人気ブログランキング |

<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今観ても面白い

シドニーに行ったからか、どうしても観たくなった映画があったので、この間観ました。
それは、『マトリックス』
10年以上も前の映画なのですねー。今観ても面白い。そして、カッコいい。
そして、今観てもよく分からない(笑)。2作目、3作目となるともっと分からなくなるけれど。

やっぱりあの噴水を見に行かねば。
などと、くだらないことを思ったりしました(笑)。
by yellow-bus | 2012-04-29 18:43 | Melbourne生活

狙い撃ち

今週の月曜日。朝、電車を待っているが、一向に来ず。掲示板をよーく見てみると、その前の日から時刻表が変わっていた。そういえばそんなお知らせを1ヶ月以上も前に見たような気がする。
で、問題の新時刻表。今まで乗っていた6時17分の電車は無くなっている。その前の6分やその後の25分の電車は相変わらず走っているのに。なんてこった。おかげで、仕事にはギリギリの到着、いや、ちょっと遅刻したと思う。

で、帰りは?と心配になり、早く調べたいのだが、月曜日はやっぱり忙しく、そんなヒマすら見つからない。なんとか昼過ぎに数分の時間が取れたので、ネットで見てみると、あああ。
今まで乗っていた3時7分の電車は無くなっており、その前だと2時58分、その後だと3時17分となっている。
3時に仕事を終えて駅まで走り、3時7分の電車に駆け込み、27分頃に駅に到着して、小学校に向けてスタスタあるいて3時40分から45分の間に迎えに行く、という、超タイトスケジュールを毎日こなしているが、これも一気に崩壊。

ということで、新時刻表のおかげで?で、10分早く仕事を始め(10分早起きしないといけない)、2時50分に仕事を終わらせてもらうことにしました。となると、2時53分のバスに乗って帰ることができ、バスだと小学校の目の前で降りられるという特典付きで、少しは楽になったのではあるが。ただ、時間内にキッカリ仕事を終えないといけないのは今までと変わりがないけれど。

今回の時刻表の改訂はワタシには非常に不幸な結果となっているが、長い間駅の開業を待っていた人も多いのだろうし、もうあきらめるしかない。それでもワタシ一人でワタシだけが割を食ったと、勝手にそう思っている。ワタシだけが狙い撃ちされる意味は全くもって分からないし、全く無意味なのだけれど。
by yellow-bus | 2012-04-27 14:05 | Melbourne生活

安くなったねー

この間、プリンターを買いました。こっちに来てから2台目なので、4年か5年ぶり、っていったところでしょうか。相変わらず、インクカートリッジの値段は高いのですが、プリンター本体はずいぶんと安くなったものだなー、と。
結局、エプソンのプリンターを$95で購入。印刷・コピー・スキャナー・Wi-fi接続とてんこ盛りの機能がついてこの値段。同じような機能満載で$83というのもありましたね、そういえば。

今まで使っていたプリンターは、もう寿命だな、と思わせる出来事がありました。
1。まだインクがたっぷりとあるにもかかわらず、色が出ない。おひな様の写真を印刷したら、なんと、金髪になって仕上がった(あ然)。
2。テニスの全豪オープンのチケットを印刷しようとしたら、PDFファイルが印刷されない。
3。紙送りがおかしく、手で入れないとダメな時がほとんど。なので、印刷におそろしく時間がかかる。

頻繁に使う訳じゃないので、もし必要なら職場で印刷しちゃえばいいし、なんて思っていたけれど、そんな時に限って今すぐ必要で、家でプリントしないといけなかったりして、仕方ないのでOfficeworksまで行くはめになったりして。

家にコピー機があるなんて、子どもの頃には信じられなかったけれど、もうこんな時代なんだねーと、今さらながらのことを思ったりして。
by yellow-bus | 2012-04-25 17:59 | Melbourne生活

もうすぐ1年にもなるのに

もうすぐ1年にもなるのに、今まで気がつかなかったこと。それは、
祝日に働いても何のペナルティもなく、しかも給料は働かなくても支払われるので、働かなくてよかった
ということ。

どういうことかというと、今まで、シフト上で祝日に出勤することは結構あって、その時々によって、7時間36分が有給休暇に追加されたり、時間給が倍になって支払われたりしていました。給料が増えるのよりも有給休暇が増えた方がいい、もしくは代休になる方がいいので、その旨、給与支払い担当者には念を押しておきました。今回、イースター・マンデーに働いたからです。

で、その担当者が申し訳なさそうにワタシのところにやってきました。手には、ワタシの雇用契約書のコピーが。
よく読むと、ワタシの場合は、オーバータイム(残業)も週末勤務も祝日勤務の場合にもなんにもペナルティがない、となっています。(ペナルティとは、日本風でいう罰金ということではなく、追加でもらえるお金のことです。)年俸になっているので、支払われる給与は毎回常に一定なのです(のはずなのです)。

ア然。

だって、今までクリスマスだって、年末年始だって働いてきて、倍もらったり、有給が増えたりしていたのに。ってことは、今までのは、契約違反だった、ってことかね?
返せ、っていわれても返しませんけど。だって、向こう(会社)が勝手に間違えたんだから。(っていう論理が通用するといいんだけど。次の給与から黙って引かれていたら、訴えるまでだ。)

じゃ、他のマネージャーはどうなの?と聞いたら、みんな同じだ、って。
そう。他のマネージャーは月曜から金曜の週5日勤務で、祝日出勤はなしで、給与は支払われている。
ということだから、ワタシも週5日出勤で祝日出勤はしなくてよかった、ということに。いくらシフト制だからといっても、ワタシの場合はマネージャーっていうことで、他のスタッフと同じに考えなくてもよかったのだ、とさ。

ということで、今回のイースター・マンデーの分はどこかで代休を取ることにし、来週のアンザックデーも休みに。さて、なにしよう。
それにしても、あんまりにもずさん過ぎるオーストラリアの会社。ま、こんなもんか...。
by yellow-bus | 2012-04-21 15:47 | JOB

親の務めとは

昨日のできごと。
とあるお客さんが上の階の宿泊客についてちょっとしたクレームを言ってきました。
「上の階に子どもが泊まっているんじゃない?朝6時頃から飛んだりはねたり、ドンドンと音がするのよね。私にも子どもがいたから分かるんだけど、でも、ちょっとウルサいのよね。」と。雰囲気からは怒っている訳じゃないので、そんなに面倒でもないクレームですが、対応せねばならないのはどんなクレームでも同じなので、その直上階の宿泊客にこういったクレームが来ていることを話すことにしました。

で、それを聞いた上の階の客は、
「そのお客さんはあと何泊なの?じゃあ、私よりも短いんだから、そっちの部屋を変えて。3歳の子に何言ったって分からないんだから、もし何か言ってきたら、そうして。」と、のたまいました。

ワタシが直接対応した訳じゃなく、それらの一部始終を見ていたのですが、あっけにとられました。
確かに、長期滞在の客の部屋よりも短い方を変える方が理にかなっていると言えば、理にかなっています。が、そんなことを言う前にさ、
   自分の子どもに注意はしないのか?!
という、親としての務めはどうなっているのだろうか、と。ワタシならまず子どもに注意するけど。3歳だって、話せば分かるし。それでも繰り返しやっちゃうのが子どもだけれど。

で、あっけにとられたもう一つの理由は、その子どもの親(=上記の発言をした人)が、
   ワタシの新上司(新しくシドニーからやってきたゼネラルマネージャー)だ、ってこと。
ま、仕事上で直接的に関わることは何にもないんだけど、ちょっと人間性を疑っちゃうっていうか、信じられないというか...。

でも、こういう親は結構いるみたいです、この国には。もしかしたら、こういう考え方の方が一般的なのかもしれない、などと思ったりすることもしばしばです。自分の子どもを叱る前に他人を責める、みたいな。だから”自分中心”人間が増えるんじゃないのかなー、なんて思ったりして。
by yellow-bus | 2012-04-20 15:57 | JOB

10年ぶり

10年ぶりだか11年ぶりだか、本当のところはよく分からないのですが、ま、とにかく、先週、シドニーに行ってきました。3泊4日の旅。あらためてシドニーは都会だなー、と思った次第で。
なにが都会って、みんな、歩くのが速い。そして、街中でビーチサンダル(Thongsと言います、コチラでは)をはいている人を見ませんでした。メルボルンには結構いるんだけどなー。ちなみに、ワタシはThongsでガンガン歩いていました。

都会だなーと思いつつ、街をよく見てみると、なんだか、ニューヨークみたいな感じもしました。
ビルばっかりで、人は高速で歩いていて、車もいっぱい走っていて、地下鉄のホームは多重構造になっていて、一番下のホームに行く途中の階段やエスカレーターで他のホームが見えたり、電車が落書きだらけだったり。

人がいっぱいいるので、それなりに買い物する場所もシティにはたくさんあって、レストランもいっぱいあって、値段はやっぱりメルボルンよりも安いかも、と思いました。今回の食事で一番高かったのは、昼ごはんで食べたディンタイフォンでした。その日の夕飯で食べた韓国の焼き肉屋さんよりも高かったというのは、一体??

メルボルン子なので、もちろんメルボルンびいきなのですが、シドニーの良さもちゃんと感じられて、シドニーも好きになりました。(でも、住むならやっぱり、メルボルン。)
久しぶりにブログ友だちSBBさんにも会えて、楽しいシドニー旅行でした。

次に行ったら(って、いつ行けるか全く未定)、ぜひともMartin Placeに行って、チャンネル7の朝の生番組Sunriseの放送中にソファー越しにテレビに映ろうと思いました。そして、マトリックスに出てきた噴水も見ようと思いました。今回やり残したことは、これくらいかなー。

e0026873_2012830.jpg

お泊まりしたタロンガ動物園からの眺め。こういうところが、シドニーっていいな、って思わせるんだな、と再認識。
by yellow-bus | 2012-04-17 20:02 | Melbourne生活

計画的犯行?

前回も書いたのですが、こちらオーストラリアではよくあること、それは工事の延長
別にビックリもしないのですけれど、もういまさらって感じだし。
で、工事終了予定が正式に延長となりました。あはは。やっぱり。

で、その理由がビックリ。
船便がメルボルンじゃなくてシドニーに、予定よりも送れて到着し、おまけに税関で足止めされているから
なのだそうな。
なんでシドニー港に?おまけに、コンテナを陸路で運ぶのでもっと時間がかかるんだそうな。

これは、計画的犯行ではないか、とワタシは勘ぐってしまいます(笑)。新しいフロントの工事の遅れをカバーするためか、と。でも、本当のところはどうなんでしょうか。真相は謎です。

それにしても、きっちりといかないのがオーストラリア流。仕方ないので諦めていますけど、それに伴って宿泊予約の変更やら、予約サイトへの連絡やら、いろんなところにしわ寄せが行き、ワタシを忙しくさせてくれそうです(涙)。

ここオーストラリアの職場では、日本以上に臨機応変さ、言ってみれば行き当たりばったりでその場をどうやって切り抜けるか(=処理するか、又はやり過ごす、もしくは知らないフリをする)が非常に重要なスキルとなっています。
by yellow-bus | 2012-04-03 16:16 | JOB


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2019年 03月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(767)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(42)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧