人気ブログランキング |

<   2011年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2泊3日の父子家庭

奥様が学校のキャンプに行ったので、今日から2泊3日の父子家庭。いつもは水曜木曜と夜の時間の仕事の私ですが、休みを取ったり他の人に交代してもらったりで、今日明日は家にいることになりました。じゃないと、誰も迎えに行けないし。

とはいえ、週に一度のつまらない会議が今日あり、そのためだけに午後3時に出勤。予定では1時間はかからないことになっているのに、今日はなんと約2時間も会議に無駄な時間を費やしました。嗚呼。先週は1時間45分でした、ちなみに。次回は議事進行の下手さを突っ込んでやろうか、と思うも、来週は休みを取るので参加しなくていいことに気づき、ちょっと安堵しました。

急いで帰っても帰宅ラッシュに巻き込まれ、学校に着いたのが5時45分。夕飯の支度もしていないから、スーパーに行きつつ、フィッシュ&チップスを買って帰りました。予定では、野菜たっぷりのカレーライスだったんですけれど、今晩。

ニュースを見ながらフィッシュ&チップスを堪能する父子。
「ここの魚はクリスピーで美味しいけど、チップスはあっちのお店(前に住んでいた通りのお店)の方が量が多いし美味しい。」と、冷静な分析をする娘さんに、苦笑。たしかにそうだ。

明日はちゃんとご飯を作らないと。天気もいいらしいので、洗濯も掃除も済ませないと。
by yellow-bus | 2011-06-29 20:41 | Melbourne生活

先生との面談

昨日、娘さんの担任の先生と面談がありました。1時から7時までの面談希望時間を事前に先生に連絡し、私らは4時20分の予定でした。面談時間は10分。
その前日にレポート(成績表)をもらっているので先生のコメントに目を通し、疑問に思うこと、分からないことなど質問しようと思っていたものの、正直言って特に質問したいことも思い浮かばず、でした。

時間のちょっと前に行ってみると、前の人がまだ話をしている。で、終わったと思いきや、私らではなく別の人が呼ばれて入っていきました。
先生によると、このお母さん、3時の約束を忘れていたので、私らの前に割り込んじゃった、とのこと。全然有りです。いいですよ。

さて、面談。先生はとても丁寧に今学期(半年分)の成長の様子を実際にうちの娘が書いたものを使って詳しく説明してくれました。本当に細かく評価付けをしてくれていて、きちんとみてくれているのが分かって、とても安心しました。と同時に、先生は大変だなーと。
ほとんど先生が話しっぱなしでしたが、10分なんてあっという間。きっと、20分近く話してくれたと思います。ありがたや。

授業中の態度について、ちょっと問題あり、と。問題というほどのことではないけれど、どうやら、自分の課題が終わるとおしゃべりしているようで。先生は「”おしゃべり”な性格だから、特別に心配することはないですけれど、課題をやっている間はそれに集中するのが学校の決まりなので。」とおっしゃっていました。ええ、当然です。しかし、おしゃべりしている様子が目に浮かび、笑えるやら恥ずかしいやら。ま、そういう性格だから仕方ないっちゃ仕方ないですが、ちょっと改めてもらいましょうかね、この際。
by yellow-bus | 2011-06-29 08:58 | Melbourne生活

すごい変

仕事の話って、最近は特にグチになりがちなのであんまり書きたくないのだけれど、とても変なことがあり、どうしても理解できないのでやっぱり書いておこうと思います。

「マネージャーなんだから、今後は人件費の予算についてもしっかり把握してもらわないと困る。」と上のマネージャーに言われたのが、今日。嗚呼、そんなことまで気にしなきゃいけないのだねぇ。
でも、問題はそこではない。

2週間ごとに記入しているタイムシート(日本のタイムカード)の締め切りが明日で、その書き方が間違っている、と言われました。
残業したら理由を書くのは当たり前だから、カジュアルスタッフだってみんな理由を記入してくれていました。ところが、カジュアルスタッフについては残業しても理由は記入しなくていい、と。人件費の予算について厳しく言われたにもかかわらず、です。そのかわり、フルタイムはたとえ15分でも残業したら理由は必ず明記し、上司のサインをもらうこと、と。人件費を削るのなら、カジュアルスタッフの勤務時間をいかに減らすのかが最も手っ取り早い方法なのに、そこは把握しなくてもよし、と言っているに等しい訳で。それにもちろん、フルタイムの残業も減らすようにするべきだけれど、そのことには触れずじまい。なんで??

残業しても理由がいらないなんて。人件費の予算を管理する上では、ありえないことなんだけれど、そんな矛盾に気づいているんだろうか。ま、気づいていたらそんな矛盾したことは言わない、か、普通なら。

おまけにフルタイムスタッフにもおかしなことが。契約書上週38時間勤務となっているので、週5日勤務だから単純に計算すると、1日7時間36分勤務となる。7時間36分、って、変なの。
で、前にもっと上のマネージャーに確認したら、週のどこかで30分余分に働けば、1日あたり今まで通り7時間30分勤務でいいよ、と言われておりました。なので、そうやって働きました、わたし。
そうしたら、なんと、8時間働いた日の30分は残業扱いになると。だから、理由を書きなさい、と。

変すぎて、ちょっとついていけなくなりました、私。
by yellow-bus | 2011-06-27 16:59 | JOB

Long Service Leave

こちらではよくあることだと思います、Long Service Leave(長年勤めた人がもらえる 長期有給休暇)。毎週木曜日にもらってくる学校のおたよりによると、校長先生がこのLong Service Leaveをとって、これから半年お休みするようです。

娘さんの学校の校長先生は、本当に働き者。土曜とか日曜に学校の前によく車が止まっているのを見かけます。うちは学校の隣に住んでいるので、校長先生の車を見ることがしょっちゅう。「また休日出勤だねぇ、校長先生。」と、見かけるたびに心配になります。

娘さんの担任だった先生はターム1(1学期)で学校を去りました(いずれ戻ってくるかもしれませんが、今は不明)。隣のクラスの先生2人も産休のため、もうすぐ先生が交代です。去年は他の学年を含めてもあんまり先生の異動はなかったのですが、今年は結構異動が多いようです。こんなものなのかな、とも思います、実際のところ。

日本と違って、こういった長期休暇が取りやすそうに見えるオーストラリア。実際に長期休暇を取るためにはそれまでの準備とかって、実は大変なのだろうけれどそれでも、穴を埋めるのが比較的簡単(ただ単に人員補充するという意味で)のような気もします。終身雇用が前提で成り立っている社会と契約で成り立っている社会の違いかなぁという気がやっぱりします。
「終身雇用が大前提=安定雇用=簡単にクビにできない=仕事の継続性や滞りのなさがピカイチ」と、
「人材が流動的=いろんな仕事や職種に挑戦しやすい=職業の選択の自由さ=不安定な身分」
という感じかなぁ。

校長先生は旦那さんと長期の旅行の予定らしいです。うらやましい〜。で、そういうのを学校のお便りに書いて、「休みが待ち遠しい〜!」なんて書いちゃうのって、やっぱりオーストラリアらしいのかな、と。
by yellow-bus | 2011-06-24 00:07 | Melbourne生活

文句ばっか言っていないで

今日もまたミーティング。予想通り、つまらない。
「ミーティングでわざわざ話す内容かね、これが」と思うことばっかり。30分のはずが1時間半の長期戦に。嗚呼。
こんなことに時間を使ってしまったので、やりたいこともちっともできない。仕事はたまるばっかり。

と、文句ばっかり(心の中で)言っていた私でしたが、仕事終えて家に帰ってきて、シャワーを浴びてテレビをつけたら、伊達選手がウィリアムス姉と戦っている真っ最中(コチラ時間午後11時)。しかも、最初のセットをなんとかもぎとったところを見届けることができました。すごい、伊達選手!!

文句ばっかり言っていないで、頑張らなきゃ、って思いました。ちょっと反省。というか、前を向かなきゃ、と自分の姿勢を修正。
by yellow-bus | 2011-06-22 22:31 | Melbourne生活

今日もまた灰のせいで、大混乱。先週も結構混乱していました。
何万キロも離れた南米チリの火山灰で、飛行機が欠航しています。今日はアデレードが全便欠航。そして、メルボルンもシドニーもかなりの便が欠航になってしまいました。
可哀想に、チェックアウトして空港に向かったお客さんが3時間後に舞い戻ってくることもあります。先週のとあるお客さんは、NZ行きが3度も欠航になって、毎日、空港とホテルを行ったり来たりしていました。最初の2回は火山灰、最後の1回は、機体の故障だとさ。で、3度目にはカンタスがホテルをとったとのことで、うちではなくウインザーホテルに泊まっていました。「今日もね、飛べないの。でも、今日はウインザーホテルに泊まるのよ〜。」なんて、仲良くなった私らにわざわざ言いにきてくれました。

そんなわけで、宿泊予約が急遽キャンセルになったり、逆にメルボルンから飛び立てないので急に予約をしなくちゃいけなくなったりで、結構、ドタバタでなんだか忙しいのです....。ただでさえ、買収後の、新しいやり方にまだちっとも慣れていないし、改まったやり方も朝令暮改で二転三転していて混乱している最中なのに(涙)。
by yellow-bus | 2011-06-21 16:36 | Melbourne生活

地元LOVE

昨日の新聞The AGEにカフェガイドの本が$5で買えるクーポンがついていました。3年ぶりにCheap EAT(だいたい$20とかで食べられるお店の案内)をすでに買っていたので、内容がダブるとは思いつつも、定価の3分の1の値段なので、近くもないニュースエージェンシーまで行って買ってきました。

このサバーブに越して来て4年。越して来た頃にはあんまり良いカフェもなかった(もしくはただ単に気づかなかっただけかも)のに、今やそのカフェガイドでも4つも紹介されていて、ビックリ。そして、そのうち一つのカフェには、一つコーヒーマークがついているし(最上級カフェは3つマーク)。

先月の終わりだったか今月の初めだったかのThe AGEのおまけ雑誌の、メルボルンのカフェベスト30(地域ごとに選出)とかいうのにも、このサバーブが出ていてビックリ。なんだか、なんにもないところだなーって思っていたけれど、だんだんと進化してきているみたいで、そしてそんなこのサバーブが取り上げられることがうれしくもあり、地元LOVEを自分の中に感じています(笑)。
っていうか、本当に出不精なので、この近所しか出歩かない、というのが真相ですけれど。

出不精、出不精、とばかり言っていても仕方がないので、昨日は本当に久しぶりに、出かけてみました。ラクサが美味しいと評判のLAKSA KINGへ。うちからたいして離れたところでもないのです(地図で見るとたった10km程度しか離れていない)が、なんだか遠くまで来ちゃったなーって感じで、自分の出不精具合に笑えました。LAKSA KINGは相変わらず美味しかったです。豚肉の春巻き、ハイナンチキンも頼みましたが、どれも美味しかったです。
by yellow-bus | 2011-06-19 19:43 | Melbourne生活

一つ達成

ついに、一つ達成してしまいました、メルボルンにいる間にやりたいこと。でも、ずっとここに住むつもりですので、そのうちいつかは達成できるのではないか、と思っていましたが、昨夜、その夢がかないました。
それは、

カイリー・ミノーグのコンサート。

ええ、6歳の娘も連れて、一家3人で出かけて参りました、ロッドレイバーアリーナ。
結構、子ども連れの人もいて、ちょっと安心。前座が8時から、そしてカイリー様ご本人の登場は9時ちょっと前で、終了したのが11時ちょっと前。6歳児には結構過酷だったと思いますが、寝ずによく頑張りました。帰りの車ではすぐにご就寝でしたけど。
e0026873_22501091.jpg


2時間出ずっぱりで、歌いまくり。衣装の着替えもほんの1分か2分程度ですぐに出てくるという、カイリーを十分に満喫できる、とても楽しいコンサートでした。ギリシア神話がモチーフなので、それらしいセットや衣装も楽しめました。
年齢層が幅広いためか、はたまたアリーナ席ではないためか、結構みんな座って落ち着いて観ていたので助かりました。2時間立ちっぱなし踊りっぱなしでは、やっぱり6歳児も含め、私らの体が持ちませんから(笑)。

カイリー、結構貫禄があって驚きました(太っていたということではありません)。なんていうのか、可愛いイメージだったのが、すっかりベテランの域に達しているというか、なんかそんな感じ。
次のツアーもまた観たいです。メルボルンには絶対来るだろうから。
by yellow-bus | 2011-06-15 23:00 | Melbourne生活

2年間の冬眠

勤めていたホテルが買収されて別名に生まれ変わってしばらくが経ちました。

ああ、忙しい(涙)。

何が忙しいって、シドニーからマネージャーが来て、そちらのやり方の導入とその指導に付き合わされておりましたので、もうとにかく、忙殺って感じでした。おとといシドニーに帰ったので、今はホッとしています(笑)。
もう、とにかく、何から何まで違っているので、日本でやっていたことをゼロとして基準にすると、ラクチン度100なのが今までのやり方、その真逆の面倒くさ度200なのが今の会社のやり方。もうビックリ。日本の、細かい、重箱の隅を常につつくやり方よりも、さらに面倒臭い今の会社のやり方。ありえません。
「当たり前だけど、日本でずっと働いて来たけどさぁ、日本と比べてもこんなに面倒くさい、意味のないやり方をしないといけないのは、納得がいかないというか、理解できない。」と言うと、みんな笑っていました。

最近やっと、今までがラクチンすぎて、逆にいけなかったのではないか、と思うようになりました。今まで2年間、きっと眠っていたのでしょうね、お給料もらいながら(笑)。面倒くさい、意味のない仕事をしている感じがしないでもないですが、今まであんまり感じなかった、「ああ、これが仕事ね」という感じも肌で感じ、仕事に伴うストレスも感じています。さて、いつまで持つやら、こんな気持ち。ストレスだー、ってすぐに辞めたりして(笑)。
by yellow-bus | 2011-06-12 17:53 | JOB

あ痛っ

この間の日曜日に、お風呂の掃除をしていました。一瞬、危ないかなーって思ったのですが、へんな中腰の体勢のままでバスタブを洗っていました。
案の定、腰に激痛。そのまま動けず5分ほど固まってしまいました。あーあ。
なんとか動けるようになったものの、ちょっとしたことが痛くてできない。靴下をはく、とか、座り直すとか咳をするとか。
翌月曜日はなんとかごまかしながら仕事に行き、1時間を超す意味なしミーティングにも耐え、命からがら家に帰ってきました。だいぶ前にうちの奥様が行ったマッサージの先生がすごくよかった、とのことだったので急いでアポを取り、昨日診てもらいました。

腰が悪いのだとばっかり思っていたのだけれど、左腰の下のヒップジョイント(座骨かなぁ)がずれているとのこと。そこと、慢性的に痛い首を治してもらいました。
たった40分ほどの治療でしたが、嘘のように痛みは消えまして、もうビックリ。腰は、まだにぶい痛みが残っているのですが、首は驚くほどに快適。

おまけに、扁平足だから、ポディアトリスト(足の専門医かなあ)にアポ取るように勧められました。足が疲れやすいのは扁平足だから、というのは前に診てもらった整体師さんにも言われていたのですけれど、さて、何をするのかなぁ。
by yellow-bus | 2011-06-08 08:38 | Melbourne生活


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2019年 03月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(767)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(42)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧