人気ブログランキング |

<   2010年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

名前みつけた

今日の新聞に、Premier's Reading Challenge の終了者一覧表がありました。
Premier's Reading Challenge とは、ビクトリア州首相主催の、小学生対象の読書奨励キャンペーン、って感じでしょうか(前の記事⇒)。娘さんの名前もちゃんと載っていました。この新聞は永久保存版だ(笑)。
e0026873_8202242.jpg


期間内に30冊を読み終わったので無事に終了となり、先週末には校長先生より終了証を全校集会の時に頂いておりました。ま、この時のプレゼンターは、実は、この地域を地盤とする州議会議員さん。ああ、選挙対策ね、なんて思ってしまいました(笑)。選挙が近いし、州首相と同じ政党だし...。

その全校集会の時は、無事終了した生徒全員が呼ばれて、前に一列に並びましたが、学年が上がれば上がるほど人数が少なくなっていたのが、ちょっと残念な印象でした。プレップや1年生の参加が一番多かったように感じました、うちの学校では。
低学年では読み聞かせなければならないので、読み聞かせ役の親が大変ですが、それでもこのキャンペーンへの参加が多かったように思います。学年が上がって自分で読めるようになった時にたくさんの本を読むことも大事だと思うのですが、参加数の少なさ、または終了者数の少なさからすると、実際なかなか難しいものなのでしょうか...。
by yellow-bus | 2010-10-31 19:56 | Melbourne生活

こんなワタクシではございますが

新人教育および現場監督(!)なんてやっている立場上、いつかはこういう日が来ると思っておりましたが、ついに来てしまいました。それは、

レフリーのお願い。

審判の意のレフリーではなく、上司としてこの人の働きっぷりを推薦しますよ、的な感じの役回り。
こんな私ですが、オージーのレフリーに。嗚呼、ビックリ。

今回、応募したのが大学のアドミン(事務)なので、レフリーが3人要るとのことで、その3人のうちの1人に選ばれてしまいました。受けたはいいものの、さて、どうやって書いたらいいものか...。
大学指定のフォームがあり、それに短く2行程度、10項目くらいコメントするだけなのですが、なにせ、慣れていないもので、2時間くらいかかってしまいました(汗)。辞書をひきながらスペルチェックしながら、です。
ネットで調べるも、使っていい単語と避けるべき単語とかあったり、こういうことは書いた方がいい、とか、逆に書かない方がいいこととか、いろんな ”おきまり” があるようで。勉強になりました。無事に書類選考が通って、面接に進めるといいのですが。
by yellow-bus | 2010-10-28 21:47 | JOB

MCGなら安心

昨日のFirst Aid講習での印象に残った話を忘れないように。

心臓マヒになったとしても、メルボルンで一番安心な場所は、....MCG(メルボルン・クリケット・グラウンド)だそうです。フッティーの最終戦グランドファイナルでは最大で10万人も収容できる巨大なスタジアムですが、万が一、心臓マヒになったとしても、AED(心臓に電気ショックを与える除細動器)もあるし、医者もいるし、人が多ければ多いほど看護士や医者に出会う確率は高いし、どの病院に搬送されるにも好立地、ということらしい。なるほどね。

緊急時は「000」で、携帯からなら「112」もOK。

こちらオーストラリアは、救急車も有料なので、ものすごい緊急事態にもかかわらず、保険に入っていなくて救急車代が払えないから拒否するケースもある、とのこと。そういった場合には、警察を呼んで、その人が正確な判断ができない状況にあるかどうかを判定する、のだそうです。また、救急救命士は、そんな事態にあった場合には病人を説得できるような講習も受けているのだそうです。

いろいろと面白い話がありました。他にもたくさんあったと思うけど...。そういえば、講師の方が言っていたのは、「講習を受けても6%くらいしか覚えていないものなのよ。」 6%以上は覚えていると思いたい(笑)。
今回受けたのはベーシックなものなので、3年に一度講習を受けることが必要だそうで。他にも講習があるので、時間があれば受けてみたいと思いました。自費で払っても、タックスリターンの時に請求したらいくらかは戻ってくるだろうし。
by yellow-bus | 2010-10-27 07:14 | Melbourne生活

バターはダメ 歯磨き粉もダメ

今日はFirst Aidの講習があり、一日外出していました。9時5時なので、普通の勤め人のように朝の電車に乗りました。こんな時間に乗るのなんて久しぶりです。セントラルの駅のエスカレーターのスピードが朝仕様で速くなっていて、「ああ、朝だなあ。」などと思ったりしました。それから、そんなに電車も混んでいなく、「あれ、こんなもんだっけ?」とも。

さて、First Aidの講習。なかなかためになる話もあって、講師の方の話も上手で、飽きずに講習が受けられました。費用は会社持ちだから、ラッキー。
人形(名前はビリー・ボブ)を使っての心臓マッサージ(CPR)や人工呼吸の練習、除細動器(Defibrillation)の練習もありました。よく『ER』で見ていた、心臓への電気ショックを与える機械です。もちろん、電流は流れませんので、体がビクッとしたりはしません。
なるほど、見ているのとやってみるのとでは、やっぱり勝手が違い、なかなか難しいものだな、と。これが、とっさの時にできるようになるのかは分かりませんけれど、知っておくのは大事なことだと思いました。

さて、今日のタイトル「バターはダメ、歯磨き粉もダメ」ですが、これは、やけどの応急処置についてです。
最初は冗談かと思ったのですが、オーストラリアではやけどに歯磨き粉をつける、というのが一般的らしい、ということをはじめて知りました。講師の方は「バターはダメ、トマトもダメ、ジャガイモの皮もダメ、歯磨き粉もダメ」と言っていました。不思議です。ところ変われば、って感じでしょうか。
by yellow-bus | 2010-10-26 18:27 | JOB

がっかりしたこと

昨日、予約しておいた献血に行ってきました。何回やったのか忘れていましたが、係の人に聞いてみるともう5回やっているそうで。結構頑張っているじゃん、と自分を褒める(笑)。

で、問診のなかに、チキンポックス(みずぼうそう)の項目が!
娘さんがかかったことを日付を含めて正確に伝えると、とある冊子を調べていた係の人いわく、
「残念ですが、完治してから3週間経たないと献血できません。」と。
ああ、がっかり。
by yellow-bus | 2010-10-22 18:43 | Melbourne生活

新入生

うちの娘さん、学校でピアノの個人レッスンを受けています。もちろん費用は別にお支払いしています。
おもしろいのは、学校で、しかも授業をちょっと抜け出して20分だか25分だかのレッスンを受ける、ということ。日本の小学校とかじゃ、こういうのは無いだろうなーと思う。「授業に遅れちゃうから、その分はどうするんだろう。」って、親はその点を真っ先に心配すると思うなぁ。

このピアノレッスン、毎週金曜日にあります。正確には、ターム3までは。
今学期ターム4では、木曜日になりました。人数が増えたから、という風に聞いていました。
でも、今朝。見たことの無い子どもたちとその親を何人も目撃し、校長先生や事務の人まで音楽室へ案内している姿を見て、思い出しました。
去年のちょうど今頃、来年プレップに上がる子たちを招いての音楽レッスンがあったのでした。
過去の記事 ⇒
ああ、あれからもう一年。早いものです。いいお友達に恵まれ、いい先生に出会え、毎日楽しく、とても充実した小学校生活を送っているうちの娘さん。1年前の音楽レッスンの時は、カチコチに固まっていたけれど...。成長したものです。

今の小学校。小さいだけあって、本当に細かいところにまで気を配ってくれていて、本当に助かります。いい学校に出会えてラッキーです。
by yellow-bus | 2010-10-22 08:30 | Melbourne生活

日本ってすごい

一応、日本のニュースはネットでは毎日見ているのですが、イマイチ実感が無いのが事実。ま、離れて住んでいるから仕方がないし。
今日のニュースは、羽田に国際線ターミナルが新しくオープンした、って。
すごいねえ、日本。成田と東京の間に京成線の新しい特急が走るようになって便利になったらしいし。
ちょっとの間にどんどん進んでいる感じがします。まだまだ進化する余地があるっていうのも、ビックリです。
ま、比べても仕方がないけれど、ここメルボルン。相変わらず、空港まで電車は通じていないし。

そういえば、ずーっと前に、羽田から台北に行ったことがありました。その時の国際線ターミナルのしょぼかったこと。どこかのさびれた地方空港ですか、って感じで。そして、国内線ターミナルまでの移動手段が路線バスしかなくて、飛行機が到着して大混雑で、案の定、やってきた京急バスに乗れず、次のバスまで20分ほど待たされたという思い出が。それに、入国審査も係員1人でやっていて、えらく時間がかかっていたなあ。1人で300人くらい処理するわけだから。

ま、そんな思い出(たいしたことないけど)のある旧国際線ターミナルは閉鎖となって、新しいターミナルがオープンしたそうで。使う機会はあるのかなあ。もしかしたら、エアアジアでクアラルンプール経由で日本に帰ることがあれば使うかもしれないけれど、そんな時が来るのかなあ、という感じ。
by yellow-bus | 2010-10-21 07:35 | ニッポン いろいろ

遠足と先生の大変さ

今日、娘さんの学校のプレップ/1の3クラスは、シティへ遠足。アートセンターでメルボルン・シンフォニー・オーケストラの演奏を聞くそうな。なんてぜいたくな遠足でしょう。しかも、無料。こういうところに私らの税金が使われているとなると、頑張って働いて税金でも納めましょうか、という気分になる(笑)。ずいぶんと現金だけれど。

このお知らせの手紙を学校からもらってきたのが先週の金曜日。親は参加同意書にサインして先生に渡さなければならない。昨日学校に迎えに行ったとき、担任の先生は手に5枚ほど参加同意書を持って、まだ未提出の親を探して歩いていました。大変だ。
今までなら、少なくとも1週間以上前にこういった手紙は渡されるけれど、今回に限っては直前。直前だからといって親がすぐに返事をするわけでもなく、かといって、ずいぶん前にあった遠足の同意書の時は1ヶ月くらい前に渡されていて、これも遠足の数日前にまだ返事の来ない親に再度手紙を渡している先生の姿を目撃しました。先生は本当に大変だ。もうちょっと協力したらいいのにね、親たち。

今日は本当にいい天気で、外で食べるお弁当もさぞかし美味しいことでしょう。そういえば、お弁当は、「environmentally friendly bagに入れて持たせてください。」という但し書きに戸惑いました。娘さんの説明によると、スーパーでくれるようなビニール袋には入れないで、エコバックのようなものに入れてくれ、とのこと。実際、今朝見た感じでは、いつものようにお弁当袋に入れてくる子や、エコバックなど持参していない子も結構いて、先生は一人一人に確認し、エコバックがなければ渡したり、一緒に詰め替えていたり。本当に先生は大変だ。担任の先生はきちんと対応していて、ちゃんとした先生でよかった、とあらためて思いました。
さて、オーケストラを楽しんでいるのでしょうか、みんな...。帰ってきてから聞く話が楽しみです。
by yellow-bus | 2010-10-20 10:06 | Melbourne生活

恐い人

恐い人=仕事上での私、のこと。

最近、何人か新しい人が働き始めて、彼らの教育を一手に引き受けています。ま、そのおかげで、ノドを酷使し、おまけにひどい風邪もひいたので声を完全に失う、というめったにない経験をしたのですが。
仕事は教える以上、ちゃんと覚えて早く一人前になってもらいたいし、彼らは全くの素人さんなので、なにからなにまでくどくどと説明しています。それが恐い人、という印象になったみたいで。ま、いいけど。

ま、いいや、仕事だけのつながりだし、なんて私も思っているけれど、完全に割り切ることも私自身まだできていないこともあって、まったく気にならないわけでもないのが実際のところ。難しい。
とある人とは、週に最低2日は一緒に働く日があるのですが、私には話しかけてこない、っていうか話しかけづらいみたい。実際に質問されても、そもそも萎縮しちゃっているのかなんなのか分かりませんが、何が言いたいのか、何を私に聞きたいのかよく分からなくて、質問を重ねていくうちにさらに「この人こわーい。」みたいな、悪循環(笑)。

もちろん英語で仕事していますから、私の英語の問題もあるのかなあとは思います。が、そんなにbossyな英語は使わないよう極力気をつけているし、言い方にも注意しています。一つ褒めてから一つ注意する、とか。
日本よりは個々の関係はうーんとオープンですけれど、それでも日本風の建前と本音というか、面と向かって本人には言えないってことも、ここにはやっぱりあるようで。だから、「あの人、恐い。」という風に言っていると他の人から聞こえてきたりもします。ま、どんなところでもそういうのってやっぱりあるんだろうけれど。
by yellow-bus | 2010-10-18 18:25 | JOB

植物はえらいなぁと思うこと

e0026873_15595170.jpg

これが今、ちょっとだけ咲いたアジサイ。今年も咲いてくれそうで、本当によかった。
ココに引っ越してきた去年の暮れには、あじさいが満開でした。
e0026873_1622574.jpg

キッチンから見えるあじさいがとてもいい具合でした。ちょっとしたことだけれど、あじさいを見て、心和む感じ。

けれど、花が全て散ったあと、それはそれは見るも無残なことになっていました。真夏の暑さにもやられてしまい...。隣人のHさんは、前の住人とも仲良くて、前の方はずいぶんとこのあじさいを可愛がっていたと言っておりましたが、私にはこのあじさいをどうしたいいのかよく分かりませんでした。幸い、Hさんが剪定してくれたのですが、本当にまた咲くのかなあ、なんて思っていました。
植物ってえらいなあ、と当たり前のことなんだろうけど、その生命力に感心。みごとに葉っぱが茂り、つぼみもたくさんできています。本当によかった。

前庭にあるバラ。つるが伸びるタイプのバラで、何でここに植えてあるんだろう、っていう場所に生えています。別に、アーチを作るわけでもないのに。なので、冬になった頃に、私が短く剪定してしまいました。全く知識もないのに、大胆に切っておきました。ま、生えなかったらそれまでだ、と思って。
ところが、このバラも見事に葉っぱが茂っています。つるも伸びてきました。去年は1つか2つしか咲きませんでしたが、今年はキレイなバラが咲くといいけれど、さてどうなることやら。
by yellow-bus | 2010-10-16 16:16 | Melbourne生活


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2019年 03月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(767)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(42)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧