人気ブログランキング |

<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

幻の人

先日、同じサバーブに住むご近所さんがうちに遊びに来た時のこと。私はその方に会うのははじめて。家で娘さんとソファーに座っていたところ、やって来られました。そして、
「あー、そうそう、この組み合わせ〜!!」と。そして、
「幻の人に会っているみたい。」とな。はて?

よくよくお話を聞いてみると、2年位前まではものすごい近所に住んでいて、近所の小さなマーケットでもその先の大きなマーケットでも、トラムの中でも近所の通りでもしょっちゅう見かけていた、とのこと。私は気付きませんでしたが...。(買い物はだいたいそこでしていたし、今もそうですが。)しかも、いつも娘と2人でいたので、シングルファーザーだと思われていた、らしい(笑)。
うちの娘とはちょっと前に会っていたのだけれど、その場に私がおらず父娘の組み合わせでなかったので気付かなかったのだそうで。

マーケット内のどこの魚屋がいいか、とか、ALDIのビールが意外に美味しい、だとか、ALDIが近所にオープンするだの、GPはどこに行っているだの、地元の話で盛り上がりました。面白い出会いでした。
by yellow-bus | 2011-04-29 09:43 | Melbourne生活

歯医者

やっとイースターホリデー&ANZACデーの連休が終わり、待ちかねていた歯医者へ予約の電話をしてみました。第一候補の近所の歯医者は、今日明日は一杯で、都合が合うのが月曜の5時半。残念。人気がないんじゃないか、だからきっと大丈夫、と勝手に想像していたけれど、ダメでした。
他にもいろいろと電話してみたものの、電話がつながらなかったり、まだ休み中だったりして、なかなか見つかりませんでした。ネットで契約している保険会社と提携している歯医者さんを探そうにも、保険会社のホームページがダウンしているみたいで、一向に探せず。仕方ないので契約した時にもらって来た古いパンフレットを手にいろいろ電話してみました。
なんとか1件、明日の午後に診てくれることになったので、ちょっと安心できました。

娘さんのお友達のお母さんに評判のいい歯医者さんを聞いてみたところ、車で30分くらい行ったところにある歯医者に通っているとのこと。
近所に相性のあう歯医者があるといいんだけどなぁ、しかも今契約している保険会社と提携しているのが一番だけど、なかなか難しそうだ。
by yellow-bus | 2011-04-27 08:58 | Melbourne生活

違う意味で怖かった映画

先日、今さらながら『ブラックスワン』を観てきました。
感想。主役のナタリーポートマンの演技、スゴすぎ。バレエ映画と聞いていたのに、かなりのシーンがアップで撮られていて、このアップに耐えられる演技力と美しさを兼ね備えた女優さんは果たして他にいるのだろうか、という感じで、飛び抜けていますね、彼女。

どんな風にして物語は終わるんだろう、と、話が進めば進むほどにどこまでが本当でどこからが夢(妄想? 非現実の世界)かが分からなくなっていきました。よくできています。
客席数20席程度の小さなシアターでしたが、そのおかげか、迫力満点。映画を観終わって、両足がしびれていました。知らず知らずのうちに踏ん張っていたのかもしれません(笑)。

そんなこというと、スリラー映画のようですが、そんなことはないのですけれど、でも、やっぱり怖い、か。
そんな映画でしたが、違う意味で怖いことがありました。

隣の隣に座っていた女性。映画開始30分位したところでしょうか、急に大きな声で独り言を言い始めました。しかも、ものすごくどもっていて、映画のシーンに影響を受けてか、ものすごく混乱している様子。そして、隣の女性が落ち着かせようと必死に、声を抑えながらもなだめています。そんなことが2回もありました。

映画が始まるまでは楽しそうにおしゃべりしていたお隣さんたちでしたが、なんだかまるで、患者さんと付添い人か、って感じにも見えなくもありませんでした。怖い、と前評判の映画なんだから、映画を見る際にはやっぱり気をつけて選んだ方がいいのでは、と思いました。(もしかしたら、ショック療法でこの映画を選んだのかもしれませんが。と、勝手に決めつけてみる)
by yellow-bus | 2011-04-25 12:28 | Melbourne生活

イースターホリデー

ちまたはイースターホリデーで、5連休になっています。ちなみに私は仕事なので、いつも通りに金曜と土曜だけ休みです。
長期連休になると、何かが起こるのはよくあること。2年前には、イースターホリデー直前に給湯器が壊れて、お湯なし生活を強いられました。
そして、今回は、
歯の詰めものがとれました。おお(涙)。
早くても水曜日に予約が取れるかなー、って感じです。予約がとれればいいけれど、はてどうなることやら。ちなみに、かかりつけ歯医者はないので、ただいまネットで検索中。
by yellow-bus | 2011-04-22 19:09 | Melbourne生活

まだだったTAX RETURN

TAX RETURN(確定申告)で、戻ってくるはずのお金がまだ戻ってきていません。オーストラリアの会計年度は7月から翌年6月までなので、今回の分は2009年7月から2010年6月まで。実は、去年の9月に会計事務所に行ってすでに済ませてあるのです。会計士さんとの話で、計算上、$440ほど戻ってくることになっています。が、まだ銀行に入金されていませんでした。気づかない方もダメと言われればそれまでですが、ATO(オーストラリア国税局)はなにしているの?
一緒に行った奥様は、追加で税金を支払わなければならず、その支払いの手紙兼アセスメントレターはさっさと届いていました。やっぱり、納めるべきものは早くよこせ、ということなんでしょう。

なぜこんなことが分かったかというと、Centrelinkから手紙が来たから、でした。
私のTAX RETURN(確定申告)って、うまくいったためしがなく、前回もトラブってました(涙)。前回は会計士さんが書類をなくしたので、ATOに申告されておらず、また、再度申告したものの今度はATOのシステム改修に伴う処理の大幅な遅れに巻き込まれて、お金はなかなか戻ってこず。で、なんとかお金は戻って来たものの、今度は、その処理に伴う副作用というべきか、Centrelinkに私の収入データが送られていなかったらしく、世帯収入が確定されていないためもらえるべきChildcare Tax Rebate(保育園費用の補助)の3ヶ月分約$1000と、Family Tax Benefit(家族補助)が支払われておりませんでした。
ATOに電話しても「待っていて下さい。」としか言われず、Centrelinkでも「ATOからのデータ待ちなので、ロッジしてある(申告してある)なら、待っているしかないですね。」ということになっていました。

今回もまた同じことになっていて、でも、年度が今回の年度2009年7月から2010年6月までに変わっているけど、もらえるべきChildcare Tax Rebate(保育園費用の補助)の3ヶ月分約$1000と、Family Tax Benefit(家族補助)がやっぱり支払われていない、というのは変わりありませんでした。仕方ないので、重い腰を上げて、Centrelinkに電話してみました。

結果、やっぱり同じ話の繰り返し。年度が2年にわたっているために話はよけいに複雑になっているのですが、結果は同じ。待っているしかない、とのこと(涙)。でも、今回は進展がありました。
実は、去年の6月に$1000ちょっと振り込まれていることが判明。っていうか、ちゃんと銀行の残高チェックしないとダメね。結局、ATOからのアセスメントレター(税金の最終確定額のおしらせ)が来ていないのだから、会計事務所とATOに聞かないとダメね、ということに。どうしてこうもうまくいかないのでしょうね、私だけ。笑えてきます。会計士さんはいい人だし、費用は安いので変える必要もないかなーとは思っていますが、はて。
by yellow-bus | 2011-04-21 09:15 | Melbourne生活

残念な記事

この間のHeraldsun紙に載っていた残念な記事。メルボルンの安くて美味しいお店一覧、って感じの、大したことのない記事でしたが、そこに載っているお店のリストを見て、ちょっと、っていうかかなりガッカリしました。
それは、レストランがいくつかのタイプに分かれて(パブ飯とか日本食とか中華とか)いる中のベジタリアンのセクションに、Lentil as Anything が載っていたこと。
このレストランのコンセプトを無視した記事に、腹がたちました。ここは、コミュニティーベースで、お客さんが食べた料理の値段を自分で決めて支払いができるというレストラン。これらのお金は難民や移民の人たちのサポートに使われているそうです。(前にもブログに書いたけど)
食べ放題でたくさん食べても、ちょっとしか払わなくていい、ってことじゃないんですよ。
ま、Heraldsun紙ごときに腹立てても仕方ないんですけど(笑)。

何度も行きましたが、ボランティアで働いている人たちもフレンドリーで、いい雰囲気です。良心で支えられているからか、優しい気がたくさん詰まっている感じがします、ここ。
by yellow-bus | 2011-04-20 06:40 | Melbourne生活

目の定期検査に行く

「前回の検査から1年が経ちました。予約してくださーい。」なる、丁寧な手紙が前回お世話になった眼鏡屋さん(オプトメトリスト:検眼士)より届きました。そういえば、1年経つ頃に手紙を送りますね、と言っていたのを何となく覚えています。
で、緑内障の検査をしてもらいに、先日行ってきました。

一通りの検査をして、今回は大丈夫そうとのことで、緑内障の検査はなし。それでも、この国の検眼士さんによる検査はとても丁寧。
日本ではコンタクトレンズを買う際にだけ診てもらっていたコンタクトレンズ屋さん付属の眼科医による診察は、パッパと済ませる感じで、本当に何らかの異常がなければ「はい、おしまいです。」っていう感じですぐに終わる。

今回はついでに、手持ちの使い捨てレンズがなくなったのでレンズの処方箋をお願いしました。
そして、さらに検査。そこで、面白い診断結果を教えてくれました。左目と右目の形が違うので、コンタクトレンズを使うのなら、今使っているようなハードタイプが私には適しているとのこと。へぇ、そんなこと、今まで一度も言われたことがありませんでした。左目が若干楕円形なので、ソフトレンズを使うと歪んで見える、というのが理由でした。なるほどね。

水泳やキャンプに行くときなど、非常時用の使い捨てレンズなのですが、ご丁寧にも3種類のお試しレンズをくれ(それぞれ5回分)、2週間後に一番使い心地のいいものをつけて来て下さい、と言われました。
3種類いろいろ試したけど、どれも一緒に感じるのは、鈍感なせいか(笑)。やっぱり、パソコンの画面とか若干歪んで見えるのは、目の形が違っているからなんだろうなー、なんて思ったりして。

最初の検査では、$35くらいかかったけど、Medicareでほとんどカバーされ、自己負担は$5くらい。使い捨てレンズ3ヶ月分$170もプライベート保険で$100カバーされて、$70の自己負担。去年は眼鏡を作って、全額カバーされたのに、コンタクトレンズだとそうはいかないみたいで、そこら辺の仕組みはイマイチ分からずじまい。でも、まいいや。
by yellow-bus | 2011-04-16 11:59 | Melbourne生活

不憫なのかしらねぇ

私の仕事柄、週末の土日が連続で休みになることはありません。私の場合は、金曜と土曜が休みとなっています。他のスタッフにいたっては、月曜火曜とか、水曜木曜とか、平日に休みがあるので週末はいつも仕事、という人もたくさんいます。もちろん、用事があれば誰かに代わってもらえばいいので、誰だって土曜日曜を休みにすることもできます。

この間、とある方々と話をしていて、週末が休みにならないなんて大変ですね、的なことを言われました。
私、言われるまで気づかなかったのですが、それって大変なことなんでしょうかねぇ、実際。なんか、週末に家族と出掛けられないなんて可哀相...的な匂い(ニュアンス)も感じました。日曜日に一家で出掛けられないうちの子、不憫なのかねぇ。

そもそも、日曜日って、どこのお宅でも家族みんなで出掛けるものなのでしょうか。
ウチの場合、週末ってみんなが結構疲れ切っていることが多いので、なんにもしないことが多いのですけれど。そういうの、ダメですかね。

普段、あんまりこういったことは気にしないのですけれど、なんか、今回はちょっと気になりました。いや、かなり気になりました。
なので、そう言われたことに気分的にすっぽり飲み込まれてしまって、私はそうは思わないんですけれど、なんて言えませんでした。嗚呼、言えばよかったなぁと後悔。
by yellow-bus | 2011-04-14 16:43 | Melbourne生活

疲労骨折?

やっと、やっと風邪が治ったと思ったら、今度は、左の胸、肋骨が1ヶ所、ピンポイントで痛い。
咳のし過ぎで骨にヒビでも入ったのかなぁ、なんて思ってネットで調べてみると、疲労骨折とかあるらしい。おお。
始終痛い訳じゃないので、痛いのを忘れていることが多いのだが、時々、くしゃみして、
「あっ、痛!」ってなること、たびたび。
手だてはないので、放っておくしかないが、まったく...。
これも老化現象なのか。はぁ。
by yellow-bus | 2011-04-07 09:15 | Melbourne生活

風評被害

昨日、日本食品を扱っているとあるお店での悲しい出来事。
初めて行ったその店で、お客とその知人と思われる店員の会話が耳に入ってきました。
客 「最近はいった新しい商品はないの?」
店員「これが新しいので、こっちが......(といろいろ説明している)」
客 「これから、放射能で商品も売れなくなるし、第一、入って来なくなるわよねー。」
店員(特に何を言う訳じゃなく、苦笑いしているように見えた)

何を知っていて、こんなことが言えるのか。悲しいというか、腹が立ちました。
津波で家を失ったり、家族を失ったりして現地で苦しんでいる人がたくさんいて、それと同じように、見えない放射能で今後長きに渡って苦労を強いられる人々がたくさんいる。それも、自分たちの国日本で。そんな人たちに、ちょっとの心の歩み寄りもできないというか、まるで他人事のように言い放つ人。あきれた。

こんな遠く離れた場所オーストラリアであっても、こんな風に風評被害に遭うとは。ものすごい残念です。
by yellow-bus | 2011-04-03 12:46 | Melbourne生活


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2019年 03月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(767)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(42)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧