。なんと、腰にはワインオープナーもどきのプラスチックの大きなクリップ(ポテトチップの袋とかを一時的に閉じておくためのクリップ)が差してありました。本格的なソムリエさんです(笑)。

その後、なんと、お金を請求されました。嗚呼。ソムリエではなく、ホステスでした(汗)。

というのも、いつだったか、こんなものを買ったので、それにお金を入れてくれ、ということで。
e0026873_13445899.jpg


ぼったくりバーじゃなくてよかったけど(笑)。
by yellow-bus | 2010-07-30 13:38 | Melbourne生活

ipad買ってみる?

ちょっと前のこと。テレビのコマーシャルに影響されて、ウチの奥様が「うちもipadを買ったらどうか。」などと言い出しました。ま、今使っているノートパソコンは、本当にいつ壊れてもおかしくない年代モノだし。
さて、ipadってなに?っていう程の時代遅れじゃないと自分自身思っておりますが、じゃ、ipadで何ができるの?と聞かれたら、返答に困るなあ、と。要は、何にも知らないに等しいのだな、と。

ということで、週末にでもショッピングセンターに触りに行ってみましょうか、ということに。幸い、一番近くのショッピングセンターに、なぜがアップルストアーがあり、こんなことでもなければ行ったりしないからいいチャンス、と。
学校に通う子ども用ということで購入する(名目だけ、ね)となると、購入金額の半額は控除の対象になるらしいと聞いたのでコレもチャンスかも、と。

ですが、インターネットで事前に調べた感じじゃあ、なんだか、電子書籍端末、っていう感じ。
わざわざipad使ってまで読みたい雑誌などないし、四六時中ネットにつながっていないと不安、ということもちっともない。実際、携帯電話ではネット接続しないし、Eメールのやりとりもパソコンで十分。ipadを携帯する意味も私にはないし。

ってことで、ショッピングセンターに行くまでもなく、ipad購入計画はボツとなりました(笑)。

ipadについていろいろと調べていったら、会社の会議なんかでみんなでipadを使えばペーパーレスになって、環境にもやさしいとか書いてあるものを見ました。そうかもしれませんね。紙の大量消費は森を破壊するからよくない、とは分かっています。
でも、やっぱり実際の紙には負けるなあと思ったことがありました。

先日、日本の義理母より荷物が送られてきました。ウチの娘さんは、「宝の箱が届いた~!!」という感じで、配達されてきた朝は、狂喜乱舞(笑)。登校前なのに、今すぐ開ける勢いで、それを阻止するのに必死でした。ま、実際、可愛い孫娘のためのものがたくさん入っていたんですけどね。でも、その箱の中にすき間を埋めるために入っていた約1ヶ月前の静岡新聞の方が私には宝、でした。
一応毎日、インターネットで日本のニュースは読むようにしているけれど、やっぱり、実際の新聞にはかなわないなあ、と。記事もさることながら、週刊誌の広告ですら、面白すぎる。元々、新聞大好き人間なので、やっぱり新聞は紙で読みたいなあ、と。1ヶ月前の新聞を隅々まで堪能して、そう思いました。

1ヶ月前の新聞だったので、ちょうど、鳩山首相退陣のニュースでした。鳩山首相の過去の発言「国民の方が話を聞いてくれなくなった」とか「恵まれた家庭に育ったのでお金の管理が甘かった」とかいうのを初めて知り、驚きました。インターネットのニュースは、自分で探し出さないと目につかないことが多いので、こういうニュースというかちょっとしたことは見逃しがちになるんだろうなあと。まだまだ私はアナログ派、だな。
by yellow-bus | 2010-07-27 20:56 | Melbourne生活

立場が違えば

そういえば、もうすでに隣のビルがオープンして1ヶ月ちょっと経ちます。これで完全オープンとなりました。
あ、でも、レストランが営業していないので、まだ”完全”とは言えないかも。
6月はファイナシャルイヤー(会計年度末)の締めにあたるからかはよく分かりませんが、結構ヒマでした。ラッキー。で、6月が終わったとたんに急に忙しくなって、ブログ更新するのも億劫になったほどです...。
今のところは、そんなに問題もなく営業しているので、なんか、つまらないです。ま、問題があったほうがネタ的にも面白いのですが、今のところイマイチ、です。

で、忙しくなったので、人を雇うことになりました。
前回はカジュアルスタッフ(要は、パートタイム)で募集しました。その時はあんまり集まらず、応募があっても、カジュアルという雇用形態のせいか、高校生とか大学生とかが多く、経験者を採ろうと思っていた私らの思惑通りにはなかなかいかず、ちょっと苦労しました。ですが、なんとか経験者を見つけて採用に至りました。ホッ。

で、今回は、フルタイム(要は、週5日勤務)で募集中です。フタをあけてビックリ。3日間で60通もの応募がありました。経験者も応募多数です。
実は、前回も今回も書類の一次選考(要は、レジュメ(履歴書)のチェック)は私がやっています。
前回は高校生とかの応募はすぐに落とせたので、仕分けもラクでしたが、今回は経験者の応募も多数だし、応募の数自体も多いので、一つ一つきちんと見ていかないといけません。しかも、お客様を接客しているカウンターで、電話の応対もお客様の応対もメールの応対もしつつなので、なかなか忙しいです(汗)。

1年前は仕事を探していた立場なのに、今は選考する側に回るとは。
応募する立場からは、何で経験者しか採らないのだろうか?なんて、門の狭さを恨んでみたものの、雇う立場というか一緒に働く立場からすると、経験者じゃないと一から教えなくちゃならないから面倒だ、というのが本音。立場が違えば、っていう感じを身にしみて感じる今日この頃です。

レジュメやカバーレターに目を通していると、TAFEで勉強したOQPコースのことをよく思い出します。今、選考する立場になってみて、あの時先生の言っていたことはこういうことだったのだなぁ、としみじみ実感しています。カバーレターの書き方、レジュメの書き方、過去の経験のアピールの仕方、とにかく、細かいことを含めて、あの授業で習ったことが思い出されます。本当にいいコースだったな、と今でも思います。実際にやっていた時は本当に大変だったけど。
by yellow-bus | 2010-07-26 15:54 | JOB

Mykiいよいよ

ついにトラムでもバスでも使えるようになるようです。やっとだね、Myki。
でも、まだ完全に、100%信用に足らないシステムだそうで。不思議なシステムです。

そういえば、いつだかの新聞に載っていました、実際にMykiをトラムやバスで使うことができても、法律違反状態だから、インスペクターに捕まって罰金を払わなければならないこともありうる、とか。ま、私はずっとMyki使っていましたが、インスペクターに会ったことはないです、そういえば最近。Mykiカードを見せてみたいのに。

で、気になる過剰な課金について、私も心配なのでたまにネットで過去の履歴を調べています。
すると、面白いことが分かりました。乗った時にはちゃんと[チャージしました]、の表示が出ていたと記憶している日に一切課金されていない日が何日もありました。合法的タダ乗り?それとも単なるシステムエラー??一体どうなっているのでしょうか。
by yellow-bus | 2010-07-22 19:34 | Melbourne生活

選挙について

この間、日本で参議院選挙がありました。私は郵便で在外投票をしました。

今回の結果には、結構ビックリしました。何にビックリしたって、民主党が過半数を取れなかったという結果にも驚いたけど、そんなことよりも将来の消費税増税についての菅首相の発言が民主党に逆風を呼んだ、ということ。インターネットのニュースは毎日のようにチェックしているけれど、こんな発言があったことすら知りませんでした。もしかしたらそのニュースは目にしていたのかもしれないけど、チェックが甘かったのか、私の認識不足でした。

それにしても、もちろん当然だけれど、今は私は日本に住んでいないから日本の世論の動向なんてちっとも分かりません。インターネットのニュース程度じゃ、ちっとも実感できないんだなあとあらためて思いました。スカイプがあって、日本の家族や友だちとは顔を見て話ができたり、こうやってインターネットを使えば距離の差とかあんまり感じずに生活できているけれど、実際のところはちっとも違うのだな、と。

実際に投票する際にはどの党に投票すればいいかよく分からず(新しい政党がいくつもあったりして、そんな動きにもちっともついていけていません)、インターネットで各党の政策方針(マニフェストとか)をちらっと眺めました。気になったのは、外国人参政権についての各党のスタンス。
地方参政権を認めるかどうか、ですら難航している様子がよくうかがえます。こんな状況では、日本の二重国籍容認ということにはまだまだ、相当の時間がかかるというか、実現不可能だなぁと残念ながら感じました。だって、二重国籍を認めたら、地方参政権どころか、国政選挙の投票だって認めることになるんだから。

実際にこうやって日本にいないのに選挙に参加できることはいいことだと思います。今後も無駄にすることなく投票はしたいと思います。
けれど、やっぱり、実際に住んでいないから、どうしたって実感が伴わないというか、なんか実際の動きについていけない感じに違和感を覚えました。ま、仕方がないといえば仕方のないことですが。なので、投票したけど、意味のあることだったんだろうか、なんて、ちょっと思ったりしました。でも、やっぱり、投票することは大事だと思うので、今後も投票は欠かさないようにしないと、と思います。

となってくると、ここ、オーストラリアでの選挙。日本には帰るつもりは今のところなく、こっちで生活しようと思っているし、こっちで仕事をし税金も払っているけれど、ここの参政権はなし。日本の参政権はあっても、日本のことなんてどんどん分からなくなっていくだろうから、今後ますますどこに投票すればいいのか分からなくなっていくだろう。投票自体が無駄だとはちっとも思わないので、今後も棄権せずに投票したいと思うけれど、実際に暮らしている国で投票できたらどんなにいいのか、って思いました。

多民族の移民で成り立っているこのオーストラリアという国だって市民権がなければ選挙権はありません。だから、ましてや日本で外国人に参政権、地方議会限定ということであっても、それはなかなか難しい問題だろうなぁと思います。

ここオーストラリアで選挙権を得るためには、日本の国籍を捨ててオーストラリアの市民権をとる必要があります。今の私には、まだ日本国籍は捨てられません。なんででしょうかね。市民権を取る、ということよりも日本国籍を捨てる、っていうコトの方がとてつもなく大きなことのように思えます。

一緒に働いているタイ人の人は、近々市民権を申請するって言っていました。理由は、二重国籍が認められているし、タイのパスポートだと多くの国でビザを取る必要があるから、とのこと。その点、オーストラリアのパスポートなら楽に旅行にいける、ということだそうで。うらやましい。

外国人参政権が認められれば日本も二重国籍が認められるような気もします。それでも、きっと無理でしょうねぇ、私が生きている間に認められるのは。だから、二重国籍はきっと認められないし、国会で議論さえされないだろうなぁ、と思う。(選挙について思うがままに書いてみました。)
by yellow-bus | 2010-07-14 11:12 | Melbourne生活

Echucaという田舎町

スクールホリデーだった間に行ってきました、Echucaいう小さな田舎町。NSW州との境にある町です。
なので、歩いてNSW州にも行けます。
今回はV-lineという電車で行くことにしました。電車だけでも行けるようなのですが、私らが行った日は電車とバスとなっていたので、電車で約2時間ほど行ってからバスに乗り換えました。
e0026873_156378.jpg

隣のホームには新しいV-lineの電車が止まっていたのに、実際に乗ったのはこの古いタイプ。ま、楽しかったし、安かったからよかったと思うことにします。だって、電車の片道が$10で、バスの片道も$10。おまけに子どもはタダだし。メルボルン市内の乗り物一日券買ったら$7くらいはします。
電車とバスの車窓からはどこまで行っても変わらない緑の牧草地帯がずっと続いていました。川があるせいか、このあたり(VIC州北部)は緑が多いように感じました。それに、雨が降った後なのか、ところどころで大きな水たまりがあったり、沼やら小川などもあり、このあたりは水が豊富なのだろうなあ、という感じでした。メルボルンの西側なんてすぐに緑が消えて、荒涼とした赤茶色の乾燥地帯になっちゃうんですけれど。

Echucaという町はこれといって何にもないのですが、何にもしないでのんびりしに行った、というのが今回の目的なので、ちょうどいい感じでした。車じゃないから、移動は徒歩のみ。よって、行動範囲も狭くなりましたが、小さな町だから十分でした。

こんなこと言ったら変だけど、どこにでもいる中国人やインド人を見かけることはなく、見かけるのはアングロサクソン系の人々ばかり。なので、どんな店に入ってもほかの人の視線をよく浴びました。メルボルンでは、いい感じにいろんなものが混じっていてそれにすっかり慣れきっていたから、こんな感覚は久しぶりです。それに、お茶1杯、パン一つ買うのにも「pardon?」みたいに聞かれ、私の英語の発音はこんなにおかしかったっけ?って思ったり、ああ、アジア人の英語に慣れていないんだろうなぁきっと、などと思ったりもしました。

お天気にも恵まれ、Echca名物の蒸気船にも乗ってマレー川をクルーズしたり、美味しい地ビールを頂いたり、のんびりした休日を過ごすことができました。
e0026873_1514109.jpg
飲んじゃってから写真を撮ることを忘れていたのに気づいてあわてて撮った写真。ビールテイスティングは5種類飲めて$3。美味しかったので、地元のビールを追加で頂きました。他にやることなくて、パブで家族3人、ウノで遊んでいました。
by yellow-bus | 2010-07-13 15:02 | Melbourne生活

I want to be a Magician

いくらマジックが好きだからと言って、私もこの歳になって「マジシャンになりた~い。」などと思うわけはなく(笑)、このタイトルのマジックショーに行ってきました。他にも子ども向けと思われるピエロが行うマジックショーなどもあり、子ども向けだろうし、どんなものかなぁ、なんて思っていました。

サイトはコチラ⇒⇒⇒

感想。 スゴイ! 面白い!! 子ども向けといっても、ちっともタネが分からない。

2人の若いマジシャンが、交互に出てきてそれぞれにマジックを見せてくれました。
子どもだましと言ったら失礼だが、そんな簡単なものもあるけれど、ほとんどが手がこんでいて、ジッと凝視していてもタネの分からないマジック(前から2列目のど真ん中で見ていました)ばかりで、とても楽しい1時間でした。

お決まりのハトは5・6羽出てきたし、これまたお決まりのウサギも2羽出てきて、感動。本当にどこから出てきたんだろう??と不思議に思いました、やっぱり。

それにしても、観客のノリのよさには感心します。子どもはもちろんノリノリで、舞台に上がってお手伝いする役を求めた時にはほぼ全員が手を挙げて、みんなそれぞれに超アピール。そんな中、ウチの娘さんは静かに座っていましたけれど。大人たちも拍手に笑い声に感嘆の声に、ノリノリの様子が伝わってきます。こういう雰囲気が実際の何倍にも楽しませてくれるので、こういうところはちょっと大げさなぐらいのオーストラリア風が気持ちがいいように思えます。
by yellow-bus | 2010-07-12 15:44 | Melbourne生活

マジック好き

実は、マジックが大好きです、私。
そういえば昔、デビッド・カッパーフィールドっていうアメリカのマジシャンが日本に来た時にわざわざ見に行きました。でもそのショー。驚くほどに観客席がガラガラで(有楽町の東京国際フォーラムの大ホールだったように記憶している)、なんだか盛り下がったのを覚えています。ま、ショー自体はすごかったんですけど。一瞬、ほんの一瞬で美女と大型アメ車が消えたり、ハーレーダビッドソンが一瞬で出てきたり、と、なかなか大がかりでした。さすがハリウッド。

そういえば先日まで、チャンネル7で、マジックの種明かし番組を放送していました。これも見てしまいました。
正直、見なければよかったかも、と思います。やっぱり、永遠の謎にしておけばよかった、ギロチンのマジック。
タネは驚くほどに簡単で、へぇ~、なんて思ったけれど、やっぱり知らないことにしておけばよかったかも...。
今さらながらに、知らないから楽しかったんだよねぇ、とちょっと後悔。

で、明日、マジックショーを見に行きます。近所でやっているのをたまたま発見し(コチラ⇒)、マジック大好き遺伝子が受け継がれた我が娘さんと2人で見に行きます。さて、どんなショーなのか、楽しみです。ハトとかウサギとかシルクハットから出てきたら嬉しいなぁ(笑)。
by yellow-bus | 2010-07-08 10:33 | Melbourne生活

ハラッシング

昨日のこと。なんかちょっと怪しげな若者が泊まっているので気をつけたほうがいいよ~、と前からスタッフの間で噂されていたお客様。その人のチェックアウトの日でした。
何にもなければいいけど、ってやっぱり思うんだけど、ま、だいたい、何にもなく無事で済むことなんてめったにないのがこの仕事。で、やっぱり、コトは起こりました。
「前の晩に財布を落としてしまってお金がないんだけれども、仕事のボスに頼んでお金をUKからすぐに送金してもらおうと思うけれど時差があって今夜にならないとお金が用意できない。もうココには2泊しているし、今までに何にも問題なんて起こしていないからいいお客だと思うし、今夜も泊めてもらえないだろうか。」と。
ああ、きたよ。やっぱりね。
仕方なく、「泊めてあげたいけれど、今夜の分を支払ってもらわないと泊められないよ。家族でもいいから誰かのクレジットカードで今夜の分を払ってもらえれば、もちろん泊めてあげられるけど。」と言いました。

しばらくしてから、フロントに来た彼。なんか挙動不審。で、さっき電話で話したのと同じことをもう一回話し始めました。財布落とした、って言っていたわりにはなぜかクレジットカードを2枚お持ちの彼。とりあえず使えるかどうかやってみるも、やっぱり使用不可。
そしたら、「僕のパスポートもカメラも預けるから、なんとかならない?」てなことを長い言い訳とともに言い出しました。こういうのって、万国共通なのねーとちょっと感心(笑)。その彼。ちっとも目を合わせて話そうとしない。こっちとしては、つけ込まれるのが嫌だからジッと相手の目を見て話しているんだけど、ちっとも目が合わない。挙動不審。手は震えているし。
仕方ないから「残念だけど、今日チェックアウトしてね。」と言いました。可哀想だけど。
そしたら、延々となんだらかんだらと、言葉の切れ目なく、ずっと文句やイヤミを言っていました。だから、何言っているのか、正直、分かりませんでした。なので、聞いているふりして、聞いておりませんでした。

一旦部屋に戻って荷物をまとめ、再度フロントに現れた彼。そこでも先ほどと同じコトをずーっとしゃべっています。文句とイヤミと自分の要望とを、本当に途切れる瞬間もなく、静かにしゃべり続けています。言っている内容はなんとなく分かるのですが、特徴のあるブリティッシュアクセントと切れ目のなさで、途中から彼が何をしゃべっているんだかよく分からなくなりました。分からなくなった、というよりもきっと、自分で聞くのをあきらめてしまったのだな、と思います。自分から耳を閉じてしまったので、ちっとも分からなくなったし、何言われてもなんとも思いませんでした。
5分だか10分だかしゃべって(文句を言って)、彼は帰っていきました。
そのあと、横にいたスタッフやマネージャーには、「大変だったねぇ。大丈夫?」なんて言われて、「ええ、別に。ダメなものはダメですから。」と。その後、夜番の人にその話をしていたマネージャーは、
「今日の朝、yellow-bus がharassingに遭って、大変でさぁ。」なんて言っていました。
ああ、こういう時にharassingって使うのだな、と一つ勉強になりました。sexual harassmentぐらいしか使い方を知らなかったのですが、なるほどね。

途中で自分から聞くのを止めてしまったので何を言っているのかイマイチよく分からなかったのは事実ですが、他のスタッフやマネージャーと話をしていて、そういえばそんなコト言っていたなー、とあとから思い出だすことがたくさんありました。私自身、今回の出来事はちっともこたえていないので全然平気なのですが、それは元を返せば英語だったから、っていうのが大きいのかな、と。日本語でいろいろと言われていたらもっと精神的に凹むというか、疲れたんじゃないかなーと改めて思いました。途中で聞くのを止めてしまったのが、よかったのか悪かったのか。なんか、今となっては、ちゃんと聞いておけばよかったような感じもします。英語での文句をきちんと聞いてそれに対してもちろん英語で反論したりして、英語で疲れるっていうのも大事なように思えてきました。こういう面倒を避けるセンサーが働くから、自分の英語は上達していないんだなー、と、ちょっと反省したりして。
by yellow-bus | 2010-07-06 17:10 | JOB


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2019年 03月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(767)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(42)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧