人気ブログランキング |

タグ:航空券 ( 8 ) タグの人気記事

燃油サーチャージ

昨日の新聞に気になる特集記事がありました。それが「燃油サーチャージ」。

正式には「燃油特別付加運賃」といい、原油価格高騰が原因で各国の航空会社が運賃とは別に徴収している料金。
各航空会社がそれぞれ独自に額を決めて発着地の政府に申請しているそう。
アジアで航空燃料の基準となるシンガポール市場のケロシン(ジェット燃料の原料)価格は、2000年2月に1バレル(約159リットル)=約30$ だったのが、昨年6月には約88$まで高騰。今年2月も約70$の高値。
例として、成田発ロンドン行きB777の場合、ドラム缶約650本分の燃料を使う。1バレル=30$では約270万円(1$=110円)だったのが、1バレル=70$では、約630万円にもなり、差額は乗客一人あたり1万数千円にもなる。
燃料サーチャージは緊急避難的、一時的な運賃、ということらしく、原油価格高騰分を航空会社が負担しきれないから、というのが前提で、目的地までの距離が遠くなると乗客の負担分もかなりの金額になってしまう。

ところが旅行会社のパンフレットにある燃料サーチャージのただし書きが小さくて目立たず、金額も書かれていない為、結構クレームになっているらしい。
実際うちでも、6月の渡豪時の航空券を買った際にも、以前と比べて若干安くはなったものの、燃料サーチャージとしてかなりとられました。

旅行会社の言い分としては、「パンフレットは半年位前に作るし、その時点では航空会社を指定していないツアーが多く、航空会社によっても違う燃料サーチャージの価格を入れるのは不可能」、ということらしい。
たしかに、航空会社が決まっていないから安いツアーがある訳で、それはなかなか難しいかな、と思いました。
国土交通省では通達を出して、広告の近くに燃料サーチャージのただし書きを入れたり、契約の際に説明するよう旅行会社には指導しているらしいが、まだまだ。航空会社はたくさんあるし、航空会社によって価格が違うし。

とにかく、総額でいくらになるのかちゃんと確かめないといけない、ということですね。早く原油の値段が落ち着いて、負担しなくてもよくなるように願います。
by yellow-bus | 2007-04-01 09:36 | 雑記

あらま、

トラックバック: 出国の日程が決まりました

そうなんです。決まってしまいました。引越しの日が!
(詳しい日程につきましては、上記のトラックバックをクリックしてくださいね)
先日、私が休みの日にネットで航空券の購入を済ませてしまいました。クリックするだけ(名前や住所やカード番号の入力はもちろん必要ですが)で航空券が買えてしまい、しかも、失敗は許されない!(←格安チケットなので、どんな変更も認められない)となると、ちょっと緊張してしまいました(汗)。

もうずいぶん前からこの日程は決まっていたのですが、いざ購入するとなると、感慨深いものがある、というよりは、ビビリました(汗×2)...。誰もいない家の中でビビっている自分が面白くなりました。
この日に日本を出発したら、次はいつ帰ってくるのか分からないわけで、はて、どうなっちゃうんだろうか、なんて思ったりしました。
楽しくて大変な毎日になること、間違いなしです。そうなるために行くわけですし。

carparkeeさんがいない10日間、シングルファーザーになるのもちょっと楽しみでもあります。ひとりでどこまでできるのかなー、なんて。
by yellow-bus | 2007-03-05 10:08 | 引っ越しにまつわること

最後の国内旅行

去年の夏に、carparkeeさんの研修にくっついて行って(コチラ)、琵琶湖&比叡山に行ってみて、国内旅行もなかなかいいなーと見直しましたが、渡豪前に最後にどこに行こうか、と考えておりました。
「温泉もいいナー」
「北海道もいいかもナー」
「行ったことがない四国もいいかもナー」
なんて思っていましたが、決めました。

富山、です。

もうすでに亡くなっている祖父母と、私の母の田舎であり、もうきっとこのチャンスを逃すとご先祖さまのお墓参りとかできなくなるだそうし、私も20年以上行っていないし、親戚の方々にもお会いできれば、なんて思って富山に行くことにしました。母親と一緒の旅行も最後でしょうし、いつも子どもの面倒をお願いしているお礼も兼ねて。

ノースウェストのマイルが貯まっていて、日本航空利用の国内線なら15,000マイルで往復無料だから、みんなの分もこれならただで行けるからマイルを使おう!って思っていたら、なんと、
日本航空は羽田・富山線はない! ビックリしました。
仕方なくANAで予約しましたが、今は『超割』という割引チケットがあって、今なら半額!
その昔、国内線には割引販売などほとんどなく、あってもほんのちょっとの割引しかなく、あとは金券ショップに行くしかなかったのに、ネットで早めに申し込むだけで半額とは。おまけに、クレジットカード決済でチケットレスならさらに2%引きになる!!それに、座席指定も!!!

インターネットの普及ってすごいなぁ、と今さらながらに思います。
インターネット予約なら人件費もかからず、チケットレスなら航空券の発券に関する事務手続きや配送料なども抑えることができるので、クレッジトカード会社に手数料を払ってもさらに2%も値引きできる、ということなのでしょう。おまけにマイレージサービスまであって、マイルをお客様に貯めてもらい、また利用してもらう。

世の中、どんどん忙しくなって、旅行会社に行って手配したり、電話して手配を頼むくらいならネットで自分で手配するのが当たり前になってきています。
私の勤めているホテル業界も航空業界に倣って、ネット予約の割合がどんどん増えていますし。ホテルだって、昔みたいに予約専門の電話オペレーターを抱えるよりかはネット予約にシフトしていって、人件費を抑えようとしています。それに、旅行代理店に支払う手数料よりもうんと安くて済むインターネット予約サイトを利用しがちです。海外からの予約も楽ですし。
インターネットの発展が顕著だと言われる航空業界とホテル業界。なるほどなー、って思った次第です。(他人事ではないので、旅行代理店の行く末が心配です。)
by yellow-bus | 2007-02-22 11:34 | 雑記

忘れないように

このブログを忘れ物をしないための「備忘録」として使ってみることにしました。

Quantas航空 フライトスケジュール
2006/10/2から、東京発Melbourne行き直行便(QF180)は、
 毎日 → 火・木・土 (Melbourne着は翌日)
Sydney経由Melbourne行きは(QF136)は、日曜発(Melbourne着は翌日)。

Melbourne発東京行き直行便(QF179)は、
 毎日 → 火・木・土
Sydney経由東京行きは(QF135)は、水曜発。

になる、ということ。
今のところ、07/3/24までフライトスケジュールが出ているので、7月の分が出たら
いつ引っ越すのか、考えること。
by yellow-bus | 2006-09-21 10:32 | 引っ越しにまつわること

この時期の航空券って安いのねぇ

今朝、新聞を読んでいたら、中ほどに見開きの広告がデカデカと載っておりました。
格安航空券で有名な旅行代理店H○Sの広告です。

で、何気なく、”オーストラリア”の文字を探してみると...

先着500名様!直行便利用 シドニー・ブリスベン・メルボルンのいずれか 4.78万円 (6/1~30出発)

昨今の原油高により、燃料サーチャージだの、保険料だの、空港使用税だの、なんだのかんだのって上乗せされますが、安いですね、しかし。

そのほかにも、「航空会社指定」の中に、カンタス航空があり、こちらは
5.9万円 となっていました(6/1~7/13)。これも燃料サーチャージ等は含まれていません。
しかも、最大4都市まで周遊可能、だそうです。

来年のこの時期にも、出るのかな、こんなバーゲン航空券。ちょっと期待して待ってみようと思います。
by yellow-bus | 2006-05-22 23:54 | 雑記

ふと思いついたこと②の追加

<<「航空券」に追加です。>>

アプリケーションフォームをオーストラリア大使館の査証課にてもらってきました。

なんてことはない、A4の紙2枚。
説明文(内容は、前回記事のとおり)が1枚、
アプリケーションフォーム(名前やらビザ番号などの記入用)が1枚。

たったこれだけか、という感じでした。
で、これを使うかどうかは、まだ決まっていません。


今回、初めてオーストラリア大使館に行ってきました。
すごくモダンな建物で、あちこちで掃除をしていて、とてもきれいなところでした。中庭の桜もきれいに咲いていました。
図書館も併設されていて、いろいろな資料があり、時間をつぶすのに最適でした。
入り口の警備の物々しさに、ちょっとビックリしましたけど、ま、仕方ないですね。こういうご時世ですから。
by yellow-bus | 2006-03-29 20:35 | 引っ越しにまつわること

ふと思いついたこと②

航空券について

 IOM (International Organization of Migration) という国際機関がオーストラリアへの移住の際の特別航空券を手配している、という情報を聞き、早速調べてみました。

メリットは、1人あたりの荷物の重量制限が20kgから、倍の40kgまでになるということ。
デメリットは、値段。

早速、IOMのホームページ  にアクセスし、申し込み方法を調べてみるも、見当たらず。
お問い合わせフォームにて問い合わせてみると、こちらもすぐに返答が来た。

 「オーストラリア航空券サービスのご案内ですが、IOMによる航空券の手配を希望される場合はオーストラリア大使館よりVISA発給と同時に同封されますアプリケーションフォームに必要事項を記入して、ビザとパスポートのコピーを添えてFAXまたは郵送にてお申し込み下さい。
 航空運賃につきましては多少の変動がありますが、目安として¥95,000~¥130,000です。(Tax別) 注:High seasonは12月~3月です。」

 ビザシールを貼ってもらうためにパスポートを送った際には、特にそんな書類は入っておらず、あらためて大使館(査証課)に問い合わせてみると、資料は大使館にある、という。
 今度行った時に、資料をもらってみようと思います。

 ネックは、値段だなぁ。QantasのHPで直接買ったほうが安いんだけれど、重量制限が倍、っていうのも魅力的ではあります。しかし、そんなにいっぱいの荷物を抱えて、ちびっ子一人いるのに、身動き取れるのか??という疑問もあります。
 最終的には、荷物の量によりますね。
by yellow-bus | 2006-03-26 12:26 | 引っ越しにまつわること

航空券

VISAもおりたので、イニシャルエントリー期限が2006年5月だから、来年初めに取りあえず行こうかと思い、航空券を探し始めました。

カンタス航空のホームページにはまだ載ってないのですが、電話で聞いたら教えてくれました。
成田発Melbourne行き
1/1 ¥153,000
1/2・3 ¥123,000
でした。(空港税など諸経費は含まれず。しかし、この ”諸経費” というのがクセものだ。)
さすが、夏だけあって、高いですね。

でもこれは変更不可のスーパーカンガルー35の値段。これでも一番安い(今調べた中で)。
その頃には1歳になる娘のことを考えると、予定変更ができないチケットは、とてもリスキーだから、安いとは残念ながら言えません。

いつもお世話になっているH〇Sに聞いたら、変更は2ヶ月前までできるけど、帰国日の関係でスーパーカンガルーよりも30,000~40,000円以上もすでに高い。

カンタス航空以外でも、あるにはありますが、そこは残念ながら信頼できないのでパス。(でもなぜか、というかやっぱり、ちょっと安いのです。)

はてさて、どうなることか。安い時期を選べればいいのですが、まだ仕事がありますし...
by yellow-bus | 2005-09-06 23:46 | 雑記


オーストラリア永住VISAが05年9月におりて、07年6月にメルボルンに引っ越し(移住)してきました。


by yellow-bus

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

フォロー中のブログ

メルボルン Life
SYDNEY GAZE/...
移住する?
ハッピー・トラベルデイズ
ブリスベンでの日常生活
Melbourne Ex...
TEPPEI 101
メルボルンらいふ
もろてん。
写真でイスラーム  
オーストラリアでエンジニア
ゲイカップルのシドニー移...
オーストラリア移住と生活
オーストラリアへ移住する...
夫婦でOZ移住日記 ~生活編~
アデレードに暮らす
オーストラリアで数学・日...
タスマニアで生きる人たち
メルボルン奮闘日記2
クリス・コルファー宣言

以前の記事

2019年 03月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

全体
Melbourne生活
Australia いろいろ
家 Home
JOB
仕事探し
ニッポン いろいろ
VISAって
Melbourne
引っ越しにまつわること
NewZealand
Australiaの街
雑記
オーストラリアで教職への道
未分類

タグ

(767)
(225)
(109)
(88)
(61)
(55)
(47)
(45)
(43)
(42)
(39)
(38)
(36)
(33)
(33)
(33)
(31)
(29)
(26)
(26)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧